中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

教育委員会

(最終更新:2018年06月11日) 印刷印刷ページ

教育委員会の紹介

 教育委員会は、市の教育行政全般に関わる基本方針や施策などについて審議し、意思決定を行う合議制の執行機関です。教育の政治的中立性の確保、継続性・安定性を確保、地方教育行政における責任の明確化、迅速な危機管理体制の構築、首長との連携強化、地域住民の意向を反映するなどを目的に設置されており、地域の学校教育・社会教育・文化・スポーツ等に関する事務を担当する機関として幅広い役割を担っています。
 中津川市は、平成27年4月1日に「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」が改正され、平成29年4月1日に新たな制度化における教育長が任命されたことから、新教育委員会制度へ移行しました。

▽新制度における主な改正点▽
〇教育委員長と教育長を一本化した「新教育長」の設置(当市H29.4.1~)
 教育行政の責任体制を明確化するため、教育委員長と教育長を一本化した新たな責任者として教育長が置かれることになりました。教育長及び教育委員は市長が議会の同意を得て任命します。教育長の任期は3年で教育委員の任期は4年です。(再任あり)
 平成30年4月1日現在、以下の教育長及び教育委員4名で構成されています。

氏名職名任期
本多 弘尚 教育長 H29.04.01~H32.03.31
小栗 仁志 教育委員(教育長職務代理者) H29.10.01~H31.03.31
田島 雅子 教育委員 H30.04.01~H34.03.31
林 由美 教育委員 H28.04.02~H32.03.31
三尾 和樹 教育委員 H29.04.01~H33.03.31


〇教育長へのチェック機能の強化と会議の透明化(当市H29.4.1~)
 教育委員定員数の1/3以上からの会議の招集請求、教育長が委任された事務の管理や執行状況の報告義務、会議の議事録の作成・公表(当市では以前から会議録を公表しています)などが規定されました。

教育委員会会議録の公開

〇「総合教育会議」を設置(すべての地方自治体H27.4.1~)
 市長と教育委員会が競技・調整する場として「総合教育会議」を儲け、「教育大綱」の作成、教育を行うための条件整備や児童・生徒の生命・身体の保護が必要な場合の対応などを協議する場で、当市ではこれまでに3回開催しました。会議の内容は当市ホームページに会議録を掲載しています。


〇教育に関する「大綱」を市長が策定(すべての地方自治体H27.4.1~)
 教育の目標や施策の根本的な方針を定める教育大綱を総合教育会議において協議・調整し市長が策定します。当市では、平成27年4月の総合教育会議において「中津川市教育大綱」を策定しました。
中津川市教育大綱

教育委員会の仕事

教育委員会が管理・執行する主な事務は次のとおりです。

  1. 公立学校その他の教育機関の設置、管理及び廃止に関すること
  2. 教育財産の管理に関すること
  3. 教育委員会及び学校その他の教育機関の職員の任免その他の人事に関すること
  4. 学齢児童及び生徒の就学や幼児、児童及び生徒の入学、転学及び退学に関すること
  5. 学校の組織編制、教育課程、学習指導、生徒指導及び職業指導に関すること
  6. 教科書その他の教材の取扱いに関すること
  7. 校舎その他の施設及び教具その他の設備の整備に関すること
  8. 学校給食に関すること
  9. 社会教育に関すること
  10. スポーツに関すること
  11. その他の教育に関する事務

 なお、教育に関する事務のうち、「社会教育に関すること・スポーツに関すること」]は市長部局が執行しています。

中津川市 教育の方針と重点

平成30年度_中津川市_教育の方針と重点(PDF)
平成29年度_中津川市_教育の方針と重点(PDF)

 

担当課・連絡先
教育企画課
電話番号:0573-66-1111(内線:企画係4214)、FAX:0573-65-3338