中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

令和元年度市民国際交流事業「中学生タイ研修」

(最終更新:2020年01月28日) 印刷印刷ページ

~令和元年度「中学生タイ研修」概要~

  • 派遣期間 : 令和元年8月7日(水)~12日(月)6日間
  • 派遣先 : タイ王国(ウドンターニ県ペン郡)
  • 派遣人数 : 中学生24名 スタッフ14名 計38名
  • 研修内容 : ホームステイ、現地学校での住民・学生との交流、異文化体験研修など
  • 訪問先学校 : バーン・ナー・ナーシュム学校(幼稚園:68名、小学生156名、中学生62名、教員21名)

事業内容

国内研修会

  • 海外の研修だけでなく、国内で行う事前・事後研修にも重点をおいて研修を行いました。研修の内容はスタッフ(市民ボランティア)が打ち合わせを行い、どうしたら中学生たちが早く研修に馴染むことが出来るか考えながら内容を決めています。全6回の研修を通して団結力を高め、現地研修に出発します。

現地研修

  • ホームステイ・・・中学生2人1組が現地中学生のいる家庭で生活をともにし、異文化生活を体験しました。
  • 食文化交流・・・日本の料理(カレーライス、鶏ちゃん、漬け物)を調理し、タイの方に振る舞いました。タイの方からも多くのタイ料理を作っていただき、みんなで料理をおいしく食べながら交流を深めました。
  • 踊り交流・・・国内研修で練習した「恋するフォーチュンクッキー」をタイの皆さんと一緒に楽しく踊りました。
  • 托鉢体験・・・仏教の国タイではお坊さんは特別な存在であり、お坊さんへのご飯やお菓子などのお供え体験をしました。
  • 記念事業・・・タイの学生と一緒に、学校内にある東屋の柱にペンキ塗りと手形を取りました。
  • スポーツ交流・・・タイの学生と混合でチームを作り、目隠し缶蹴り、リレー、二人三脚あめ食い競争を行いました。身振り手振りでルールを伝え、一緒にスポーツを楽しみました。

研修報告会

  • 当初8月28日に開催を予定していた報告会は台風の接近により9月11日に日程を変更して行われました。テーマにそって現地で感じたこと、成長したことを発表しました。現地研修前より堂々と話す姿が見られました。

『中学生タイ研修』報告書

中津川市市民国際交流事業は、全ての研修が終了した後に、研修の内容をまとめた報告書を作成しています。 研修の日程や現地での様子、研修を終えた中学生の感想などをまとめたものです。

R1タイ研修-1(PDF)

R1タイ研修-2(PDF)

R1タイ研修-3(PDF)

担当課・連絡先
生涯学習スポーツ課
電話番号:0573-66-1111(内線:スポーツ推進係4305・生涯学習係4308)