中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

学び、活かす市民14

(最終更新:2018年03月19日) 印刷印刷ページ

子どもたちの「よりよいひとりだち」のために
「学び向上 中津川プラン」
~2017 全国学力テストの結果から~
※全国学力テスト(「全国学力・学習状況調査」)とは、国語と算数(数学)、理科の基本的な知識・技能と活用の力をはかるテストと、学習や生活についての意識調査を行うものです。(小6と中3対象)

【市全体の結果】 国語で小中学校とも改善傾向です。算数数学に課題があります。
 中津川市の子どもは・・言われたことはきちんとやろうとするよさを持っています。
学力を伸ばすポイントは・・
「文章を適切に理解する力」(読解力)「あきらめず、ねばり強く取り組む力」(持久力)
「できた、わかった、おもしろい、好きだ」(関心意欲)です。

【学力テスト】
・小学校の国語では、昨年度より全国平均との差は縮まりました。
・中学校の国語は、全国平均を上回りました。
・国語の「読む能力」(読解力)の回答率が向上しています。「記述式」の問題についても回答率が上がってきています。
・小学校算数、中学校数学では計算する問題はできていますが、図形に関する問題に課題があります。
・記述するのに複数の条件が加わると無回答がぐっと増えてしまいます。

【意識調査】
・生活習慣、学習習慣はおおむね定着しています。
・「国語の勉強が好きだ」「国語の授業がよく分かる」という子が増えました。
・学校や生活の中で、達成感を味わっている様子がうかがえます。
・最後まで解答するねばり強さが少しずつ身についてきています。
・宿題をきちんと行っています。授業の復習をする子が増えています。
・読書好きな子が小学校で増加傾向です。

◆市全体で、学力アッププログラム(生活・学習 習慣づくり)を続けている成果です。
(例)早寝早起き朝ごはんの定着、携帯・スマホの使用が少なめ。

◆学校が、授業を工夫し、子どもの「わかった」「 できた」を見届けている成果です。
(例)授業の終わりに今日学んだことを確かめる。学び直しを行う。

今後さらに!
■市では 
・学校訪問や研修で、指導を続けます。
・授業の進み具合を確認し1月の岐阜県学習状況調査で成果が出るよう指導します。

■学校では
・「学力向上一点突破」(各学校の学力を向上させるポイント)をやりきります。
・小中学校で学習のしかたをそろえるなど協力します。

■家庭では 学力アッププログラムと絆プラン(読書)を続けましょう。

「元気もりもりくりきんちゃん」          
家族団らんはよいことづくめ
 家族団らんとは、家族全員が集まり楽しく時を過ごすことです。
 団らんのよさについて考えてみました。
①家族団らんが非行を防ぐ
 家族が仲良く話をしたり、食事をしたり、テレビを見たり...時にはゲームを一緒にしたり。
 家族みんなで仲よく会話することで子どもの不安がなくなり、一人ではないと実感し心が安定します。
②家族団らんが言葉の力を伸ばす
 子どもは、話をしたり、聞いたりすることで言葉を覚えていきます。
 子どもは親の話すことをよく聞いているので、話す言葉には注意したいですね。
③家族のことを知るきっかけとなる
 子どもに自分の親のこと、祖父母のこと、親せきのことなどを分かるように話してあげることは大切です。
 今、自分が生きているのは、周りの人に支えられていることが分かると、人との関わり方や見る目も育ってきます。
●自分で時間を決める。自分でやりきる。お子さんの毎日の生活・学習習慣づくりの応援、相談、見届け、認め励ましをどう
かよろしくお願いします。

担当課・連絡先
教育研修所
電話番号:0573-66-1111(内線4240)