中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

平成20年度市民による行政改革委員会

(最終更新:2018年06月18日) 印刷印刷ページ
平成21年3月30日、市民による行政改革委員会の意見書が市長に提出されました!!!

意見書が古田委員長(左)から大山市長へ 挨拶される古田委員長 報告会後の意見交換会の様子

■市民による行政改革委員会

  • 市民による行政改革委員会は市長公約に基づき平成21年1月に設置され、市民の視点から「職員が行う行政改革を見守るお目付け役」として3回(1月、2月、3月)の委員会活動を行って頂きました。

■報告会

  • 報告会では、古田委員長から市長へ意見書が手渡されました。
  • 古田委員長は「職員の対応は確かに良くなってきた。しかし、行政改革、意識改革としてはまだ不十分。職員の強い意思の下に長期的・計画的に行革を進めて欲しい。」と話されました。

■意見交換会

  • 意見交換会は、各委員と市長との間で行われました。
  • 委員の皆さんからは「市役所文化が職員の体に染みついている。まずは職員の意識改革が必要」「ロードマップ(行政改革の工程表)の推進には、市民との情報共有が不可欠。市民とともに進める行革であって欲しい。」「厳しい財政状況を市民にも知ってもらい、市の自立的・持続的な発展のためには、市民も改革の痛みを共有することは避けられない。」などの意見が出されました。

■意見書を受けて

  • 大山市長は「委員の皆さんの活動に大変感謝するとともに、頂いた意見書をしっかり受け止め、市政運営のシステムづくりをしていきたい。」「スピード感をもって、仕事ができる市役所に変え、市民の利益につながるよう努めます。」「自ら行う行政改革を目指すため、個ではなく組織で改革に取り組みます。」と述べました。

委員会より出された意見書は以下のとおりです。 (分割してPDFファイルとして掲載します)

表紙、意見書の作成にあたって、目次.pdf

委員長意見、委員会の役割.pdf(P.1)

市役所の4つの気質の打破に関する意見.pdf(P.2~5)

市から提示された改革項目に対する意見(目次).pdf(P.6)

Ⅰ 行政改革の工程表(ロードマップ)の作成について.pdf(P.7)

Ⅱ 事務事業評価の今後の方向性について.pdf(P.8~9)

Ⅲ 公の施設の見直し方法と考え方について.pdf(P.10~11)

Ⅳ 第三セクターの見直しの考え方について.pdf(P.12~13)

Ⅴ 公の施設の指定管理者の選定方法について.pdf(P.14~15)

Ⅵ アウトソーシング推進の基本的考え方について.pdf(P.16)

Ⅶ 行政組織の見直しの考え方について.pdf(P.17)

事務事業の評価結果に対する意見.pdf(P.18~21)

市民による行政評価委員会の提言の進捗状況に関する意見.pdf(P.22~29)

活動概要、委員名簿、設置要綱、運営内規、編集後記、裏表紙.pdf(P.30~)

市が委員会に提示した資料一覧は以下のとおりです

資料一覧.pdf


担当課:財政課

担当課・連絡先
財政課
電話番号:0573-66-1111(内線345)