中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

姉妹都市友好推進事業

(最終更新:2018年02月02日) 印刷印刷ページ


レジストロ市のデータ
Município de Registro
ブラジル連邦共和国
República Federativa do Brasil
サンパウロ州
Estado de São Paulo
位置 サンパウロ市の南西約 200 km
面積 716.33 km²
人口 55,081人(2008年IBGE推計値)
日系人口 3,182人(1998年実態調査)
日系人との
関わり
定住目的での最初の入植地
主要産業 農業(バナナ栽培・牧畜など)
市制施行 1944年11月30日
中津川市に
まつわるところ
  • 中津川公園
  • 中津川通り
  • レジストロ移民資料館
    中津川コーナー
公式ページ ※ポルトガル語

中津川市の姉妹都市

ブラジル連邦共和国サンパウロ州レジストロ市

姉妹都市提携の経緯

1978年 7月 
かねてからブラジルの都市との姉妹提携を希望していた小池保中津川市長(当時)が,ブラジル岐阜県人会創立40周年の折に,姉妹都市候補地推薦を依頼するメッセージを伊藤薫氏(中南米親善岐阜県議会議員連盟会長)に託す
1979年 4月 
ブラジル岐阜県人会を通じて,レジストロ市が姉妹都市提携を受諾する旨を伝達
1980年 6月 
中津川市議会がレジストロ市との姉妹都市提携に同意
1980年 8月 
4日(日本時間5日),レジストロ市において姉妹都市提携協定書に調印
1981年 4月 
中津川市姉妹都市友好推進協会設立

事業の概要

「民際外交」の展開
国政として行われる外交に対して,民間が中心となって友好親善の輪を広げるために,市民同士がお互いに理解を深める外交という意味で,小池元市長が提唱した「民際外交」をキーワードに,中津川・レジストロ両市の市民による友好親善の交流を進めています。
個人・法人・団体の会員からなる「中津川市姉妹都市友好推進協会」が中心となって,親善交流事業を展開しています。

近年の主な交流のあゆみ

2000年10月 
姉妹都市提携20周年記念式典のため,レジストロ市長ら親善訪問団が来市
2002年 1月 
レジストロ市移民資料館落成,館内に「中津川コーナー」を設けて展示
2003年10月 
中津川市から親善訪問団が訪伯
2005年11月 
姉妹都市提携25周年記念式典のため,レジストロ市長ら親善訪問団が来市
2006年 8月 
第17回岐伯青年親善交流団が来市
2008年 5月 
日本ブラジル交流年中津川市慶祝団が訪伯
2008年 6月 
新会長に杉本潤氏が就任
2008年 7月 
第18回岐伯青年親善交流団が来市
2008年 8月 
鈴木嘉進前会長 ブラジル叙勲祝賀会を開催
2010年11月 
姉妹都市提携30周年記念式典のため,レジストロ市長ら友好親善団来市
2011年5月 
レジストロ・オウロ・ロータリークラブから義援金が贈られる
2011年8月 
レジストロ文化協会日本語学校の生徒らから千羽鶴などが贈られる
2011年8月 
レジストロから贈られた千羽鶴などを福島県大熊町の子どもに手渡す
2013年10月 
レジストロ日本移民入植100周年の慶祝訪問団(市長をはじめとする24名)がレジストロ市等を訪問
2015年4月 
姉妹都市提携35周年記念式典のため,レジストロ市長ら友好親善団来市

レジストロ日本移民入植100周年

2013年は、1908年に日本人が初めてイグアッペ植民地(現在のレジストロなどの総称)へ移住して100年の節目の年であり、レジストロ市では隣市のイグアッペ市、セッテバラス市と合同で記念行事を開催。
中津川市も青山市長をはじめとする市民ら24名が慶祝訪問しました。

日本ブラジル交流年

2008年は,1908(明治41)年に始まった日本人ブラジル移住が100周年を迎えることから,日本ブラジル交流年(日伯交流年)として,日本・ブラジル両国でさまざまな記念事業や相互交流事業の計画が進められています。
中津川市では,大山市長が日伯交流年実行委員会の委員を務めており,30人の慶祝団を結成してレジストロ市を訪問しました。

外務省 日伯交流年

担当課

文化スポーツ部生涯学習スポーツ課(中津川市姉妹都市友好推進協会事務局)
  • 電話:0573-66-1111(内線4313)
  • メールでのお問合せはこちら
中津川市姉妹都市友好推進協会のホームページはこちら

 

担当課・連絡先
生涯学習スポーツ課
電話番号:0573-66-1111(内線:スポーツ推進係4302・生涯学習係4312)