中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

中津川市ものづくり技術研修等派遣助成金制度

(最終更新:2020年02月10日) 印刷印刷ページ

概要

 中津川市では、産業振興施策の一環として、「ものづくり技術研修等派遣助成金制度」を設けています。これは、市内の事業所が取り組むものづくりの技術水準の向上について、側面から支援しようとするものです。

※従来あった「中津川市技術研修等派遣助成金」を平成30年4月以降「中津川市ものづくり技術研修等派遣助成金」と改め、ものづくり産業の技術水準向上の支援を強化していきます。申請時の様式も新しくなっておりますので下記より新たにダウンロードしてください。
※下記以外の詳細についてお問い合わせの場合は、工業振興課までご連絡ください。

 

目的

 市内における事業所の事業主が、ものづくりの技術水準の向上等を図るため、他の研修機関が実施する技術研修等(以下「研修等」という)に従業員を派遣した場合において、事業主に対してその受講料の一部を助成することにより、事業所内の優秀な人材を育成し、もって市内の産業の振興に資することを目的とする。

 

助成対象となる事業主

次に掲げるすべての事項に該当する事業主が助成の対象となります。

  1. 市内で事業を営む事業所の事業主(本・支店(所)に関係なく市内で事業を営む事業所に限られます)
  2. 雇用保険の適用事業主
  3. 研修等に係る受講料の全額又は一部を負担する事業主
  4. 所定労働時間内に従業員(雇用保険の被保険者に限る)に、社命として研修等を受講させ、かつ、受講期間中通常の賃金を支払う事業主
  5. 市税を滞納していない事業主

 

助成対象となる研修

 ものづくりの技術水準の向上に資するもので、他の研修機関(公的、民間は問いません)が当該事業所外で実施する研修等で、かつ、1日の受講時間が所定労働時間内に原則として3時間以上である研修等のうち、次のいずれかに該当するものが助成対象研修となります。

  1. 専門知識、技能を習得させるための研修
  2. 技術革新・先端技術に対応するための研修
  3. IOT,IT導入・活用に必要な知識・技術を習得させるための研修

※ただし以下に掲げるものについては、助成対象外

  1. OJT、社内研修(外部講師によるものを含む)、通信教育及び視察研修
  2. 新人社員研修、中堅社員研修、語学研修等の人材育成研修に関するもの
  3. 通常の事業活動として遂行されるものを目的とするもの
  4. その他、生産性向上、製造技術力向上等に関する知識・技能の習得を目的としていないもの
  5. 法令において講習等の実施が義務付けられており、また事業者にとっても、当該講習を受講しなければ業務を実施できないもの

 

助成金額

 受講料の2分の1以内の額(事業主が受講料の一部を負担した場合は、その額の2分の1以内の額)で市長が必要と認めた額とします。但し、1人につき50,000円(年1回に限る)を限度とします。
 なお、国等の他機関から受講料に対して助成金が支給される場合は、他機関の支給決定があった後に助成金を決定します。その額は、受講料の1/2以内の額で、他機関からの助成金等との合計額が受講料を超えない範囲内とします。

 

交付申請の方法

研修等が修了後、市役所工業振興課まで交付申請をしてください。

交付申請に必要な書類等

1.ものづくり技術研修等派遣助成金交付申請書

 【添付書類】
  1. 事業所の概要書
  2. 受講料支払を証するに足りる書類(写し)
  3. 賃金支払証明書
  4. 研修等を修了したことを証するに足りる書類(写し)
  5. 交付基準日時点での助成対象となる研修受講者の在勤証明書
  6. 市税完納証明書

2.ものづくり技術研修等派遣助成金交付請求書

 

様式

交付申請の時期

 研修等受講期間 交付申請期間
  • 4月から9月までの間に修了した研修・・10月1日から2月末日
  • 10月から翌年3月までの間に修了した研修・・4月1日から8月末日

その他

お問合せ先

 中津川市 商工観光部工業振興課
 TEL:0573-66-1111(内線4263)
 FAX:0573-65-3367

担当課・連絡先
工業振興課
電話番号:0573-66-1111(内線4260~4263)