トップページ > 報道発表資料

報道発表資料

 発達支援センターでは通所児と保護者の親睦、交流の場として、恒例行事の「クリスマス会」を開催します。

 今年も中津川ライオンズクラブの皆さんによるサンタクロースからの通所児へのプレゼントがあります。

 
■日時
 平成28 年12 月17 日(土曜日) 9 時45 分から
■場所
 中津川市発達支援センターつくしんぼ プレイルーム(中津川市柳町5番10号)
■行事の概要
 ・サンタクロース 中津川ライオンズクラブ 会長 新田 勝 氏
          中津川市教育長 大井 文高
 ・プレゼント   ライオンズクラブ及び保護者会からのプレゼント
 ・参加者      通所児とその保護者
 ・内 容     ①キャンドルサービス
          ②サンタクロースからのプレゼント(10 時~)
■行事の経過
 ・旧養護訓練センターで「クリスマス会」として昭和53 年に開始。
 ・昭和55 年度からは中津川ライオンズクラブの協力を得て、毎年開催。
 ・通所児親子同士と団体関係者とが交流する楽しい行事として定着。
■主催
 中津川市教育委員会事務局発達支援センターつくしんぼ
■共催
 中津川市発達支援センターつくしんぼ保護者会(牛丸 舞子会長)
■発達支援センターつくしんぼ
 平成18 年度、現在地に移転、「発達支援センターつくしんぼ」に改称。

 平成24 年度からは児童福祉法に基づく児童福祉施設に改組した。
 145人(12月現在)が通所している。
 市内には、他に「発達支援センターどんぐり」がある。(恵北地区)

■報道発表資料はこちら(PDF)

 つくしんぼ「クリスマス会」.pdf

■お問合せ先

 教育委員会事務局 発達支援センターつくしんぼ

 電話:0573-66-5256

 三菱電機㈱中津川製作所様から、りんごとりんごジュースなどを市内の福祉施設25カ所に寄贈していただきます。
 同社からは、昭和61年から毎年寄付をいただいており、今年で31回目となります。

 

■日時
 平成28年12月16日(金曜日) 16時30分から
■場所
 中津川市健康福祉会館1階ホール(中津川市かやの木町2番5号)
■寄贈者
 中津川市駒場町1番3号
 三菱電機株式会社中津川製作所 所長 吉村恒則(よしむらつねのり)様
■受領者
 中津川市長 青山 節児
■寄贈品
 りんご 30箱(10kg 入り)
 りんごジュース 40箱(1ℓ/6本入り)
 家電品 コードレススティッククリーナー 1台
■贈呈先
 高齢者福祉施設、障害児・者福祉施設、児童福祉施設 25施設
  *各施設への贈呈は 市長から行います。
■その他
 りんご等は、三菱電機㈱中津川製作所飯田工場内で、従業員の方々が育て、収穫したものです。

■報道発表資料はこちら(PDF)

 三菱電機りんご等寄付.pdf

■お問合せ

 健康福祉部 障害援護課

 電話:0573-66-1111(内線616)

人権擁護委員吉村敏彦氏が市長を訪問します

多年にわたる人権擁護活動の功労により法務大臣表彰を受けられました吉村敏彦氏が市長を訪問し受賞の報告を行います。
■ 日時

 平成28年12月13日(火曜日) 16時00分から16時30分
■ 場所

 中津川市役所 3階 公室
■ 訪問者

 人権擁護委員 吉村敏彦氏(69 歳)(坂下在住)
■ 吉村敏彦氏について
   平成18年4月 人権擁護委員委嘱
   平成20年4月 中津川人権擁護委員協議会常務委員
   平成20年4月 中津川人権擁護委員事務局長
   平成28年4月 中津川人権擁護委員協議会長
■ 法務大臣表彰
   人権擁護委員法の規定に基づく表彰で、職務上特別な功労があると認められたときに表彰されます。
■ 功労の概要
   平成18年の委嘱以来、4期10年以上にわたり常に熱心に人権擁護活動を行い、それぞれの役職を通じて

   人権擁護委員組織の運営・発展に寄与しています。
■報道発表資料はこちら(PDF)
 吉村敏彦氏法務大臣表彰.pdf
■お問合せ
 生活環境部 市民課
 電話:0573-66-1111(内線111)

吉川尚輝選手が市長を表敬訪問します

プロ野球ドラフト会議にて、読売ジャイアンツから1位指名を受けた中京学院大学の吉川尚輝選手が市長を表敬訪問します。
■日時

 平成28年12月13日(火曜日) 9:00 から9:30
■場所

 中津川市役所 本庁舎 3階 公室
■訪問者

 中京学院大学 硬式野球部 吉川 尚輝 選手
■同行者

 中京学院大学 硬式野球部 近藤 正 監督
 中京学院大学 硬式野球部 山下 大志郎 コーチ
■吉川 尚輝 選手
 岐阜県羽島市の出身。中京高校を経て、当市にキャンパスがある中京学院大学へ入学し、硬式野球部に所属。遊撃手として活躍し、リーグ戦では最優秀選手賞や首位打者など数多くのタイトルを獲得しています。また、第65回全日本大学野球選手権記念大会では、チームを初出場で初優勝の快挙に導いた一翼を担う活躍をしました。
10月20日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、読売ジャイアンツから野手として高い評価を得て1位指名を受け、11月14日に正式契約を結び背番号0番に決定しました。
■報道発表資料はこちら(PDF)

 吉川選手表敬訪問:ドラフト1位指名報告.pdf

■お問合せ
 文化スポーツ部生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4302)

消防関係者3名の方が褒章・叙勲を受章されました

消防行政の発展にご尽力されました、佐藤貞人様、宮嶋浩己様、松葉和正様が、永年の功績を認められ、褒章・叙勲を受章されました。
これを受けて、12月13日(火)に市長に受章の報告を行います。
■日時

  平成28年12月13日(火)15時00分から
■場所

  中津川市役所3階 市長公室
■出席者

  佐藤 貞人 様
  宮嶋 浩己 様
  松葉 和正 様
■受章種別

  佐藤 貞人 様 藍綬褒章 (消防功績)
  宮嶋 浩己 様 藍綬褒章 (消防功績)
  松葉 和正 様 瑞宝双光章(消防功労)
■略歴

   佐藤 貞人 様
    S58.4~ 中津川市消防団(H18.4~ 副団長)
  宮嶋 浩己 様
    S57.4~ 中津川市消防団(H24.4~ 副団長)
  松葉 和正 様
    S43.4~H22.3 中津川市消防本部(H20.4~H22.3 消防長)
■報道発表資料はこちら(PDF)
 褒章・叙勲受章.pdf
■お問合せ
 消防本部 警防課
 電話:0573-66-1119(内線233)

川上地区でシートベルトの大切さを学びます

県内で平成27 年中にシートベルト非着用で亡くなった方のうち、約8割はシートベルトを着用していれば命をとりとめたかもしれないといわれています。
今回、川上地区の小学生と高齢者が、衝突体験車を活用してシートベルトの大切さを学びます。
■日時
 平成28 年12 月13 日(火曜日) 13 時50 分~
■場所
 中津川市立川上小学校 グラウンド(中津川市川上409-7)
■参加者
 小学生45 名(川上小学校全校生徒)
 高齢者20 名(高齢者大学受講生)
■実施内容
 ①交通安全講話
 ②シートベルトコンビンサーを活用した衝突体験
 ③反射材の効果体験
■主催
 中津川警察署
 中津川地区交通安全協会
 中津川市
20161213PR_高齢者等シートベルト体験.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像
■報道発表資料はこちら(PDF)
 高齢者等シートベルト体験.pdf
■お問合せ
 生活環境部 防災安全課
 電話:0573-66-1111(内線165)

アピタ中津川店で交通安全啓発活動を実施します

 平成28 年12 月11 日(日)から12 月20 日(火)までの10 日間、年末の
交通安全県民運動が実施されます。
それに伴い、アピタ中津川店にて啓発物品を配布し、市民の交通安全意識
の高揚を図ります。
■日時
 平成28 年12 月12 日(月曜日) 15 時00 分~
■場所
 開始式
  ふるさとにぎわい広場(中津川市えびす町1707-2)
 啓発活動
  アピタ中津川店(中津川市淀川町3-8)
■参加者
 恵那県事務所
 中津川市交通安全対策協議会
 中津川警察署
 中津川地区交通安全協会
 中津川市交通安全婦人連絡協議会
■実施内容
 15:00~ 開始式(ふるさとにぎわい広場)
      ・挨拶(1)恵那県事務所 副所長兼振興防災課長
         (2)中津川警察署 交通課長
 15:15~ 啓発活動(アピタ中津川店)
 16:00 終了式(ふるさとにぎわい広場)
      ・挨拶 中津川市役所 防災安全課長
■主催
 中津川市交通安全対策協議会
 中津川警察署
■報道発表資料はこちら(PDF)
 交通安全アピタ啓発.pdf
■お問合せ
 生活環境部 防災安全課
 電話:0573-66-1111(内線165)

【神坂中】地域活性化への参画に向けた講話を聞きます

神坂中学校では「地域とともに活動する」ことを模索し、様々な活動に取り組んでいます。今回は、「地域活性化」に取り組んでおられる大学教授のお話を伺い、これまでの取り組みを振り返ると同時に、今後の活動を考える機会とします。「中学生としてできること、考えること、生み出せること」を学ぶことがねらいです。
■日時

  平成28年12月15日(木)9時30分 ~ 10時20分
■場所

  中津川市立神坂中学校 視聴覚教室(中津川市神坂1526-3)
■活動者

  生 徒:3年生生徒 11人
  担 任:加藤 隼人(かとう はやと) 他教員数名
■活動内容

  9:00~ 日程・概要説明と談話
  9:30~ 講話
    講師:中京学院大学 須栗 大 教授
    演題:「地域活性化の取り組みと中学生の役割」
        ・地域活性化の必要性
        ・様々な地域活性化の取り組み例
        ・馬籠ルネッサンス計画
        ・地域活性化における中学生の役割
■その他

  校長:進藤 千里(しんどう ちさと)
 全校生徒:32人
 ・ふるさと神坂の活性化のために、中学生ができることは何かを考えて、生徒会が中心となり活動を進めてきました。
 ・「もみじ祭り」では実行委員会に参加して地域の方の願いや思いを知り、中学生として意見も発表しました。

  その後の準備や当日の活動にも高い意識で取り組みました。まとめの実行委員会にも、中学生としての意見を持って参加します。
 ・様々な活動をとおして、「ふるさとに誇りをもち」、「ふるさとに働きかける生徒」の育成をめざしており、

  今後に続く、活動の内容やあり方・心構えについて、生徒とともに創造していきます。
 ・神坂学校12年教育の出口としての「よりよいひとりだち」をめざしています。
■報道発表資料はこちら(PDF)
 神坂中地域活性化講話.pdf
■お問合せ
 神坂中学校
 電話:0573-69-4861

坂下中生徒会による「人権集会」を開催します

 

全校生徒が各学級で話し合った人権に対する意見と「坂下中人権宣言」を発表します。また、講師にNPO法人青少年生活就労自立サポートセンターの吉村敦子氏を招き、海外ボランティア活動を通した発達障がい者への理解とボランティア活動の意義を学びます。
■日時
 平成28年12月14日(水曜日) 13時50分~15時20分
■場所
 中津川市立坂下中学校 視聴覚室(中津川市坂下1500-1)
■講演者
 NPO法人青少年生活就労自立サポートセンター
 特別支援教育士 吉村 敦子 氏
■参加者
 坂下中学校 全校生徒 166人 職員18人
■活動内容
  13:50 開会
  13:55 各クラスの実態と学級人権宣言の発表
  14:20 「あったかい言葉かけ運動」作品紹介
  14:30 講演
         講師 特別支援教育士 吉村 敦子 氏
         演題「 未定 」
  15:00 質疑応答
  15:10 生徒代表挨拶
         「坂下中学校人権宣言」発表
  15:20 閉会 各クラスで振り返り
■その他
  学校長:安藤 雅哉(あんどう まさや)
  生徒数:166名
■報道発表資料はこちら(PDF)
 坂下中人権集会.pdf
■お問合せ
 中津川市立坂下中学校
 電話 0573-75-2164

【川上小】「ぎふ木育」授業を行います

川上小学校で、森林づくりや森林保全の大切さを学ぶ「ぎふ木育」授業を行います。授業では講師から話を聞いた後、木を身近に感じられるように木製キーホルダーを作成します。
■日時

  平成28年12月13日(火) 9時30分~11時20分
■場所

  中津川市川上小学校 (中津川市川上409番地7)
■活動者

  児 童:3~6年生29人(3年生:7人、4年生:5人
              5年生:8人 6年生:9人)
 講 師:栗谷本 征二 先生 (自然体験塾栗くり工房代表)
■活動内容

   9:30~10:15 『森林づくり・保全の大切さ』の話
  10:35~11:20 木製『笛付キーホルダー』の制作
■共催

   マルヤマグループ 委員長:丸山 大知(まるやま だいち)
   お問い合わせ先 丸山木材工業(株) 総務担当:工藤 裕司
             電話:0573-66-2155
■その他 校 長:水野 教正(みずの のりまさ)
     全校児童:45人
  ・講師の栗谷本先生は、山野草アドバイザー、岐阜県里山インストラクター、園芸インストラクター、

  (社)中津川観光協会副会長(自然・植物担当)、(社)日本山岳協会自然保護指導員、

   中津川市自然環境団体等連絡会議会長など、多方面で活動されています。

   また、市内幼稚園で木育教室の講師と して活躍中です。
  ・本事業はマルヤマグループ「企業の森」活動の一環として行われます。
■報道発表資料はこちら(PDF)
 川上小「木育授業」.pdf
■お問合せ
 中津川市立川上小学校
 電話:0573-74-2313