中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

市有財産(施設)運用管理マスタープラン(平成25年度策定)

(最終更新:2020年04月06日) 印刷印刷ページ

市有財産(施設)運用管理マスタープラン(平成25年度策定)

公共施設の再編・充実による維持管理費の削減を目的とした「市有財産(施設)運用管理マスタープラン」を策定しました。
平成26年度から、施設ごとの管理実施計画を策定し、市有施設の再編を推進していきます。

 市有財産(施設)運用管理マスタープランの概要(PDF)

  • 計画期間 平成26年度から平成45年度までの今後20年間
  • 現在の年間維持管理費31億円を、平成32年度には6億円削減することを目標とします。
  • 行政財産のうち「建物」に絞った見直し計画であり、対象となる市有施設は市域全体で659施設、建物棟数は1,742棟です。
  • 市有施設見直し方針と選定手順に基づき、各施設の再編方針を示します。
  • この計画は、総務省から要請されている「公共施設等総合管理計画」に先駆けて取り組んだものであり、整合性を持たせたものです。

 

基本計画書

策定の経過

  • パブリックコメント 平成25年6月28日から11月30日にかけて実施。[H25.6.27定例記者会見の公表項目]9件の意見が寄せられた。
  • 地域説明会 平成25年7月23日から10月22日まで市内13地域において開催。参加者は区長会ほか地域の代表者など、延べ332名が参加。
  • 個別説明会 福祉施設ほか文化スポーツ施設など39施設について開催。施設利用者ほか関係団体など、延べ103名が参加。
  • 地域説明会、個別説明会などからの意見と、施設に関する制度の見直しを行い、再編方針を一部変更した。

今後の取組み

  • 平成26年度に、施設ごとの管理実施計画に着手します。
  • 5年ごとに実施内容について検証を行い、実施計画を見直します。
  • 取り組みについては、取り組み状況をとりまとめ毎年度公表します。

これまでの取組み

 

市有財産(施設)運用管理マスタープラン実施計画

 公共施設の再編・充実による維持管理費の削減を目的とした「市有財産(施設)運用管理マスタープラン」を着実に進めていくための実施計画を策定しました。実施計画に沿って施設の再編を進めていきます。

 

市有財産(施設)運用管理マスタープランへの取り組み状況

過去の取り組み状況

担当課・連絡先
資産経営課
電話番号:0573-66-1111(内線 資産経営係464,契約管財係462)