中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

報道発表資料

 2年生が総合的な学習の時間に「防災学習」を行います。講師として、阿寺断層への造詣の深い東濃地震科学研究所の木股文昭氏をお招きして講義をしていただきます。

■日時 平成30年5月22日(火曜日) 13時50分~15時40分
■場所 中津川市立坂下中学校(中津川市坂下1500番地1)

■活動者
 2年生生徒 53人
 学級担任 藤森真帆 千早冴子

■活動内容
 13:50~木股文昭氏による阿寺断層と防災に関する講義
 15:30~質疑応答

■その他
・坂下地区には全国的にも有名な活断層「阿寺断層」があり、近年、直下型地震発生の危険性が取り沙汰されています。生徒達が活断層に関する正しい知識を身に付け、日常的な防災意識を高くもてるようにすることをねらいとしています。

・ 講師について
 木股文昭(きまた ふみあき)
 元名古屋大学大学院環境学研究科附属地震火山・防災研究センター教授
 現東濃地震科学研究所副主席主任研究員
 『三連動地震迫る-東海・東南海・南海』(2011年中日新聞社)等、著書多数。
 古くは阿寺断層の測量調査の際に本校生徒が参加するなど、坂下地区とのつながりが深い。

 ・ 学校長:岩島 哲也(いわしま てつや)
 ・ 全校生徒:149人

■報道発表資料はこちら(PDF)
 坂下中「防災学習」
■問い合わせ
 中津川市立坂下中学校
 電話:0573-75-2164

 平成30年8月から施工を着手する(仮称)新衛生センターの安全祈願祭を5月22日に建設地の福岡地区山ノ田で行います。

【安全祈願祭】
■日時 平成30年5月22日(火) 10時00分から
■場所 新衛生センター建設地(中津川市福岡3546-2)福岡クリーンセンター東側

■概要
 9:30~受付
 10:00 神事
     あいさつ

■出席者
 市議会議員、福岡地区環境保全委員会、地元関係者、地権者、施工業者など(来賓30余人に案内)

■主催
 請負業者 日立造船株式会社 中部支社

■事業概要
・事 業 名 (仮称)新衛生センター建設工事
・事業年度 平成29年度~平成31年度(11月末竣工 12月供用開始予定)
・事 業 費 約2,400,000千円 (建設費 1,922,400千円)
・施設規模 計画処理量65kℓ/日
・処理方法 水処理:浄化槽汚泥対応型(膜分離)脱窒素方式
      資源化:リン回収(環境省:循環型社会形成推進交付金対象)

■経緯など

事業時期

事業内容

平成27年度

用地取得

平成28年7月 ~ 平成29年3月

造成・仮設協設置工事

平成28年12月 ~ 平成29年12月

橋梁設置工事

平成30年1月 ~ 平成30年 3月

進入路改良工事


・現在、中津川市において発生するし尿及び浄化槽汚泥・農集排汚泥は中津川市衛生センター及び中津川市恵北衛生センターの2 箇所のし尿処理施設において適正に処理しています。しかし、特に中津川市衛生センターは設備の老朽化が深刻な状況であり、かつ市有施設の再編と効率的な運営が求められていることから、施設を1 箇所に集約し、収集運搬の一元化及び施設規模の最適化を図るため新施設を整備します。
 なお、本施設の建設にあたっては、公共用水域の水質の保全を図ると共に近隣地域における生活環境へ悪影響を及ぼさないよう、関係諸法規の基準を十分遵守するとともに、建設場所の立地条件をふまえ、高性能、かつ最新鋭の機能を備えた地域融和性の高い施設とします。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 新衛生センター安全祈願祭
■問い合わせ
 生活環境部 衛生センター
 電話:0573-66-1209

 神坂小学校で、元神坂小三味線講師の演奏家らが来校して、演奏会を開催します。

■日時 平成30年5月23日(水曜日) 13時55分~14時40分
■場所 中津川市立神坂小学校(中津川市神坂1526番地の3)

■活動者
 全校児童 67人
 職員   15人ほど
 演奏者  5~6人

■演奏者
 三味線演奏は、神坂小学校の特色ある活動で、全校児童が三味線を弾くことが出来ます。
今回の演奏者の中の茂木さん、高樋さんは、その神坂小三味線講師を長年勤められた方です。
特に茂木さんは、神坂小のオリジナル曲「平成神坂音頭」の作者です。

■活動内容
 13:55 はじめの言葉
 14:00 三味線演奏の鑑賞会
 14:35 お礼の言葉 終わりの言葉
 14:40 終了

■その他
 学校長 :小木曽 寛美(こぎそ ひろみ)
 全校児童:67人

■報道発表資料はこちら(PDF)
 神坂小三味線演奏会
■問い合わせ
 中津川市立神坂小学校
 電話:0573-69-4002

 議会運営委員会において、平成30年中津川市議会(5月臨時会)の議事日程が、別紙のとおり確認されましたのでお知らせします。
 なお、議事日程は、変更されることがありますのでお願いします。

■日時
 平成30 年5 月18 日(金曜日) 10時00分から

■報道発表資料はこちら(PDF)
 5月臨時議事日程
■問い合わせ
 議会事務局 庶務課
 電話:0573-66-1111(内線503)

 中津川市は、話題のドラマをイメージした「けんぱちくん 半分青いろポロシャツ」を考案し、「健康都市なかつがわ」のPRと市民の健康づくりの取り組みを推進するため、中津川市体育協会で一般販売を開始します。

■注文開始日
 平成30年5月18日(金曜日)から

■注文先
 特定非営利活動法人 中津川市体育協会(中津川市茄子川1683-797)
 電話・ファックス 0573-68-5200

■注文受付場所
 中津川公園内
 ・陸上競技場 事務所(電話・ファックス68-8005)
 ・テニスコート 事務所(電話・ファックス68-8008)
 ・東美濃ふれあいセンター 事務所(電話68-8000、ファックス68-8016)

■ポロシャツ仕様
 ・色 手染めで青から白へのグラデーション
 ・サイズ S~XXL(3L)
 ・価格 2,980円
 ・素材 綿100% 鹿の子
 ・デザイン
 ・後ろ襟下に「けんぱちくん」と「NAKATSUGAWA」の文字をプリント。
 ・けんぱちくんは、次の7種類から選べます。
   ①運動 ②食事 ③血圧 ④歯みがき ⑤ビーチボール ⑥園服 ⑦地元野菜

■報道発表資料はこちら(PDF)
 半分青いろポロシャツ
■問い合わせ
 健康福祉部 健康寿命対策室
 電話:0573-66-1111(内線628)

 市の博物館6館では、「国際博物館の日」を記念し、5月20日(日)を入館無料とします。
 各館ごとの催しも予定していますので、市の博物館にぜひお越しください。

博物館入館無料デー(「国際博物館の日」記念事業)
■日時
 平成30年5月20日(日) 9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)

■場所
 中津川市鉱物博物館・中津川市子ども科学館・中津川市苗木遠山史料館
 中津川市中山道歴史資料館・中津川市東山魁夷心の旅路館・熊谷榧つけちギャラリー

■内容等
 6館共通 入館無料
 各館の催し
・中津川市鉱物博物館(TEL:0573-67-2110)
  クイズラリー(全問解答でくじ付き)、ジェムストーンさがし(有料)、水晶さがし
  手づくりアクセサリー(有料)、鉱物・化石展示即売、絵本カフェ、ネイチャーゲーム
・中津川市子ども科学館(TEL:0573-66-9090)
  ミニプラネタリウム実演、輪ゴム連射銃体験、ホバークラフト試乗、お子さん全員に手作りおみやげ
・中津川市苗木遠山史料館(TEL:0573-66-8181)
  手づくり甲冑(子ども用)試着体験、クイズラリー(ちょっぴりプレゼント)、筝演奏
・中津川市中山道歴史資料館(TEL:0573-66-6888)
  展示解説と千畝ロードさんぽ、切り絵のしおりプレゼント
・中津川市東山魁夷心の旅路館(TEL:0573-75-5222)
  ポスタープレゼント(先着30名様)、DVD上映
・熊谷榧つけちギャラリー(TEL:0573-82-4911)
  「熊谷守一大賞展過去入選作品展」開催中

  ※催し物は予定です。予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。
   また、催し物には有料のものもございますので、詳細は各館にご確認ください。

■「国際博物館の日」について
 国際博物館の日(毎年5月18日)は、博物館が社会に果たす役割について広く市民にアピールするため、国際博物館会議(ICOM「イコム」)によって提唱され、1977年に設けられました。
 日本では2002年から取り組みが始まり、5月18日を中心に、多くの博物館が無料開放やイベントなどさまざまな記念行事を行っています。
 中津川市の博物館では、2008年から実施しています。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 博物館入館無料デー
■問い合わせ
 文化スポーツ部 鉱物博物館
 電話:0573-67-2110

 毎年恒例の富士見台登山(往復30 キロ超)に加え、今年度は「ささゆり」の種を慰霊碑周りに蒔きます。
 8日(火)に道徳の時間に栗くり工房の栗谷本征二さんを講師に迎え、自然環境の大切さについて全校で学びました。昭和30 年8月に登山中の落雷事故によって命を落とした4名を慰霊すると同時に、富士見台の固有種であるささゆりの種を碑の周りに蒔くことで、自然環境保護活動の一翼を担っていきたいと考えています。

■日時 
 平成30年5月17日(木)8時00分 ~18日(金)15時30分
  *天候が心配されるときは、朝7:15の段階で中止を決定します。

■場所
 富士見台高原 山小屋 萬岳荘(長野県下伊那郡阿智村智里4089-3)
 中津川市立神坂中学校 (中津川市神坂1526-3)
  神坂中学校→けやき平(ここまでバス移動)→強清水→登山道→神坂大檜→神坂峠→萬岳荘→富士見台頂上のルートを歩きます。
  (2日目は萬岳荘から学校まで歩きます)

■活動者
 生徒:全校生徒27人(1年生:8人 2年生:7人 3年生:12人)
 職員:9人

■活動内容
【1日目】
  8:00~8:10 出発式
 9:00 広済寮バスでけやき平到着
 12:00 萬岳荘到着
 13:00頃 富士見台にて慰霊式(慰霊碑)
        「ささゆり」プロジェクト
        富士見台山頂登山
 14:30 萬岳荘入所式
 15:30 夕食準備(飯ごう炊さん)
 18:00 学級打ち合わせ・夜の集い
 20:00 星空観察
【2日目】 8:30 退所式
 8:45 萬岳荘出発 神坂大桧へ
 13:00頃 広済寮到着・トイレ休憩・合唱披露
 15:00頃 学校到着
 15:15 解散式

■その他
・毎年、先輩たちのご冥福をお祈りするとともに、命の大切さ・生きることの尊さやありがたさについて改めて考え、毎日を一生懸命生きていくことを確認しています。
・中津川市民として、自然環境保護活動の大切さについて学ぶ機会です。
・学校長:進藤 千里(しんどう ちさと)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 神坂中富士見台登山
■問い合わせ
 神坂中学校
 電話:0573-69-4861

 別名「なんじゃもんじゃ」の異名を持つ貴重な植物、ヒトツバタゴの花が開花しました。この自然豊かな地域のPR、交流を深めることを目的に春のイベント「ひるかわ ひとつばたご祭り」が開催されます。

■日時 平成30年5月20日(日曜日) 9時から14時まで
■場所 中津川市蛭川 ひとつばたご広場 (中津川市蛭川2189-1)
   (蛭川総合事務所前・消防本部西消防署蛭川分署隣)

■主な祭りの概要
 ★ひとつばたごウォーキング(約2時間)
  ・コース 約10㎞
  ・出発時間 9:00~(受付後随時出発) 【受付:9:00~11:00】
  ・受付場所 消防本部西消防署蛭川分署前
  ・参加費 200円
 ★ひとつばたごバス巡り(約1時間)
  マイクロバスで自生地をまわります。(案内者による説明があります)
  ・受付9:00~ 1回目/9:30 2回目/10:45
 ★アトラクション
  ・蛭川文化協会団体による【 白い花の咲くふるさと】の踊りなど
  ・遠山洋子歌謡ショー
  ・スポーツ吹き矢体験 
  ・石割体験、鉱物採取
 ★各種バザー・物産展
  ・無料サービスコーナー 12:00頃 なんじゃもんじゃ鍋ふるまい
   (ヒトツバタゴの花をイメージし、味噌をベースに牛乳を加え調理した名物鍋です。)

■目的
 東濃地域を含む木曽川流域と長崎県対馬市上対馬町の限られた地域に自生し、絶滅危惧Ⅱ類に指定されている貴重な「ヒトツバタゴ」は、蛭川地域に住む人々の誇りであり、大切な地域資源です。初夏に咲くこの美しい「ヒトツバタゴ」を眺め、恵まれた自然環境があることに感謝しながら、多くのみなさんに蛭川を訪れていただき、自然環境豊かな地域のPR・交流を深めることを目的に開催します。

※ヒトツバタゴ
 初夏に雪を被ったように真っ白な花を咲かせる不思議な植物「ヒトツバタゴ」。その姿が珍しいことから「なんじゃもんじゃ」とも呼ばれています。ヒトツバタゴは、限られた地域のみ自生する植物で、日本では東濃地方と愛知県、長崎県対馬市の一部でしか自生していません。東濃地域の中でも、特にここ蛭川の地にはたくさんの自生木が残っています。

■主催 ひとつばたご祭り実行委員会
■後援 中津川市・中津川北商工会蛭川支部

■報道発表資料はこちら(PDF)
 ひとつばたご祭り2018
■問い合わせ
 中津川市蛭川総合事務所
 電話:0573-45-2211(内線153)


 下記のとおり臨時会を開催します。

 ■開催日
  平成30 年5 月18 日(金曜日) 午前10 時00 分から
 ■場所
  中津川市役所5階 議場

■報道発表資料はこちら(PDF)
 5月臨時会開催
■問い合わせ
 議会事務局 庶務課
 電話:0573-66-1111(内線503)

 副市長が5月に100歳を迎えられる方を訪問し、ご長寿をお祝いします。
今月は下記の方を訪問します。

■日時
 平成30年5月17日(木曜日)
  14時30分  場所:中津川市千旦林
           林 智惠子(ハヤシ チエコ)

 ※都合により予定を変更することがありますので、事前に高齢支援課へご確認ください。

■ご本人の日頃の様子
 ・林 智惠子様
  ご自分で身支度や送迎をしっかりできるそうです。好きな番組を観たり、パソコンのゲームをされたりしているとのことです。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 5月百歳敬老祝
■問い合わせ
 健康福祉部 高齢支援課
 電話:0573-66-1111(内線579)

月別リスト

    アーカイブ