中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

ひとづくり激励金交付要綱

(最終更新:2017年04月18日) 印刷印刷ページ

中津川市ひとづくり激励金交付要綱

(目的)
第1条 この要綱は、スポーツ、文化、福祉、芸術等の幅広い分野で市民に夢と希望を与えるような活躍をする者に対し、中津川市ひとづくり激励金(以下「激励金」という。)を交付し、その交付に関し必要な事項を定めるものとする。
(交付対象者)
第2条 激励金交付の対象となる者は、優れた成績・功績をもって、市、県又は国の代表として国際規模又は全国規模の大会等(以下「大会等」という。)に出場する次のいずれかに該当する個人又は団体(以下「出場者」という。)とする。ただし、予選、選考等がない大会等の出場者又は市その他の団体等から別途補助金等が交付される出場者は、対象外とする。
(1)市内に住所又は所在地を有する出場者(個人の場合は、市内に生活の本拠を有する者に限る。)
(2)前号に掲げるもののほか、市長が特に認める出場者
(激励金の額)
第3条 激励金の額は、次の大会等の規模により出場者に対して交付するものとする。
(1)全国規模  個人  5,000円  団体 10,000円
(2)国際規模  個人 10,000円  団体 20,000円
(3)前号に掲げるもののほか、テレビ放映等により特に市のイメージアップやPRが図られる大会等は、個人の場合100,000円、団体の場合300,000円を上限として交付することができる。
(交付手続)
第4条  市長は、第2条各号に定める者から出場の申出があったときは、出場大会等確認書(様式第1号)を作成するものとする。
2 市長は、出場大会等確認書の内容を審査し、適当と認めるときは、激励金を交付するものとする。
(交付日)
第5条 激励金の交付は、大会等の出場の前日までに行うものとする。ただし、やむを得ない事情があると認める場合は、事後であってもこれを交付することができる。
(激励金の返還)
第6条 市長は、激励金の交付を受けた者が欠場、虚偽の申出等によって不正に交付を受けた場合は、その交付額の全額又は一部を返還させることができる。
(委任)
第7条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。
附 則
この要綱は、平成18年4月1日から施行する。
附 則
この要綱は、平成21年4月1日から施行する。
附 則
この要綱は、平成22年4月1日から施行する。
附 則
この要綱は、平成22年10月1日から施行する。

担当課 : 市長公室

 

 

担当課・連絡先
市長公室
電話番号:0573-66-1111(内線306)