中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

「自筆証書遺言書保管制度」の運用が開始されました

(最終更新:2020年07月13日) 印刷印刷ページ

令和2年7月10日(金)から全国の法務局において、「自筆証書遺言書保管制度」の運用を開始されました。

 

自筆証書遺言書を作成した本人が、法務局に遺言書の保管を申請することができる制度です。遺言書の保管申請時には、手数料3,900円を収入印紙により納付していただきますが、法務局に設置する遺言書保管所において、遺言書を大切に保管します。紛失や亡失の防止、第三者による破棄や改ざんをされたりすることがないほか、遺言者が亡くなられた後の手続として、相続人等は別途手数料を納めて、各遺言書保管所に保管中の遺言書の内容の証明書を請求したり、遺言書の閲覧をすることもできるなど、遺言者だけでなく、相続人や受遺者等にもメリットのある制度となります。

また、この保管制度を利用した自筆証書遺言は、家庭裁判所における検認が不要となることも特徴の1つです。

 

この保管制度の利用(手続)には、各種確認や手続の処理に一定程度の時間を要するため、手続の順番をお待ちいただくことがないよう、予約(予約システム、電話、窓口)を前提としています。

 

本制度の利用に係る詳細は法務省のホームページをご覧いただくか、最寄りの法務局(遺言書保管所)に「遺言書保管」についてお尋ねください。

 

【問い合わせ先】

岐阜県地方法務局中津川支局総務係

中津川市かやの木町4番3号 中津川合同庁舎3F

電話番号 0573-66-1554

遺言書保管制度法務省ホームページ(外部リンク)

法務局手続案内予約サービス専用ページ(外部リンク)

担当課・連絡先
高齢支援課
電話番号:0573-66-1111(内線:高齢福祉政策係621・相談支援係609)