トップページその他 > 広報

【FMラジオ】いにしえ街道なかつがわ 10月5日

更新日:2013/10/08

<Radio80 岐阜FM放送 毎週土曜日 昼11:30~>78.3メガヘルツ(中津川中継局)

いこまいやろまい体験リポート

(リポーター 犬飼晃子) ◆中津川の秋の味覚 栗きんとんを作ろう
 中津川の名物「栗きんとん」は、この時期、中津川市内の和菓子屋さん十数店舗で販売しています。また、JR中津川駅そばのにぎわい特産館でも季節限定商品「栗きんとんめぐり」を販売。栗きんとんは、秋を感じる中津川の味ですね。
 そんな中津川市で、道の駅きりら坂下では、自分で「栗きんとん」作りの体験ができると聞いて、リポーターがお邪魔してきました。ご指導いただくのは、きりら坂下の駅長 三尾弘成さん。体験は、炊いた栗を裏ごしし砂糖を加えたペースト状の生地を、布巾で絞っていくものでした。
 まず、その(あらかじめ作ってある)生地を、10個に取り分けます。ところが、リポーターは三尾駅長と話しながら作業を進めていて・・・気づくと11個に取り分けていたのでした(笑)。気を取り直して、布巾で絞る工程へ。またまたハプニングもありながら、形も大きさもマチマチの「栗きんとん」10個完成!早速リポーターが試食しました。旬の栗のイイ香りがして、自然な甘みで、中津川のこの時期ならではの味でした。
 この「栗きんとん作り」の体験は、10個で2500円。その場で食べても良いし、お土産にもなります。当日受付で体験もできますが、予約するのがオススメです。
 お問い合わせは、きりら坂下☎0573-70-0050
リポーターが取材に行った日は、ちょうど愛知県から体験に来ていた団体の皆さんがいらっしゃいましたので、お話を伺うと、「初めての体験で、仲の良い仲間と一緒に作って楽しかった」とのこと。皆さん良い思い出になったと思います。 皆さんもぜひ一度体験してみてください!

 中津川に住もう

◆演劇キャンプin中津川
 日本演出者協会理事であり2013演劇CAMP in 中津川 実行委員会実行委員長の木村繁さんにお話を伺いました。
 「演劇CAMP in 中津川」は、2009年から始まり今年で5年目になります。都会から離れ、市民と劇場が一体化しているところでキャンプをやりたいと始まりました。そこで目をつけたのが中津川市で、東西の中心にあり、全国から集まれるだろうと考えたそうです。中津川市は地歌舞伎が盛んで、今も歌舞伎小屋が多くあり、木村さんたちも常盤座や明治座とつながりがあったため、中津川市で開催されることになりました。
 演出家といっても、小さな小劇場で実験的な演劇を行っている人、歌舞伎の演出をしている人、商用劇場で演出をしている人、宝塚の演出をしている人など、様々な演出家がいます。そのなかで、木村さんは、若い演出家が歌舞伎や能、狂言といった伝統芸能を知らないまま、演出しているので、若い演出家に、中津川の地で歌舞伎にも触れてもらいたいということがあったといいます。今までは、アメリカやヨーロッパ各地など、海外からも多くの演出家をよんでいましたが、今回は地元中津川、東美濃の方と一緒に作ることを大切にしています。また、歌舞伎小屋だけでなく、中津川駅前や喫茶店などでも演目が行われます。
 演劇というのは、劇場で2~3時間じっと観るという窮屈なイメージがありますが、木村さんは、常盤座を中心に中津川の劇場を皆が集まり、遊ぶ場、『みんなの遊びに広場』にしたいと語っていました。
2013演劇CAMP in 中津川は10月11日(金)~14日(月祝)に開催。演目や料金など、詳しくは、演劇CAMP in 中津川のホームページ へhttp://nagoyatrouper.com/camp2013/

(リポーター 豊田晃輔)

週末インフォメーション
①演劇CAMP in中津川  とき 10月11日(金)~14日(月・祝) 会場 馬籠ふるさと学校、常盤座、中津川駅前広場など
 全ての企画に参加できるパスポート:一般3,000円、子ども・学生は1,500円 中津川市内と近隣市町村の方は割引あり
 問 中津川市文化振興課 ☎ 0573‐66‐1111

②苗木遠山史料館 秋の企画展「苗木城跡と生活遺物展」 展示期間は、10月12日(土)~12月15日(日)
 入館料 大人310円、中学生以下は無料
 問 中津川市苗木遠山史料館 ☎ 0573-66-8181

担当課 : 広報広聴課  電話0573-66-1111(内線312~316)

カテゴリ : 広報 | イベント

こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答