中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

国民健康保険料算定のしかた

(最終更新:2018年08月01日) 印刷印刷ページ

保険料は年度ごとに変わります

 国民健康保険料は医療分、後期高齢者支援金分、介護分の保険料を3つの項目(所得割・均等割・平等割)ごとに計算し、それらを合計して一世帯ごとの年間保険料を算定します。
 よって、一世帯の保険料額は、世帯(加入者)の前年中の所得額や、世帯の加入者数等に応じて年度ごとに変わります。

平成30年度から中津川市の国民健康保険料の計算方式が変わります

 国民健康保険の財政運営の責任主体が岐阜県に変更になったことに伴い、中津川市では平成30年度の保険料から賦課方式を岐阜県の示した標準的な算定方式である3方式(所得割・均等割・平等割)とし、資産割を廃止することになりました。
 詳しくは、下の「平成30年度の保険料から算定方式を変更します」をご覧ください。

平成30年度の保険料から算定方式を変更します

平成30年度の国民健康保険料が確定しました

 平成30年度の国民健康保険料の料率改定を行い、今年度の国民保険料額が確定いたしました。
 詳しくは、下の「平成30年度 国民健康保険料改定のお知らせ」をご覧ください。

平成30年度 国民健康保険料改定のお知らせ(PDF)

納付の義務は世帯主に

 保険料を納めるのは、国民健康保険の加入者であるなしにかかわらず、各世帯の世帯主です。
 ただし、保険料がかかるのは加入者分のみとなります。


国民健康保険に加入している方は、必ず所得の申告をしてください。たとえ収入がない場合でも申告が必要です。申告がないと軽減対象から除かれるなど、正確な保険適用ができません。

農家が家畜市場で肉用牛を売却した場合、所得税、市県民税の所得割では免税所得の取り扱いとなりますが、国民健康保険では保険料算定所得としてみなされます。

市外から転入(税申告)された方の保険料

 保険料の基礎となる前年の所得金額が未把握なため、前住所地(課税住所地)に所得の照会をして保険料を計算します。
 所得状況が把握できない場合は、まず資産割額と均等割額と平等割額で計算して通知し、所得状況が把握でき次第再計算をし、保険料に変更がある場合は、翌月に変更通知(納付書)をお送りします。

賦課決定の期間制限について

 平成27年度以降の国民健康保険料の賦課決定について、国民健康保険法第110条の2(平成27年4月施行)により、当該年度における最初の国民健康保険料の納期の翌日から起算して2年を経過した日以後においては、賦課決定することができなくなりました。
 そのため、遡って資格を喪失したり、過年度分の修正申告により、国民健康保険料が納めすぎとなった場合に、納付済み分を還付できなくなる可能性があります。
 該当する方は速やかにお手続きをお願いいたします。

 国民健康保険は、もしものときの病気やけがの治療による経済的負担を軽減するため、保険料を出し合い、医療費に充てる相互扶助(助け合い)の精神をもとにした制度です。

 国民健康保険は、みなさまの保険料によって成り立っています。


【 お問い合わせ 】
中津川市健康福祉部国民健康保険課
電話番号:0573-66-1111 内線112~115      

担当課・連絡先
国民健康保険課
電話番号:0573-66-1111(内線112・113・114・115・119)