トップページ > 報道発表資料

報道発表資料

【福岡中】中津商業高校の生徒が出前講座を開催

福岡中学校の2年生の生徒が、岐阜県立中津商業高校の生徒が行う簿記についての講座を受講します。
■日時

 平成29年1月20日(金)14時55分~15時45分
■場所

 福岡中学校 2年生教室 (中津川市福岡1-8)
■活動者

 2年生生徒 (男子31人、女子27人、合計58人)
■活動内容

  出前講座内容
   ・中津商業高校ビジネス科3年生10名が来校します。
   ・中津商業高校で学習する「簿記」とは一体、どのようなものか、高校生の説明を聞きます。
   ・キャリア教育の一環として行います。
■その他

 学校長 :嶋倉 伸蔵 (しまくら しんぞう)
 全校生徒:192名(平成29年1月1日現在)

■報道発表資料はこちら(PDF)

 福岡中「中津商業出前講座」.pdf

■お問合せ

 中津川市立福岡中学校

 電話 72-2006

【田瀬小】第31回「手オリンピック」を行います

 今年度で31 回目となる「手オリンピック」です。種目は大きく「刃物種目」と「指先種目」に分かれます。全学年共通のものもあれば、低・高学年に分かれたものもあります。児童の手が「器用な手」「役立つ手」になることを願って行う行事です。

 

■日時

  平成29年1月17日(火) 9時30分~12時05分
■場所

 田瀬小学校各教室および1・2階ワークスペース (中津川市田瀬14番地)
■活動者

 児 童:1~6年生 51人
 来場者:約17人(PTA母親委員7人〔審査協力〕、参観保護者10人ほど)
 職 員:14人
■活動内容

  9:30 開会式(含:めあて確認・競技に関する諸注意)
  9:55 競技開始
   ・低学年;大根切り→鉛筆削り→豆つまみ→リボン結び
   ・高学年;豆つまみ→運針→りんごの皮むき→鉛筆削り
  11:50 閉会式(含:結果発表・振り返りの感想)
 ※手オリンピックは、「児童が将来『人の為に働きたい!』と思った時、自分の手が「器用な手」として役立つ状態になっていること」を願った意図的・計画的・継続的な「教育活動」です。手先を器用にするための計画は6年計画。その中で競技となり得る内容を種目にして「成果発表の一つの場」とするのが「手オリンピック」です。種目は大きく「刃物種目」と「指先種目」に分かれます。全学年共通のものもあれば、低・高学年に分かれたものもあります。こうして、田瀬小卒業生は、全員が「役立つ手」を携えて中学校に進んでいきます。

 
■その他

 学校長 :林 義成(はやし よしなり)
 全校児童:51人

 

■報道発表資料はこちら(PDF)

 田瀬小「手オリンピック」.pdf

■お問合せ

 中津川市立田瀬小学校

 電話:0573-72-3009

平成28年度第3回中津川市公共交通会議を開催します

 市では、市内公共交通網のあり方を示す計画「永続する公共交通網を目指して(中津川市地域公共交通総合連携計画)」に基づき、コミュニティバスを運行しています。
 今回、コミュニティバス路線の改編などを審議するため、中津川市公共交通会議を開催します。

 

■日時
 平成29年1月17日(火曜日) 10時30分から

 
■場所
 中津川市にぎわいプラザ 地下1階B-1 ホール
 (中津川市栄町1番1号 中津川駅前)

 

■審議事項
 ○中津川市コミュニティバスについて
  ・路線不定期運行の区域運行化
  ・落合地区コミュニティバス 路線の改編、バス停の変更
  ・蛭川地区コミュニティバス 路線の改編、バス停の変更
 ○地域公共交通確保維持改善事業 事業評価について

 
■会議の傍聴について
 当日10時より、にぎわいプラザ地下1階において受付します。
 傍聴を希望される方は、会議開始前までに会場へ直接お越しください。

 

■報道発表資料はこちら(PDF)

 公共交通会議.pdf

■お問合せ

 定住推進部 定住推進課

 電話:0573-66-1111(内線329)

全日本卓球選手権大会 出場

中京学院大学の選手が天皇杯・皇后杯 平成28年度全日本卓球選手権大会に出場されますので激励会を開催します。

 

■日時

  平成29年1月12日(木) 17時00分~17時30分
■場所

 中津川市役所 中2階 市民ホール 激励 副市長
■出場者及び大会概要
 一般の部 男子シングルス
   箕面崎慎治(みのさきしんじ)
     中京学院大学 3年(愛知県 杜若高校出身)
     出場経緯:岐阜県予選 男子シングルス準優勝(10月)
 一般の部 女子シングルス  
   青木智美(あおきともみ)
     中京学院大学 4年(山形県 鶴岡東高校出身)
     出場経緯:岐阜県予選 女子シングルス準優勝(10月)

 
  期日:平成29年1月16日(月)~22日(日)
  場所:東京体育館(東京都渋谷区)
  備考:・箕面崎選手、青木選手は10月に行われたインカレに続いての全国大会出場
     ・岐阜県からは県予選上位2人が全国大会出場
     ・全国大会には、水谷隼選手や石川佳純選手なども出場(シングルスには、男子242人・女子229人が出場)

 

■報道発表記事はこちら(PDF)

 全日本卓球選手権大会出場.pdf

■お問合せ 

 文化スポーツ部生涯学習スポーツ課

 電話:0573-66-1111(内線4307)

 

市経済の健全な発展と市民生活の安定及び向上、定住の促進を図るための条例、「中津川市中小企業・小規模企業振興条例(案)」を作成したので、下記の要領にて広く市民のみなさまのご意見(パブリックコメント)を募集します。

 
■募集期間
 平成29年1月10日(火)~平成29年1月30日(月)

 
■条例内容
  中津川市では、市産業の根幹を支える小規模企業をはじめとする中小企業の役割と重要性を考慮し、

 中小企業の成長に向けた意欲的な取り組みや小規模企業の持続的な発展に向けた取り組みを、

 市民のみなさまをはじめ関係機関と連携して支援していくための条例です。

 
■閲覧方法
 商工観光部商業振興課(土日祝祭日を除く8時30分から17時15分)
 中津川市ホームページ

 

■意見を提出できる方
 市内在住・在勤・在学の方、市内に事務所を有する法人その他団体

 

■意見の提出方法
 意見様式に、次の事項を記入のうえ提出
  ①ご意見
  ②氏名(法人・団体の場合は名称と代表者名)
  ③住所
  ④在外在住の場合は、通勤・通学先の住所と名称

 

■提出方法
 郵送 〒508-0032 中津川市栄町1-1 中津川市役所商工観光部商業振興課 宛
 直接提出 商業振興課(平日8:30~17:15 の窓口業務時間内に受付)
 ファクス (0573)65-3367
 電子メール 商業振興課メアド.jpg

      ※迷惑メール対策のため画像で表示しています。

 

■留意事項
 ご意見に対する個別の回答、電話での口頭による意見の受付は行いません。
 ご意見は内容のみを公表し、氏名などを公表することはありません。

 

■報道発表資料はこちら(PDF)

 中小企業・小規模企業振興条例パブリックコメント.pdf

■お問合せ

 商工観光部 商業振興課

 電話:0573-66-1111(内線4266)

中京学院大学の学生が選挙事務を体験します

中京学院大学の学生9人が「岐阜県知事選挙」の期日前投票事務を体験し、その内1人が期日前投票の投票立会人も体験します。

 

■期間

 ○投票事務体験...平成29 年1月13 日(金)~平成29 年1月28 日(土) 8時30 分~20 時
       ※ただし、学生の都合により体験のない時間帯があります。
 ○投票立会人体験...1 月13 日(金) 14 時15 分~20 時
          1 月15 日(日) 8時30 分~14 時15 分

 
■場所

 中津川市役所 本庁舎 4階 期日前投票所

 
■体験者

  ○投票事務体験...中京学院大学学生 9人 (男性2人、女性7人で19 歳2人、22 歳7人)
  ○投票立会人体験...中京学院大学学生 1人 (女性1人で19 歳)

 
■内容

 ○投票事務体験
   期間中に交替で1人~2人が期日前投票における受付事務と投票者の集計作業を行う。
 ○投票立会人体験 
   一般の方と2人により期日前投票が公正に行われるよう立ち会う。

 
■目的

  大学と連携した若者による選挙啓発と学生の体験型学習

 
■参考

 ・中京学院大学とは、平成25 年1 月に行われた岐阜県知事選挙の期日前投票事務から連携しており、

  今回で6回目となります。(過去42 人の学生が投票事務を体験されました。)
 ・昨年7 月に行われた参議院議員通常選挙では、岐阜県内抽出による投票率をみると29 歳以下が41.48%で

  30 歳以上が60.30%となっています。

 

■報道発表資料はこちら(PDF)

 中京学院大学期日前投票事務体験.pdf

■お問合せ

 中津川市選挙管理委員会

 電話:0573-66-1111(内線445)

平成28年消防統計がまとまりました

平成28 年の火災、救急、救助の活動状況を整理した「平成28 年消防統計」がまとまりましたので公表します。


概 略
■ 火災
 ・発生件数=31 件 (前年比 3 件増)
 ・損 害 額=38,538 千円(前年比 29,485 千円増)
 ・死者=4 名、負傷者=4 名
  火災種別は、建物火災14 件(前年比 増減なし)、車両火災4 件(前年比 増減なし)、
 林野火災4 件(前年比3 件増)、その他火災9 件(前年比 増減なし)です。
 主な出火原因は、枯草焼き・たき火8 件、電機機器・配線器具4 件などです。

 

■ 救急
 ・出場件数=3,102 件 (前年比 71 件減)
 ・搬送人員=2,899 人 (前年比 76 人減)
   事故種別では急病が全体の61.3%を占めています。
  応急手当講習の普及活動は、指導回数316 回、受講者数8,387 人です。

 

■ 救助
 ・出場件数=60 件 (前年比 1 件増)
 ・活動件数=24 件 (前年比 6 件増)
 ・救助人員=34 人 (前年比 16 人増)
   種別では交通事故によるものが45 件で75%を占めています。

 

 詳細については別紙(PDF)をご覧ください。
 速報値であるため、消防年報とは異なる場合があります。

 

■報道発表資料はこちら(PDF)

 平成28年消防統計.pdf

■お問合せ

 中津川市消防本部 予防課

 電話:0573-66-1619(直通)

阿木中学校の伝統行事として、平成11年より毎年行っている新年の行事であり、今回が19回目の実施となります。書き初めは、意義や心構えを理解し、筆使い、字形の整え方に気をつけ、新年を祝う言葉や新年の決意を力強く書きます。百人一首大会は日本の伝統的な行事に触れることで、我が国の文化に興味・関心を持ち、我が国に対する愛着心を養います。

 
■日時

 平成29年1月10日(火曜日)10時00分~12時20分
■場所

  阿木中学校 各教室 (中津川市阿木6006番地)
■活動者

 全校生徒59人
■活動内容

 10時00分~10時40分 書き初め
 10時40分~ 書き初め片付け と 競技百人一首の準備
 11時10分~12時20分 競技百人一首大会
 ○書き初め
   ・各自3枚書き、清書1枚を提出する。(毛筆学習として、冬休み課題練習)
   ・全校生徒の作品を校内に掲示し、職員が審査する。
 ○競技百人一首
   ・競技かるたのルールに沿い、各学級でペアになって競技をする。
   ・全2回実施する。(各回30分間)
   ・1年生は事前にルール学習、練習した。(12/8 講師 勝 久美子先生より)
■その他

 ○ねらい
  書き初め
   日本の伝統でもある「書き初め」を毛筆活用の場として行うことで、書き初めの意義を理解するとともに、

   新しい年に対して目的をもって生活できる一人一人及び学級になることをめざす。
  百人一首
   日本の伝統文化に触れることで、我が国と郷土を愛する心を養うとともに、伝統的な言語文化に親しむ一助とする。

 

 学校長 :増倉 成径(ますくら しげみち)
 全校生徒:59人

 

■報道発表資料はこちら(PDF)

 阿木中「書き初め・百人一首」.pdf

■お問合せ

 中津川市立阿木中学校

 電話:0573-63-2024

「ふるさと祭り東京2017」で中津川市の魅力を発信

2027 年のリニア中央新幹線開業を見据え、首都圏における中津川市の特産品・観光PRを目的に「ふるさと祭り東京2017」に出展します。
1.催事名称
  ふるさと祭り東京2017 ~日本のまつり・故郷の味~
2.開催期間及び会場
  会期 平成29 年1 月7 日(土)~15 日(日)開場10:00
  会場 東京ドーム(東京都文京区後楽1-3)
  主催 ふるさと祭り東京実行委員会(フジテレビジョン、文化放送、東京ドーム)
  入場者見込数 40 万人
3.参加趣旨
  2027 年開業予定のリニア中央新幹線による首都圏とのつながり、交流の活性化を見据え、全国的に有名な「栗きんとん」を

  はじめとする和菓子やあじめコショウなど中津川を代表する市の特産品の販売、観光PRを通して中津川市の魅力を広める

  ことを目的とする。
4.出展名称
  岐阜県中津川市 ブース№A-02(間口約4m 奥行約2.5m)
5. 出展者
  平成29 年1 月7 日~10 日 ちこり村/ゆうらく館㈱
  平成29 年1 月11 日~15 日 ㈲恵那福堂/㈲カネマス福丸屋
6.主な販売商品
  栗きんとん、きんつば等の和菓子、ちこり関連商品、加子母トマト関連商品
  あじめコショウ関連商品など。
7.昨年度実績
  公式入場者数 429,790 人 中津川ブース 売上総額 1,847,336 円

■報道発表資料はこちら(PDF)

  ふるさと祭り東京.pdf

■お問合せ

  中津川市 商工観光部 商業振興課

  電話:0573-66-1111(内線4267)

『愛すべき天才画家 村上肥出夫展』を開催します

 熊谷榧つけちギャラリーにて、企画展『愛すべき天才画家 村上肥出夫展』 を開催いたします。

 
■期間

 平成29年1月6日(金)~3月26日(日)
 毎週金・土・日 9時30分から17時まで(入館受付16時30分)
 *ただし、1月9日(月)成人の日、3月20日(月)春分の日は、開館
■会場

 熊谷榧つけちギャラリー(中津川市付知町4956-52)
■展示

  油絵 少女、秋葉原など10点余
■内容

  村上肥出夫は、昭和8年土岐市肥田町に生まれる。父が警察官であったため転校が多く、定年を機に養老町に移り住む。ゴッホに憧れ独学で絵を学ぶ。20 歳で画家を志して上京。28 歳の時に彫刻家本郷新の紹介で、兜屋画廊西川氏を紹介され、
氏のもとで絵画の勉強に励み、29 歳で第6 回安井賞候補新人展の最終選考に残り頭角を現わす。38 歳の時、川端康成氏に『構図の整理など多少のわがままは見えるにしても豊烈哀号の心情を切々と訴えて人の胸に通う』と評される。46 歳の時に東京を離れ、下呂市萩原町にアトリエを構える。その後は、各地で個展を開催し作品を発表するが、現在は体調を崩し療養中である。今回の展覧会は、長年の友人で、群馬県在住の詩人池田章氏の熱い思いによって療養先から近い中津川市付知町にて開催する友情のプレゼントである。
■主催  中津川市、中津川市教育委員会
 共催  池田章(詩人:群馬県在住)、株式会社兜屋画廊
 後援  岐阜新聞、ぎふチャン
■詳細なお問い合わせ

 開館日 毎週金・土・日
 〒508-0351 岐阜県中津川市付知町4956-52
 (アートピア付知工芸プラザ内)
 熊谷榧つけちギャラリー 館長 三尾秀和
 TEL:0573-82-4911 E メール:gallery@kaya-kumagai.jp

■報道発表資料はこちら(PDF)

 村上肥出夫展.pdf

■お問合せ

 文化スポーツ部 文化振興課

 電話:0573-66-1111(内線4316)