中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

【新型コロナウイルス対策】子どもの心の健康を保つために

(最終更新:2020年07月29日) 印刷印刷ページ

子どもの心の健康を保つための家での過ごし方

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、大人も子どもも外出制限が求められ、連日テレビやインターネットでは繰り返し新型コロナウイルス関連の情報であふれています。多くの方が不安やストレスと向き合っておられることと思います。
 
そのような中、子どもたちの中にも、不安を抱き、いつもと異なる反応や行動がみられることがあるかもしれません。

これらの反応や行動は一般的なことであることを知っておくことが大切です。


いつもと異なる生活の中で、一般的にみられる反応・行動画像1.png
  • 腹痛や頭痛、不眠、食欲不振などの身体症状を示す
  • いつもより泣いたり、大人にしがみついて離れない
  • 急に幼い言動をしたり、夜尿、お漏らし、わがままになるなど、いわゆる赤ちゃんがえり
  • 遊びの中で起きている出来事を再現する


子どもの心の健康をたもつために、各ご家庭で行っていただきたいこと画像2.png
  • 基本的ニーズ(衣・食・住)を満たし、可能な限り日課や習慣を保つ
  • いつもの生活リズムを保つ
  • 繰り返し聞いてくるのは不安の表れであり、不安な気持ちを受け止める
  • 出来事に関連したテレビのニュースや映像を繰り返し見させない
  • ストレッチやラジオ体操を一緒にするなど少しでも体を動かす工夫を
       親子運動あそび(PDF) 

*健康医療課提供すくすく帳(母子健康手帳交付時に配布)に同資料あり


子どもたちが心穏やかに過ごしていくには、日々の生活の安定がとても大切になってきます。

緊迫した状況ではありますが、お天気のよいときは、道端の草花や小さな生き物に触れる等の活動をお子さんと一緒にされてはいかがでしょうか。

自然と触れ合うことで気持ちを落ち着かせることができます。

 


参考文献

一般社団法人 日本臨床心理士会 災害支援プロジェクトチーム/一般社団法人 日本公認心理師協会 災害支援委員会/ 公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン「子どもに関わるすべての方々へ 感染症対策下における子どもの安心・安全を高めるために」

担当課・連絡先
幼児教育課(発達相談係)
電話番号:0573-66-9911(直通)