中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

中津川市の現状(生活習慣病)

(最終更新:2019年02月13日) 印刷印刷ページ


中津川市も全国と同様に、急速な人口の高齢化や生活習慣の変化により、がん(悪性新生物)、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が増加しています。また、その後、心疾患、脳血管疾患など重症化し死亡したり、生活機能が低下し、要介護者となってしまう人も増加しています。
生活習慣病は塩分の過剰摂取・過度の飲酒・喫煙・好ましくない生活習慣が原因で発症・重症化します。生活習慣病の発症・重症化を抑えるためには生活改善にしっかり取り組むことが重要です。

死亡状況

中津川市は高齢化に伴い、死亡者総数が増加しています。主要死因別でみる と、H25年までは第1位悪性新生物、第2位心疾患、第3位脳血管疾患と3大疾患が上位を占めていましたが、平成27年は老衰が第2位になり、心疾患、脳血管疾患死亡数を上回りました。

中津川市の死亡原因(PDF)

介護保険認定率の状況

中津川市の要介護(支援)認定者数は年々増加しています。40~64歳の2号被保険者における認定者数は平成25年までは増加傾向にありましたが、平成26年以降は減少しています。

中津川市の介護保険認定者数(PDF)

人工透析者の状況

中津川市の人工透析患者数は、平成24年から横ばいに推移していましたが、平成27年から増加しています。原因疾患をみると、糖尿病によるもの割合が増加傾向にあり、平成22年以降30%を超えています。また、性別では男性が女性の約2倍となっています。

中津川市の透析患者数(PDF)

中津川市の健康課題

 ・悪性新生物、心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病が死亡原因の半数を占めている。
 ・人工透析患者の原因疾患で、糖尿病によるものの割合が年々増加している。
 ・介護保険2号保険者が増加している。

 


担当課:健康医療課

担当課・連絡先
健康医療課
電話番号:0573-66-1111(内線:健康寿命対策室628・予防保健係623・健康支援係(母子)626・健康支援係(成人)627)