トップページ施設 > 文化

郷土資料の活用についての講演会を開催します

更新日:2017/09/08

bunka_H290916_kyodosiryo.jpg中津川市には地域の歴史を知る手がかりになる数多くの資料が保存されています。

この内、デジタル化している古文献資料の一部の貴重な絵図や古文書などを、インターネットで公開しています。

インターネットでの公開を記念して、これからの郷土資料の活用についての講演会を開催いたします。

当日は会場で、郷土資料閲覧システムの体験もできます。

ぜひともご参加ください。


郷土の歴史資料の幅広い活用を目指して

  ―市立図書館・苗木遠山史料館・中山道歴史資料館の利用拡大―』


<日時> 平成29年9月16日(土) 13:30~16:00 (受付 13:00~)

<会場> 中津川文化会館2階多目的研修室

<参加費> 無料

<定員> 120名(先着)

<お申込み> 市文化振興課 TEL 0573-66-1111(内線4317) FAX 0573-65-5795

       中津川文化会館 TEL 0573-66-4011 FAX 0573-66-8479


【基調講演】

「地域資料のデジタル化・公開の意義とさらなる期待」

 講師 石川徹也 氏(図書館振興財団理事・筑波大学名誉教授)


【地域資料活用の実践発表】

 発表①「大名文書苗木遠山家文書の歴史的価値とこの地方の歴史」

  発表者 千早保之(中津川市苗木遠山史料館 調査員)

 発表②「郷土資料調査と資料デジタル化に伴う作業実践から」

  発表者 近藤信幸(中津川市郷土資料調査員)


インターネット公開はこちらからご覧いただけます。

高精細画像でご覧いただけるとともに、古文書には翻刻・読下しが付いていますので、現代の文字でご覧いただけます。また、キーワード検索の機能を使うと、掲載されているすべての資料から、探したい情報を簡単に見つけることができます。

担当課 : 文化振興課  電話0573-66-1111(内線4316)

カテゴリ : 文化 | 文化施設 | イベント

こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答