中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

ご利用にあたって(東美濃ふれあいセンター)

(最終更新:2016年04月05日) 印刷印刷ページ


受付場所

東美濃ふれあいセンター1階 事務室
〒509-9132 中津川市茄子川1683-797
電話 0573-68-8000 FAX 0573-68-8016


受付時間

開館時間内 午前9時00分から午後5時00分まで


受付日

  • 歌舞伎ホール、多目的アリーナでの全面使用規模の大会・公演等及びこれと併用する施設は、使用日の1年前の月の初日から使用日の1週間前まで
《例:使用日が平成23年5月5日 → 受付開始日は平成22年5月1日》
  • 歌舞伎ホール、多目的アリーナでの練習またはリハーサル、その他の施設は、使用日の3カ月前の月の初日から使用日の2日前まで(申請日時が使用日と近い場合、催物の内容によっては、対応できない場合がございます)


使用月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
受付月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月

  • 受付開始日の9時の時点で同一希望者が2以上あるときは抽選となります。それ以降は先着順に受付します。


開館時間

午前9時00分から午後9時30分まで
展示室:午前9時00分から午後4時00分まで


休館日

  • 毎週火曜日及び12月29日から翌年1月3日まで
  • その他、施設や設備の保守点検などのために臨時に休館することがあります。

使用時間及び期間

  • 次の区分ごとに使用時間が設定されています。}
区 分 午 前 午 後 夜 間 全 日
使用時間 9:00~12:00 13:00~17:00 18:00~21:30 9:00~21:30


  • 搬入搬出、準備、片付け、利用者の入退場などに要する時間も使用時間に含まれます。
  • センタ-の使用期間は、同一設備につき連続6日以内です。
  • 定期的に曜日または日時を指定して使用することはできません。
  • やむを得ない理由で、時間外の利用を希望される場合は、あらかじめ施設の「特例利用承認願」を提出して、許可を受けてください。


申込方法

  • ご来館のうえ、所定の「使用申請書」に必要事項を記入していただきます。
(申請時には申込内容がわかる資料等、また申請者が団体、企業の場合は会社概要、団体規約、パンフレット等を持参してください)
  • 違いを防ぐため、原則として電話および郵便等でのお申込みは受け付けいたしません。
  • 申込時には、具体的な内容をお伺いすることがありますので、内容のよくわかる方でご来館ください。(申請=許可とはなりませんので、ご注意ください)



使用の許可

  • 提出された申請書を審査したのち、「使用許可書」を郵送しますので、使用日には必ず許可書を施設スタッフに提示してください。
  • 会場名を入れたポスター、チラシ等を印刷される場合は、事前に協議していただき、使用許可がおりてから印刷、配布を開始(チケットの販売や整理券等の配布も同様)してください。
    また、催物内容のお問合せ先として必ず、主催者の連絡先を明記してください。


使用の変更、キャンセル

  • 使用についての内容変更、使用取り消しをする場合、歌舞伎ホール、多目的アリーナを大会・公演等で使用する場合は使用日の1週間前までに、その他の使用については前日までにその使用にかかる許可書を添付して、「使用許可変更・取消申出書」を提出してください。
  • 連絡等がなくキャンセルをされた場合は、施設使用料相当額をいただきます。


使用の制限

次の場合に該当すると認めるときは、施設の使用を制限させていただきます。
  • 公の秩序または善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき。
  • センター又は附属設備を汚損、損傷し、又は滅失するおそれがあると認めるとき。
  • センターの管理上支障があると認めるとき。
  • その他管理者が適当でないと認めるとき。


使用の取消し

次の場合に該当すると認めるときは、使用の許可を取り消し、または使用を中止していただく場合があります。
  • 使用者が、許可を受けた目的以外に使用したり、許可に付された条件に違反したとき、または使用の権利を譲渡や転貸したとき。
  • 使用者が、偽りその他不正な手段によって使用の許可を受けたとき。
  • 公益上または管理上特に必要があると認めたとき。
  • その他、条例及び規則に違反したとき。
  • 虚偽、悪質な対応等があった場合は、以後の利用もお断りすることがあります。


お願い

ご使用の前に

1.使用内容の確認
  • 歌舞伎ホール、多目的アリーナでの公演、大会等及びこれと併用する施設での催し物は、2週間前までに使用内容について担当職員と打合せを行っていただきますが、打合せには内容のわかる方がお越しください。その他の施設の使用内容については、申込み時に確認させていただきます。
※歌舞伎ホールで舞台機構(花道など)を使用する場合は1ヶ月前までに打合をしてください。
  • 入館時間については、事前に施設スタッフと打合せのうえ、主催者が責任をもって参加者に徹底してください。
  • 特に、多目的アリーナでは、複数の利用(部分使用)となる場合もありますので、お互いに協力し合ってご利用ください。
  • 打合せ及び確認時には、催し物のプログラム、進行スケジュール等を提出してください。
  • 会場責任者のほか、舞台等を使用される場合は、舞台進行責任者を置いてください。
  • 会場に設置する看板、ポスター等は、事前に協議して許可を受けてください。
  • 持ち込まれる大道具等は、防煙加工済みの材料を使用して製作してください。
  • 催し物でポスターやチラシ、入場券等を作成する場合には、責任の所在を明らかにするため、発行前に施設へご提出いただくとともに、お問合せ先および使用の許可を受けた方を主催者として明記してください。
    新聞やテレビ、ラジオ等の宣伝においても同様にしてください。
  • ポスターは、事前にご持参いただければ、調整のうえ掲示いたします。


2.事前打合せについて
打合せには、特に次の事項を確認してからごお越しください。
* 催し物のスケジュールについて(入館から退館まで)
* 催し物名等の看板・案内等の張り紙について
* 施設内および屋外の利用形態(レイアウト)について
* 使用付属設備、電源使用、持込器具等の種類や容量について
* 催し物のチラシ等の内容について(印刷前に事前に提出してください)
* 駐車予想台数、駐車場の確保について(場合によっては、駐車場の借用、係員の設置をしていただきます。
  • 当日配布されるプログラム等がありましたら、打合せの際、内容把握のために2部ご提出ください。


3.係機関への届出
  • 利用される内容によっては、次の関係機関などへの届出が必要になることがありますので事前にお確かめのうえ、必要な手続きをしてください。(必要な手続きが整っていない場合は、使用許可を取消いたします。)
* 火気、熱源の使用関係・・・中津川市西消防署 (0573)68-5119
* 音楽著作権関係・・・社団法人日本音楽著作権協会中部支部 (052)583-7590
* 大規模な集会関係・・・中津川警察署 (0573)66-0110
* 飲食物の持込加工、販売関係・・・恵那保健所 (0573)26-1111


4.駐車場(第3・第4)
  • 当センターに付属していますのは、第3駐車場(約90台)および第4駐車場(約180台)です。その他に駐車場を必要とする場合や、大規模イベント・大会時の駐車場利用については、センターの他の利用者や中津川公園全体の利用状況により調整が必要となりますので、事前打合せ時に協議を行います。(駐車場には鍵リアありますので、乗り合わせをしていただくなど、ご協力をお願いいたします。)
  • 障害者の方の専用駐車スペースは、第3駐車場に3台、第4駐車場に4台あります。
  • 機材の搬入等のため駐車場を使用される場合や留め置き、時間外搬入は、あらかじめご連絡ください。
  • センター南側第3駐車場のロータリー部分(駐車厳禁)は、定期路線バス発着のためのものですから、通行の妨げにならないよう配慮してください。また、建物周辺のタイル地部分、芝生部分については、車輌の乗り入れ、駐車を禁止とします。
公共交通機関についてはアクセスをご参照ください


5.舞台技術者の手配
  • センター常駐の舞台技術者は、あくまでも舞台管理(舞台機構の操作はセンター側が行います)のための要員です。
  • 次のケースの場合には舞台技術スタッフを主催者にて手配していただきます。(手配後は、事前にセンターの舞台技術者との打合せを行っていただきます。)
* 演出性、創造性がともなう場合
* 使用施設の機能や能力を超える機器等の持ち込みが必要な場合
* 所作台を使用する場合
* ピンスポット等のオペレーターが必要な場合


1.ご使用時に

1.使用責任者の方
  • 使用責任者は、当日に全体の統制や指示ができる方でお願いします。
  • 施設利用に際し、「使用許可書」を職員に提示してください。
  • 利用の際は、建物、設備、備品等について責任をもって管理してください。破損、汚損、滅失の場合は、弁償していただきます。
  • 使用する施設の秩序維持のため必要な整理員【場内保安係(歌舞伎ホールは100人当り1名、多目的アリーナは200人当り1名)、駐車場係など】を配し統率するとともに、当センターとの事務連絡及び、安全確保に努めてください。
  • 定員を超える入場は消防法で禁止されています。入場無料の催し物等の場合は、事前に来場者の把握を行うとともに、当日、入場者数を確認するなどして、定員(歌舞伎ホール604名・多目的アリーナ4,080名)を超えることがないようご注意願います。
  • 施設の使用が終わったときは、すみやかに事務所へ「使用報告書」を提出してください。


2.使用許可時間の厳守
  • 使用時間には、準備や観客等の入退場、後片付けなどに要する全ての時間を含みますので、申し込まれた区分の使用時間内に終了するようにしてください。
  • やむを得ない理由で、時間外の利用を希望される場合は、あらかじめ施設の「特例利用承認願」を提出して、許可を受けてください。
  • 万一、事故等、不測の事由により時間内に終了できなくなる場合には、すみやかに事務室へ連絡してください。


3.非常の場合
  • 非常事態が発生した場合は、観客や関係者の誘導等、必ず施設スタッフの指示に従ってください。また、ご使用の前には、館内の非常口、避難方法等を必ずご確認ください。


4.使用施設の管理
  • センター内では施設スタッフの指示に従ってください。
  • 使用許可を受けた施設、設備以外の使用はしないでください。
  • 使用時間中に施設を不在にする場合は、施設スタッフに連絡してください。
  • 設備、備品等の施設外への持ち出しは禁止です。
  • 物品の展示、販売、募金・署名活動等を行う場合は、事前に許可を得てください。
  • 公告類の提示または配布物の設置を行う場合は、事前に許可を得てください。
  • 歌舞伎ホール客席、多目的アリーナ内での飲食は禁止します。喫煙は所定喫煙所にてお願いいたします。その他、アリーナ上下足の履きかえなど使用にともなう諸注意をスタッフ、来場者に周知、徹底してください。
  • 非常口や消火設備付近には、物を置かないでください。
  • 他人に迷惑をかけたり、危害を加えるおそれのある物品やペット等の持ち込みは禁止いたします。
  • 施設内及び駐車場内でのトラブル、事故等に関して、当センターでは一切責任を負いません。
  • 施設の管理上、使用中の施設に立入りをさせていただく場合があります。


2.ご使用の後に

1.使用後の確認
  • 施設の使用後は、使用した備品等を元の場所に戻し、整理整頓、清掃を行って、使用する前の状態にしてください。ゴミは主催者の責任において分別し、お持ち帰りをお願いします。(お弁当など発注される場合は、あらかじめゴミの引取りを条件にするなど、ゴミの低減にもご協力ください)
  • 施設や備品等を汚したり、傷つけたりした場合は、すみやかに施設スタッフまたは、事務室に報告をしてください。状況によっては、修繕または弁償していただきます。
  • 施設の使用が終わったときは、すみやかに施設スタッフ、事務室に報告して確認を受け、「使用報告書」を提出してください。


【問合先】

東美濃ふれあいセンター
電話番号:0573-68-8000 ,FAX番号:0573-68-8016
担当課・連絡先
生涯学習スポーツ課
電話番号:0573-66-1111(内線:スポーツ推進係4302・生涯学習係4312)