トップページその他 > 広報

【FMラジオ】いにしえ街道なかつがわ 9月28日

更新日:2013/09/30

<Radio80 岐阜FM放送 毎週土曜日 昼11:30~>78.3メガヘルツ(中津川中継局)
いこまい・やろまい体験リポート

(リポーター 西野靖浩)

◆タイの魅力をつたえタイ!~中学生海外研修~
平成25年度中学生タイ研修に参加した中津川市立付知中学校3年の三尾くんと伊藤さんと、海外研修派遣団団長の石原さんにお話を伺いました。
 中津川市では、平成3年度から中学生を海外に派遣する事業を行っています。今年は24人の中学生を含めて34人が中津川市からタイに派遣されました。首都のバンコクから飛行機で1時間、更に車で1時間程のところにあるウドンターニ県チャイワンという村です。
 現地では、3日間のホームステイ交流や学校での食文化やスポーツ交流などをしました。参加した中学生の三尾くんと伊藤さんは、海外に行くのは今回が初めて。タイ研修に参加したきっかけについて二人に聞いてみました。三尾君は「タイの学校の先生方が付知中学校を訪れた際に、話を聞き、興味を持った」とのことで、伊藤さんは「将来、海外留学したいという夢があり、タイ研修が留学について考えるきっかけになると思ったから」と話していました。
 タイでの経験で印象に残っていることを聞いてみると、ホームステイ先の家族とまちを散歩したり、タイ料理を味わったことなどだそうです。まちを歩いてみると、日本とは違って犬が道路で寝そべっていたり、鶏が歩いていたりしたことが衝撃的だったといいます。タイ料理では「カエル」に興味があり、ホームステイ先で食べたといいますが、とても美味しかったとのことです。この研修で、「言葉は大切だけど、それ以上に伝えたいという気持ちがもっと大切」と感じたと同時に、タイの一番の魅力は「人柄」と2人は話していました。タイ研修を通じて、伊藤さんは「今回のタイ研修を通して、留学したいという気持ちがさらに強くなった。また、タイの発展のために募金やボランティア活動などにも参加していきたい」と話していました。
 派遣団団長の石原さんは、「中学生が海外に目を向ける非常に良いチャンスだと思う。来年以降も中学生に参加してほしい。また、中学生たちをサポートするチームリーダーにもどしどし応募してほしい」。と呼びかけています。また、三尾くんは「聞いているだけではわからないことも、行ってみたら感じ取れるものがあるので、一度、タイを訪れてみてほしい」、伊藤さんは「最初、タイにあまり良いイメージしなかったけど、行ってみるとすごく良い国で人に優しい。実際に行ってみるべきだと思った」と話していました。

中津川に住もう

地域おこしがんばっています~女子のパワーで林業振興~
 
加子母地区で地域おこし協力隊として林業に携わる女性、いわゆる林業女子として活動している日吉沙絵子さんにお話を伺いました。
 日吉さんの主な活動は、加子母地区でのイベントのサポートや、森林組合の間伐材などの加工商品販売のサポート、外へ向けた情報発信です。加子母は良質な建築材を産出していますが、その端材を使って商品を作り、「山」にお金が戻るように頑張っています。身近なものでは箸、ほかにもヒノキの枝葉から抽出したエキスを使ったアロマオイルなどの商品があります。ヒノキの箸はとても軽く、滑りにくいので、子どもでも使いやすいものです。日吉さんは、コルクが使われたシャーペンなどを使っており、普段から「木」を身近に置いています。
 林業というのは、50年、100年しないと結果がわからない産業で、先を見て行わなければなりません。現在は木材の価格がピーク時の5分の1にもなっていますが、、加子母で何代も前から木を植えて育ててきた地域の人々は山にかける思いがとても強く、日吉さんは加子母で暮らしながら地域の思いを強く感じています。間伐材を商品化して販売したり、林業ツアーを開催することで、お客さんに来てもらい、そういった地域の人々の思いや、加子母の東濃桧の良さを伝えたいと活動しています。今後も、自然に、森林にあまりなじみのない人に、森の良さなどを伝えていきたいと考えています。
 また、9月29日(日)には、舞台峠で、舞台峠うまいもん祭が開催されます。下呂市と中津川市加子母が主になって、下呂市と中津川市のおいしいものを食べてもらおうというイベントなので、ぜひ足を運んでいただきたいと思いました。

(リポーター 豊田晃輔)

週末インフォメーション
①舞台峠うまいもん祭 9月29日(日曜日)9時から15時まで。場所 下呂市(げろし)の舞台峠ドーム
 地元の食材を使ったバザー「うまいもんグランプリ」や、特産品の販売、くじ入りの餅投げなど
 問 舞台峠うまいもん祭 実行委員会 ☎ 0576‐26‐3365

②六斎市 10月6日(日曜日)9時から15時まで。
 10月の六斎市では加子母の特産品などを販売する加子母産業祭があるほか、中京学院大学の大学祭も市街地で同日開催
 問 中津川商工会議所 ☎ 0573-65-2154

担当課 : 広報広聴課  電話0573-66-1111(内線312~316)

カテゴリ : 広報 | イベント

こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答