中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

中山道(落合の石畳)

(最終更新:2019年03月06日) 印刷印刷ページ
中山道(落合の石畳)のデータ
よみ 中山道(落合の石畳)
指定
種別(種目) 史跡(交通遺跡)
員数、
地籍等
約840m、道幅平均約4m
時代 江戸
指定年月日 平成22年2月22日
所在地 中津川市落合1447

緯度:北緯35度30分47秒
経度:東経137度32分41秒

所有者、
保持者等
中津川市
解説

 市内の旧中山道約20㎞のうち、信州・美濃の境から落合字新茶屋、山中地区の約840m間は中山道の面影がよく残っている。特に、3ヶ所(計70.8m)の石畳が当時のまま現存しており、その周辺についても昭和63~平成7年度「歴史の道整備事業」にて石畳の修復がなされ、中山道の風情を偲ぶことができる。

中山道落合本陣をガイドボランティアがご案内!!

中山道(落合の石畳)



   

担当課・連絡先
文化振興課
電話番号:0573-66-1111(内線4316)