中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

風疹抗体検査の助成について(岐阜県)

(最終更新:2018年11月30日) 印刷印刷ページ

妊婦さんが風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風しん症候群(※)」という病気にかかってしまうことがあります。「先天性風しん症候群」の発生を予防するために、妊娠をする前に周囲の方も含め風しんの抗体が十分あるか確認をしておきましょう。

風しんとは(厚生労働省)  
※「先天性風疹症候群」とは:妊婦さんが風しんにかかると(特に妊娠初期に)、生まれてくる赤ちゃんに、耳が聞こえにくい、目が見えにくい、生まれつき心臓に病気がある、発達がゆっくりしているなどの症状があらわれることがあります。

◎岐阜県では、無料風しん抗体検査を実施しています。これまでの対象者に加え、平成30年12月1日~平成31年3月31日までは、対象者を拡大し、30歳~60歳未満の男性も対象となります。詳しくは、岐阜県のホームページをご覧ください。

≪これまでの対象者≫

対象者 県内(岐阜市を除く※)に住所があり、次のAまたはBにあたる方  

A 妊娠を希望している女性

    B 妊婦の夫又は同居者   

    ただし、次の方は除きます。  

    (1)今までに、風しんにかかったことがある  
    (2)今までに、風しんワクチンを接種したことがある    
    (3)風しん抗体検査を受けたことがある    

   ・対象、検査ができる医療機関、検査方法、申し込みなどの詳細は、岐阜県のホームページをご覧ください。 

   ・検査ができる医療機関(中津川市、恵那市内の医療機関で検査できます。詳しくは岐阜県のホームページでご確認ください)

   ・検査の結果「抗体価が低い」ことが分かった場合は、風しんワクチン(または麻しん風しんワクチン)の接種をお勧めします。接種費用は、自己負担になります。  


担当課:健康医療課

担当課・連絡先
健康医療課
電話番号:0573-66-1111(内線:健康寿命対策室622・予防保健係623・健康支援係(母子)626・健康支援係(成人)639)