中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

企業版ふるさと納税

(最終更新:2017年07月28日) 印刷印刷ページ

企業版ふるさと納税にご協力をお願いします
~企業版ふるさと納税で中津川市を元気に~


20170125-1.jpg

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の特徴

  • 中津川市が実施する地域活性化事業に対し寄附をした企業に、税額控除の措置!
  • 企業の寄附に係る税負担の軽減効果が従来の2倍になり、実質的な企業負担は約4割に!
  • 寄附額の下限は10万円からとし、少額寄附にも対応!

※中津川市に本社が所在する企業が中津川市への寄附を行う場合、対象となりません。 20161028-2.png

詳しくは、こちらをご覧ください。


事務の流れ

① 中津川市は、地域活性化事業を企画し、企業から寄附の内諾をいただきます。
② 企業から寄附の内諾をいただいた事業について、市は国に対し企業版ふるさと納税に該当するよう認定を申請します。
③ 国の認定を受けた後、事業を実施し、事業費を確定させます。
④ 市は、企業に対し寄附の払い込みを要請します。
⑤ 企業は、寄付金を支払います。
地域貢献や企業のイメージアップも期待できます。
ぜひご検討ください。


平成28年度 中津川市が「企業版ふるさと納税」を活用して実施している事業

すご技中津川プロジェクト事業

すご技
中津川市には、全国に誇る技術を持った製造業や木工に携わる職人が多くいます。
この事業では、企業の「すご技」を小中学生の学習カリキュラムに組み込み、「本物を見る」「営みを聞く」体験型の学習を実施します。
子供時代に「すご技」体験を通じて地元に対する愛着を育て、将来の進路選択時に地元産業への就職を視野に入れる基盤づくりを行います。
地元企業の素晴らしい技術力を認識することで、就職時に地元企業を選択する若者が増え、地域産業の活力を維持します。


外国人観光促進事業

外国人観光促進
中津川市には、中山道馬籠宿をはじめ苗木城跡や付知峡など多くの観光スポットがあり、近年では外国人観光客、特に旅のスタイルにこだわりを持った個人旅行者(バックパッカー)が増えています。
最近の城ブームに伴い、外国人観光客の中でも苗木城跡の人気が上がってきており、訪れる外国人が増加しています。
この事業では、徒歩で苗木城跡に向かう外国人観光客を安全に誘導するため、外国語に対応した看板を中津川駅からの経路沿いに設置します。


平成29年度の企業版ふるさと納税を活用した事業を検討しています。
担当課:政策推進課内線309

担当課・連絡先
政策推進課
電話番号:0573-66-1111(内線307・308)