中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

第25回参議院議員通常選挙での投票用紙交付誤りに対する再発防止策をまとめました

(最終更新:2019年09月03日) 印刷印刷ページ

 選挙管理委員会では、7月21日執行の参議院議員通常選挙で発生した投票用紙の交付誤りを受け、選挙終了後、直ちに原因の究明に取り組み、聞き取り調査等から投票所準備等での確認方法や事務従事者の情報共有のあり方について問題点を確認しました。

 二度とこのような重大なミスを起こさないため、選挙管理委員会では7項目の再発防止策をまとめ、関係機関へ報告するとともに報道発表を行いました。今後、再発防止策を徹底し、正確な事務の遂行に努めてまいります。

令和元年9月2日

中津川市選挙管理委員会 委員長 五十棲正博

■再発防止策

①投票管理者及び職務代理者の意識改革

 ・投票管理者と職務代理者の責任意識の向上を図る。

②投票所ごとの打ち合わせの充実と役割の明確化

 ・十分な打ち合わせの実施により、個々が役割を明確に認識し、一つのチームとして事務を遂行する。

③チェックリストの活用の義務化

 ・チェックリストの活用により確実な投票所準備を実施する。

④複数人による確認の徹底

 ・確認事項は声に出し、必ず複数人で行うことを徹底する。

⑤色分け等による視覚的な確認

 ・注意事項や氏名掲示等を投票用紙の色にあわせた表示とする。

⑥選挙管理委員会事務局による投票所の確認

 ・選挙当日(投票開始前)に、各投票所へ電話による一斉確認を行う。

⑦事務従事者からの意見聴取による事務改善

 ・選挙終了後、事務従事者からの意見を聴取し、事務改善を図る。

担当課・連絡先
中津川市選挙管理委員会
電話番号:0573-66-1111(内線423)