中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

コミバス遅延情報をグーグルマップでお知らせします

(最終更新:2019年01月16日) 印刷印刷ページ

2018年11月30日より、坂下地区を走るコミュニティバスにおいて、バスの到着時間の遅れを反映したバスの運行情報をグーグルマップの経路検索サービス(GTFSリアルタイム)でお知らせができるようになりました。
GTFSリアルタイムに対応するのは、中部地方では初の取り組みです。

内容

  • 中津川市コミュニティバスがグーグルマップの経路検索サービスに対応し、目的地までの所要時間やルート、運賃といったバス情報をお知らせすることができるようになりました。(2018年5月から公開)
  • さらに、中津川市が整備した「標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)」データと、坂下地区を走るコミュニティバスから発信されるバス位置(緯度経度)などをもとに、バスの遅れを反映した運行時刻をグーグルマップの経路検索サービス(GTFSリアルタイム)で案内します。(坂下地区コミュニティバスのみ対応)
  • GTFSリアルタイムによって最新の公共交通情報の提供を行うことができるため、利用者の利便性向上につながるものと期待されます。
  • グーグルマップでの表示例:坂下総合事務所~坂下駅(検索する時間帯によってはバスが表示されない場合もありますので、時間など検索条件を変えてご覧ください)

仕組み

teiju_20181116_GTFS-Realtime.jpg

標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)

  • 2017年3月に国土交通省が定めた形式で、バス停の位置情報、時刻表、ルート、運賃などのバス情報を一つにまとめたデータ。
  • 中津川市では、市内を走る北恵那バスと中津川市コミュニティバスのGTFS-JPデータを整備しました。

GTFSリアルタイム

  • 標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)の情報と、車両から送られるバス位置(緯度経度)を組み合わせ、到着予定時刻などの最新情報を提供する仕組み。
  • 坂下病院のデジタルサイネージでも活用しています。

導入の経緯

技術協力

担当課・連絡先
定住推進課
電話番号:0573-66-1111(内線324・328・329)