トップページその他 > 広報

こんなところに!?なかつがわ 三菱電機中津川製作所の誘致 〜間 四郎〜

更新日:2018/01/01

なかつがわの隠れたチカラ・知らない魅力

 中津川市の産業発展に大きく寄与している三菱電機中津川製作所、その誘致には中津川出身の間四郎が大きく
関わっていました。

青山市長・似顔絵

 明治21年に中津川村新町で生まれた間四郎は東京高等商業学校(現一橋大学)を卒業後、三菱合資会社三菱造船所へ入社します。その後、三菱電機神戸工場などの勤務を経て、昭和12年には三菱電機の常務取締役になりました。
 やがて日本は太平洋戦争に突入し、三菱電機名古屋製作所も疎開先を探す分工場計画が持ち上がりました。いくつもの課題をクリアして中津川の地が選ばれましたが、その陰には四郎の活躍がありました。その功績が評価され、昭和46年5月には、中津川市名誉市民に顕彰されました。
 三菱電機の誘致にはじまる市の企業誘致は、その後の中核工業団地の造成へとつながり、現在では、中津川市の年間製造品出荷額は三千億円を超えるまでになっています。
 昭和40年頃に四郎に出会った人の話を伺うと、カルサン(ばかま)をはき、大きな声で話す陽気で豪快な人であったとのことです。文化人でもあった四郎、飾り気のない人柄も魅力的ですね。

                              (中津川市長 青山節児)

 

  kouhou_201801_P.28_間四郎氏.jpg kouhou_201801_P.28_四郎氏の書.jpg

     間 四郎氏       四郎氏88歳時の書

◆風の中津川~三菱電機中津川製作所~

 昭和18年2月に名古屋製作所の分工場として創業。扇風機や換気扇、産業用送風機の開発・製造に取り組み、新製品を次々と生み出すことから「風の中津川」と呼ばれています。

■いちおしポイント
 平成30年4月からNHK連続テレビ小説「半分、青い。」が始まります。舞台は岐阜県東濃地方。主人公は、病身の母のためにそよ風のような扇風機を作り、家電業界に「新風」を巻き起こしていくそうです。春の放映が楽しみですね。

                                                                             

  
担当課 : 広報広聴課  電話0573-66-1111(内線312~316)

カテゴリ : 広報なかつがわ | 広報 | 1月号 | 2018.1 | 2018.1月号

こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答