トップページその他 > 広報

【FMラジオ】いにしえ街道なかつがわ 5月11日

更新日:2013/05/13

<Radio80 岐阜FM放送 毎週土曜日 昼11:30~>78.3メガヘルツ(中津川中継局)
いこまい・やろまい体験リポート

鉱物博物館鉱物博物館(学芸員)大林さん(リポーター 西野靖浩) ◆地球の歴史を刻む石たちに触れる
 中津川市鉱物博物館で5月19日まで開催されている企画展「科博・コラボミュージアムin中津川 中津川の鉱物」について、学芸員の大林達生さんにお話を伺いました。
・「科博コラボミュージアム」とは
 国立科学博物館と全国の博物館が連携して様々な展示、講演会、体験教室などを開催しているものです。
 中津川市鉱物博物館の企画展では、明治時代にシカゴ万博で出品され、世界的に中津川市苗木地方が鉱物の産出地として有名になるきっかけになった鉱物 「トパーズ」のほか、市内で見つかった新鉱物の「セリウムヒンガン石」と「プロト鉄直閃石」などが展示されています。
 また、関連イベントとして5月18日(土)に企画展に関連した「中津川の鉱物」と題した講演会があります。当日は市内の博物館6館が入館無料となる無料デー。
 大林さんは「この博物館では中津川市の水晶を探せる"ストーンハンティング"が子どもたちに人気で、この日に合わせて、ぜひ水晶探しにも来てほしい」ということでした。この機会に中津川の"石たち"に触れてみませんか?
鉱物博物館のホームページはこちら

中津川に住もう

◆子育てサポートしませんか?~子育てサポーター養成講座~
 市生涯学習スポーツ課の滝澤信子さんと社会教育指導員の安藤広子さんにお話を伺いました。
・「子育てサポーター」とは
「分かりやすく言えば"近所のおばさんが一般の人より少しだけ子育てについてのスキルや知識を持っていて、地域ぐるみで子育てを広げていく人たち"」と安藤さん。サポーター養成講座を修了し、子育てサポーターになった方々は、実際に乳幼児学級のサポートや集団託児など様々な場で活躍しています。
・子育てサポーター養成講座
 サポーター養成講座では、子育てサポーターが求められる理由、子育て支援に必要なノウハウを学び、さらに講座で学んだスキルを活かして実践的な実習を行います。講座の講師は、現役の教育関係者だから安心して学べますね。子育てに関心がある方ならどなたでも受講できます。自分の子育てにひと段落ついた方や、孫育てや自分磨きをしているシニア世代、子育て真っ最中の若いお母さんなど、幅広い年齢層が参加しています。
 今年度の講座1回目に参加して、受講者にお話を伺いました。「もともと子どもが好き。実際に子育てサポーターの方に助けられている。自分の子育ての参考になるし、今後サポーターとして活動してみたい」と、受講した方。受講してみて「悩んでいるママを解決に導くことが本当のサポートなんだと勉強になった」と話された方もいらっしゃいました。
 すでにサポーターとして活躍している方からは、現在の活動や楽しさなどを教えていただき、生き生きとした姿がとても印象的でした。
 講座に興味のある方は、市生涯学習スポーツ課へお問合せを。「年齢は問いません。皆で一緒に中津川市の子育ての輪を広げましょう」と市生涯学習課の滝澤さんは参加を呼びかけています。
滝澤さん【左】と安藤さん 子育てサポーターの小川さん【左】
今年度の養成講座は4月26日から始まり9月までの全6回。途中からの参加も受け付けています。
(リポーター 犬飼晃子)

週末インフォメーション
① 博物館へ行こう 無料デー・講演会 5月18日(土)市内6館の博物館が入館無料 
 鉱物博物館 企画展「科博コラボ・ミュージアムin中津川 中津川の鉱物」5月19日(日)まで開催中
  5月18日(土)13時30分から 国立科学博物館の研究員による講演会
 問 中津川市鉱物博物館 ☎ 0573-67-2110

② 明治座クラシックコンサート 5月18日(土)17時から 場所 かしも明治座(中津川市加子母)
 入場料 前売り一般2500円、高校生以下1200円
 問 中津川市加子母総合事務所 ☎ 0573-79-2111

担当課 : 広報広聴課  電話0573-66-1111(内線312~316)

カテゴリ : 広報 | イベント | 鉱物博物館 | 子育てサポーター養成講座

こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答