中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

法泉寺古戦場

(最終更新:2020年03月27日) 印刷印刷ページ
法泉寺古戦場のデータ
よみ ほうせんじこせんじょう
指定
種別(種目) 史跡
員数、
地籍等
1
時代 中世
指定年月日 昭和48年11月3日
所在地 中津川市高山

緯度:北緯35度31分49秒

経度:東経137度26分18秒

所有者、
保持者等
個人
解説  本能寺の変の後、秀吉は苗木城主 遠山友忠・友政を森長可に属させようとしたが、従わなかったために戦となり、苗木藩は飛騨の金森氏の援軍を得て、一隊は法泉寺の弓手の洞に、別隊は遠の巣(今の木積沢)の山中に待伏させ、敗走すると見せかける策略で、敵軍を総崩れにさせました。

戦場となった山中に五輪塔が点在し、往古この付近に法泉寺があったと伝えられています。

法泉寺古戦場

 


 

 

担当課・連絡先
文化振興課
電話番号:0573-66-1111(内線4316)