中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

感染症予防

(最終更新:2018年04月26日) 印刷印刷ページ

はしか(麻疹)にご注意ください

 3月下旬から、沖縄ではしかの発生がしており、愛知県でも感染例が報告されています。

 現在、日本で発生するはしかは、海外から持ち込まれ、はしかの免疫が弱い、または免疫を持っていない方が感染するとほぼ100%発症します。はしかは空気感染・飛沫感染・接触感染で、ヒトからヒトへ感染し、その感染力は非常に強いため、今回のような流行を起こすことがあります。

 *はしかは、感染しても症状が出るまでに約10日かかり、また初期は発熱や鼻水、咳といった風邪のような症状のため、はしかに感染していることに気付かないまま、周囲にうつしてしまいます。

 *体調が悪い方は、自宅で様子を見て、外出を避けてください。特に、幼稚園や保育園、学校等の集団生活の場では、流行が始まると一気に拡大する可能性があります。体調の変化にご注意ください。発熱や発疹がある方は、すぐ医療機関にかかりましょう。受診する時は、周囲への感染を防ぐため、必ず事前に、電話で医療機関へ症状を伝え、医療機関の指示に従って受診してください。

 *ワクチンの接種をご希望の方は、予防接種を受けるまで、人込みを避けるなどご注意ください。

*はしかが流行している地域へ行かれる予定の方は、必ずはしかの罹患歴や予防接種歴をご確認ください。過去の罹患歴や予防接種歴がわからない場合は、はしかの抗体検査を受ける、または予防接種を受けることをご検討ください。

インフルエンザについて

インフルエンザはふつうのカゼとはちがいます。 高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などをともなって強い全身倦怠感に襲われたらインフルエンザを疑いましょう。

●予防が何より大切です。そのポイントは・・・

★ 基本は先ず予防接種です。

★ バランスの良い食事で栄養をとりましょう。

★ 十分な睡眠をとり、疲れを残さないようにしましょう。

★ 部屋を乾燥させないよう、適度な湿度を保ちましょう。

★ 保温にも気をつけましょう。(厚着のしすぎはかえって逆効果です)

★ 流行時には、人の多い場所をできるだけ避けましょう。

★ マスクの着用も効果があります。

★ 外出から帰ったら、うがい・手洗い・洗顔をしましょう。(インフルエンザの予防接種をした方も油断は禁物です。)

*インフルエンザ予防リーフレット


●インフルエンザかな? と思ったら・・・

★ 早めに医師の診察を受けましょう。

★ とにかく安静です。

★ 部屋は温度と湿度を保って、換気をこまめに行いましょう。

★ 食事は消化のよいあたたかいものをとりましょう。

★ 水分を十分にとりましょう。

インフルエンザ Q&A

Q1:インフルエンザと普通のカゼはどうちがいますか?

A:インフルエンザと普通のカゼを混同してはいけません。普通のカゼはライノウイルスやコロナウイルスの感染によって起こり、重症になることはめったにありません。一方、インフルエンザはインフルエンザウイルスによって感染し、重症化することが多いのです。おもな違いは次の表をご覧ください。(あくまで目安としてください)

項目 インフルエンザ ふつうの風邪
症状 急激に 徐々に
初期症状 寒気、頭痛 くしゃみ、鼻水
主症状 発熱、全身痛、悪寒 鼻水、鼻づまり
全身筋肉痛 ある ない
合併症 肺炎、脳炎、脳症など ない


Q2:インフルエンザにはどんな種類がありますか?

A:インフルエンザウイルスは、遺伝子を包むタンパク質の種類などから、A型、B型、C型に分けられます。現在ヒトの世界で流行しているのは、A/ソ連(H 1N1)型ウイルス、A/香港(H3N2)型ウイルス、B型ウイルスの3種類です。なお、これらのウイルスの種類による症状の大きなちがいはありません。

Q3:市販のカゼ薬はどのような効果がありますか?

A:市販のカゼ薬は、発熱や鼻汁、鼻づまりなどの症状をやわらげることはできますが、インフルエンザウイルスに直接効くものではありません。インフルエンザにかかったかな、と思ったら、早めにお医者さんの診察を受けましょう。

Q4:乳幼児や高齢者はどんなことに気をつければよいのですか?

A:乳幼児の合併症で気をつけなければならないものとして、脳炎・脳症が指摘されています。お茶・ジュース・ミルクなど水分をとってもすぐ吐いてしまったり、けいれんをおこしたときは、すぐにお医者さんの診察を受けてください。高齢者の場合はワクチンの接種が有効ですが、接種したから絶対にインフルエンザにかからない、とも言えません。すべての人に、上記の予防のポイントを守っていただきたいと思います。

Q5:インフルエンザの予防接種はいつ頃受けたらいいのですか?

A:12月中旬までに接種を受けるようにしましょう。1回または2回接種します。2回接種の場合は、2回目は1回目から1~4週あけて接種します。1回接種か2回接種かは、お医者さんが判断します。ワクチンの持続期間は約5か月です。なお、 65歳以上の全ての方及び60歳以上65歳未満で特定の疾患をお持ちの方は一部負担で接種できます。期間が限定されていますので、市役所健康医療課へお尋ねください。


●インフルエンザに関するホームページ

国立感染症研究所 感染症情報センター インフルエンザ

岐阜県リアルタイム感染症情報システム

ノロウイルスについて

★★★ ノロウイルスによる感染性胃腸炎に注意しましょう! ★★★

 抵抗力の弱い人が感染すると重症化する恐れがありますので、高齢者や乳幼児がいる家庭では特に気をつけましょう。


●どのようにして感染しますか?

 ほとんどが、ノロウイルスが口から入ることにより感染します。


●主な症状は?

感染から発病までの期間は1日~2日です。

◎吐き気 ◎おう吐 ◎下痢 ◎腹痛 ◎軽度発熱がみられます


●ノロウイルスにかかったかなと思ったら!

現在、ノロウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありません。 ひどいおう吐や下痢が続くと脱水症状になることがあります。水分を十分に取り、早めに医療機関にかかりましょう。


【 予防のポイント 】

① 調理前、調理中、食事の直前に、石鹸で手洗いすることを習慣にしましょう

② 食品は十分加熱(中心部85℃1分以上)しましょう

③ 下痢・嘔吐などの症状がある人は、回復するまで調理を控えましょう

④ おう吐物、排泄物などで汚れた時は、塩素系消毒薬で消毒しましょう

⑤ 規則正しい生活をおこない(暴飲暴食をやめ)抵抗力を高めましょう


●患者の吐物や便により床等が汚染された場合の処理方法

★塩素系消毒薬で消毒しましょう。家庭用塩素系漂白剤で代用することができます。

《注意》逆性せっけん、消毒用アルコールは効果がありません。

① 必ず使い捨て手袋、マスクを着用し、捨てられる雑巾やキッチンペーパー等で汚物を拭きとる。

② 汚れた床等は塩素系消毒薬または家庭用塩素系漂白剤などを含ませて浸すように拭く。

③ 使用した使い捨て手袋、雑巾等はポリ袋に入れ、口をしっかり閉じて捨てる。

④ 石けんと流水でしっかり手洗いをする。


《家庭用塩素系漂白剤(5%)を使った消毒薬の作り方》

■便や嘔吐物が付着した床や衣類、トイレなどの消毒をする場合:濃度 0.1%(1000ppm)

①500mlの空のペットボトルを用意し、水を半分くらい入れておきます。

②その中に、ペットボトルキャップ2杯(10ml)の塩素系漂白剤を入れます。

③さらに水を加えて全体を500mlにしてできあがりです。

■おもちゃ、衣類、調理器具、直接手で触れる部分などの消毒をする場合:濃度 0.02%(200ppm)

①2Lの空のペットボトルを用意し、水を半分くらい入れておきます。

②その中に、ペットボトルキャップ2杯(10ml)の塩素系漂白剤を入れます。

③さらに水を加えて全体量を2Lにしてできあがりです。

■注意

・時間の経過とともに効果が減少しますので、なるべく使用するたびに作ってください。

・手指消毒には使えません。

・換気を十分行ってください。

・衣類は色落ちする場合があります。

・金属やおもちゃを消毒したあとは、しばらく置いて水拭きをしてください。


●ノロウイルスに関するホームページ

国立感染症研究所 感染症情報センター ノロウイルス

ノロウイルスに関するQ&A

岐阜県リアルタイム感染症情報システム

プール熱(咽頭結膜熱)について

★★★ 夏かぜの一種、高熱、目とのどが赤くなる ★★★

 毎年6月頃から徐々に増加しはじめ、7月~8月にピークを示す夏の病気で、プールを介して流行することが多いので、プール熱と呼ばれています。

●どんな症状ですか?
 39℃台の高熱が数日続き、のどがまっ赤にはれて痛みます。目も結膜炎をおこして充血し、目やにや涙がでます。多くは片方の目です。

●どんな病気ですか?
 夏かぜの一種で、アデノウイルスで感染します。患者の目やにやのどの分泌物、便などから感染します。4~6日間の潜伏期間ののち発病します。発病してから1週間ほどで治ります。感染力が強いのは、急性期ですが、回復したあともウイルスが排泄されるので感染源となることがあります。

●手当てについて
 高熱がでるので早めに、医療機関を受診しましょう。脱水症状に気をつけて、のどごしのよいものを食べさせるようにしましょう。感染力が強いので、兄弟がプール熱にかかった場合は、洗面器やタオルは別にしましょう。

●予防方法について
  1. 患者との接触は避けましょう。
  2. うがいをしましょう。
  3. 流水とせっけんで手洗いをしましょう。
  4. プールに入る前と後は、シャワーを浴びましょう。
  5. 患者のタオル、洗面器は別にしましょう。

食中毒から身を守りましょう!

★★★ "清潔、迅速・冷却、加熱" が基本 ★★★

食中毒というと、飲食店や給食施設などの食事が原因と思われがちですが、実は家庭の食事でも発生しています。食中毒菌には、いろいろなタイプがあります。高温でも生き残る菌、わずかな菌量でも食中毒を発症させる菌、低温でも増殖する菌など、さまざまな特色をもっています。また、食べ物が、食中毒菌に汚染されていても、変なニオイ、変な味はしないので、見分けることはできません。食中毒を予防するには、次の「食中毒予防の3原則」をしっかり守り、たとえ菌がゼロにできなくても、できるだけ菌を減らしましょう。菌の数が少なければ、からだの抵抗力で食中毒を抑え込むことができます。日頃から、規則正しい生活にこころがけ、暴飲暴食をさけ、バランスよく食べ、睡眠を十分にとって抵抗力を高めましょう。


●食中毒予防の3原則

1.菌をつけない! 

食材に触れる前の手洗いと調理器具の殺菌・消毒の徹底を

  1. 調理の前には、必ず流水と石けんで手を洗いましょう。
  2. 傷のある手で調理するときは、ゴム手袋を使いましょう。
  3. 肉、魚、卵を触ったら、必ず手洗いをしましょう。
  4. 調理器具(包丁、食器、まな板、ふきん、たわし、スポンジ)などは、洗剤、流水、漂白剤などでよく洗いましょう。
  5. 包丁、まな板は肉用、魚用、野菜用と別々にしましょう。
  6. 鼻をかんだ後、トイレやオムツ交換の後は、手を洗いましょう。
  7. 動物に触れた手で、そのまま調理をしないようにしましょう。

2.菌を増やさない! 

食べ物は必ず4℃以下で保存、絶対に室温に放置しない

  1. 肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮なものを購入しましょう。
  2. 消費期限を確認しましょう。
  3. 生ものは最後に買いましょう。
  4. 室温での解凍はやめ、冷蔵庫や電子レンジで解凍しましょう。
  5. 冷蔵庫は4℃以下に保ち、詰めすぎに注意しましょう。
  6. 料理したものは、すぐ食べましょう。室温での放置はやめましょう。

3.菌を殺す! 

できるだけ生食はさけ、十分加熱したものを食べること

  1. 加熱は十分におこない、中心部が85℃で1分以上加熱しましょう。
  2. 調理ずみのレトルト食品や冷凍食品も、十分加熱しましょう。
  3. 電子レンジを使用するときは、かき混ぜて均等に加熱しましょう。
  4. 残った食品を温め直すときは、85℃以上にし、みそ汁、スープは沸騰するまで加熱しましょう。
  5. 野菜など生で食べるものは、流水で十分洗いましょう。


●食中毒かなと思ったら

他に原因がなく、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、発熱に襲われたり、目がかすむ、めまいがする、体のどこかがしびれるなどの症状がみられたら、はやめに医療機関を受診しましょう。自己判断で、下痢止め、抗生物質を飲むことはやめましょう。

蚊媒介感染症について

★★★ 蚊に刺されないように予防しましょう ★★★

1.蚊媒介感染症とは

 病原体を持った蚊が、ヒトを吸血することで感染する感染症のことです。

2.蚊媒介感染症と感染経路

 日本で発生、または持ち込まれる可能性があります。主に海外(特に熱帯、亜熱帯地域)で流行しており、海外で感染した人が国内へ持ち込むケースが報告されています。
 渡航の際は、現地の流行状況を確認しましょう。
主な蚊媒介感染症

3.感染予防

  ▽日常生活での予防
   ・蚊を発生させない・・・ヒトスジシマカの幼虫(ボウフラ)は、水溜りで発生します。
               古タイヤ、使用していないバケツなど水がたまりやすいものを片付けましょう。
               排水溝などは、市販の消毒薬を適切に処理しましょう。 
   ・蚊の生息場所をなくす・・・蚊の成虫は、草むらや藪の中など、湿った風通しの悪いところにいます。
                 庭などの雑草や茂みをできるだけなくして、風通しをよくしましょう。
   ・蚊が生息する場所には行かないようにしましょう。 
   ・蚊が生息する場所へ行くときは、長袖・長ズボンを着用し、肌の露出を少なくする。 
   ・虫除け剤や蚊取り線香などを使用しましょう。 
    ▽日本脳炎は予防接種を受けて感染予防ができます 
  ▽渡航される方
   ・渡航先の感染症の流行状況を確認しましょう。  
    「海外で健康に過ごすために」(厚生労働省検疫所FORTH)
    「医療・健康医療課関連情報」(外務省)  
    ▽入国時や帰国後 
   ・入国時や帰国後に、発熱などの症状がある場合は、検疫所または恵那保健所にご相談ください。 
   ・帰国後10日程度は、蚊に刺されないように注意してください。また、4週間以内の献血は控えてください。 
 

4.資料  

ジカウイルス感染症に関するQ&A(厚生労働省) 
デング熱に関するQ&A(厚生労働省)  
岐阜県感染症情報センター 
国立感染症研究所 
感染症・予防接種情報(厚生労働省) 
▽渡航する場合 
「海外で健康に過ごすために」(厚生労働省検疫所FORTH)
「医療・健康医療課関連情報」(外務省)  
       担当課:健康医療課

担当課・連絡先
健康医療課
電話番号:0573-66-1111(内線:健康寿命対策室622・予防保健係623・健康支援係(母子)626・健康支援係(成人)639)