トップページその他 > 広報

【FMラジオ】いにしえ街道なかつがわ 7月13日

更新日:2013/07/17

<Radio80 岐阜FM放送 毎週土曜日 昼11:30~>78.3メガヘルツ(中津川中継局)
いこまい・やろまい体験リポート

中津川宿ウオーキングガイドブックと課題(リポーター 豊田晃輔) 歩いて文化財を探そう~中津川宿ウオーキング~
 このツアーについて、文化振興課の末木拡さんに話を伺いました。
平成17年の2月に市町村合併が行われたましたが、まだお互いの地域のことがわからないということもあり、合併してからほぼ毎年、各地を回るツアーが行っているそうです。これまでのツアーでは、馬籠宿や、恵北地域などの文化財ツアーが行われています。
 今回のツアーの舞台となる中津川宿は、中山道の中でも、中心市街地の商店街にあるため、歴史的な部分、文化財などはふだん見落としがちになっているので、「こういったツアーを積み重ねることで、市民の皆さんが中津川市の歴史を大切にしていただけたら」と企画されました。将来のリニア開通を見据え、市では、市民はもちろん全国の方に中津川市を知っていただける機会を今後も作っていくそうです。
 今回のウオーキングは、スタート前にガイドブックと地図、そして問題用紙が配られ、各自が自由に散策をし、問題を解きながら文化財を回るものでした。地元の方や、最近引っ越してきた方、中津川市に研修に来ていたタイの方など、いろんな方が参加していました。
 参加者の方にお話を伺いました。
ー参加したきっかけは?
 「地元に住んでいながら、あまり地元の事がわからないので、いい機会と思った。」
 「歴史が好きで、歩くことも好きだから。」
 「最近引っ越してきて、一度自分の足で細かいところを見てみたいと思った。」など。
ーウオーキングの感想は?
 「いつも通っている道でも、ちょっと脇に入ると新しい発見があってよかった。」
 「普段行かないようなところもあるけて、再発見がありびっくりした。」
 「クイズも楽しく、タイの方とも小さな国際交流もできたので、また参加したい。」など。
 リポーターも一緒に散策し、中津川市の歴史の一部に触れることができました。皆さんもぜひ一度歩いてみませんか?

 中津川に住もう

キノコの山を再生したい!~里山活性化委員会~
 「ひるかわ里山活性化委員会」代表の西山昌幸さんにお話を伺いました。
 かつての中津川市蛭川の里山は、地域の人たちが生活の一部として雑木林を整備していました。そのため、里山には光が入り、蛭川の里山では松茸が多く収穫できたといいます。しかし現在は、人が里山に入ることが少なくなり、松茸などのキノコの収穫量が減少しています。そこで西山さんをはじめとする「ひるかわ里山活性化委員会」の皆さんが里山を整備する活動しています。
・ひるかわ里山活性化委員会
 きっかけは5年前にJT(日本たばこ産業)と岐阜県、中津川市との協定で蛭川の山の整備をすることが決まったことでした。ひるかわ里山活性化委員会を設立し、雑木林で密集している草木類の刈り払いをして、かつての里山の姿に戻そうと活動を続けられています。
 現在、ひるかわ里山活性化委員会は20人で活動しており、委員会の活動によって蛭川の人たちの里山への意識が変わり、それぞれの地域で里山整備を進めてくれるようになったそうです。
 西山さんは「子孫、子どもたちがいつまでも住めるふるさとづくりを目指している」。といいます。「岐阜県は山林が80%で非常に森の多い地域。森を守ることで水が浄化され海の水もきれいになる。このサイクルを今やらないと、やがて地域や日本の未来がないと考えて頑張っている。皆さんにも活動に参加してもらい、里山の整備に協力してもらいたい」と里山整備への協力を呼びかけています。
 ひるかわ里山活性化委員会へのお問い合わせは中津川北商工会電話番号0573-45-2512へ。
西山さん(右)と整備した里山(リポーター 西野靖浩)

週末インフォメーション
①リニアラッピングバス イラスト募集 7月31日(水)まで。
 ラッピングバスは、9月14日(土曜日)から10月31日(木曜日)まで、中津川市内を走る予定です。
 問 中津川青年会議所 ☎ 0573-65-4656

②鉱物博物館企画展「教授を魅了した大地の結晶(はな)」7月13日(土)~8月25日(日)
 入館料は、大人310円、中学生以下は無料です。
 問 中津川市鉱物博物館 ☎ 0573-67-2110

担当課 : 広報広聴課  電話0573-66-1111(内線312~316)

カテゴリ : 広報 | イベント

こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答