中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

特別給付金について

(最終更新:2018年06月19日) 印刷印刷ページ

 

戦没者等の妻の方々への特別給付金のご案内

「戦没者等の妻に対する特別給付金」は、先の大戦において夫を失い、大きな痛手を受けるとともに、経済的困難とも闘ってこられた皆さまのご苦労に対し、国として慰藉の気持ちを表すために、昭和38年から記名国債として支給しているものです。
このたび、特別給付金を支給する法律が改正され、以下①~③に該当する方々に支給されることになりましたので、手続きをお願いいたします。
※請求期間を過ぎると手続きができなくなりますので(時効)、お早めにお願いします。


①戦没者等の妻として「第二十二回特別給付金国債 い号」を受給していた、または受給権のあった方  【継続支給】

平成25年4月1日現在、恩給法による公務扶助料・特例扶助料、または戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金・遺族給与金を受給している場合に支給されます。※この国債を時効により受け取ることができなかった方も対象となります。
請求期間:平成25年6月12日(水)~平成28年6月13日(月)まで


②戦傷病者の妻として「第十八回特別給付金国債」または「第二十回特別給付金国債」を受給されていた方  【移行支給】

平成15年4月1日から平成18年9月30日までの間に、戦傷病者である夫が公務又は勤務に関連した傷病で亡くなられた場合に支給されます。※これらの国債を時効により受け取ることができなかった方も対象となります。
請求期間:平成25年10月1日(火)~平成28年9月30日(金)まで


③新たに戦没者の妻になられた方  【新規支給】

平成15年4月1日から平成25年3月31日までの間に、夫が公務又は勤務に関連した傷病で亡くなられたことにより、その妻が恩給法による公務扶助料・特例扶助料、または戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金・遺族給与金の受給権を得た場合に支給されます。
請求期間:平成25年10月1日(火)~平成28年9月30日(金)まで 


担当課:障害援護課