中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

報道発表資料

「苗木城赤壁伝説絵巻」が完成しました


 苗木地区住民を中心とする地域団体「苗木城跡(なえぎじょうせき)を世界に広める会」(水野誠会長)により
製作を進めていました土産物「苗木城赤壁伝説絵巻」が完成しましたので、広める会が市長に報告をします。

■日 時 平成29年11月29日(水曜日) 16:00~
■場 所 中津川市役所 3階 公室
■内 容 絵巻完成の報告及び絵巻の贈呈等

■「苗木城跡を世界に広める会」概要
 【会長】水野 誠 会長 (中津川市苗木 在住)
 【会員】18人(他に、サポート会員38人)
 【設立】平成27年6月
 【活動】ホームページやFacebook、苗木あんどん祭りの大型あんどん等にて、苗木城跡
     や苗木地域の良い風景を世界へ向けて発信しています。
 【備考】会の事業において、中津川市がんばる地域サポート事業交付金
    (H27:立ち上げ部門、H28~29:絆づくり部門)を受けています。

■「苗木城赤壁伝説絵巻」作製の経緯
  昨今の城ブームに加えて国史跡苗木城跡の続日本100名城の選定、「ひがしみのの山城」としての「岐阜の宝もの」
 の認定を受けたことや、苗木地域まちづくり推進協議会会員を対象とした市観光課事業「観光プロジェクト会議」にて
 苗木城跡周辺の奇岩を観光的に活用するよう取り上げた(H29.10.8イベント「苗木地域の奇岩めぐりと苗木城マルシェ」開催)
 ことを背景に、会のメンバーにより苗木城跡や苗木地域を紹介できる土産物を作る機運が高まり、「苗木城赤壁伝説
 絵巻」を製作することとなりました。
  今後は、1本500円にて販売を計画中です。

■「苗木城赤壁伝説絵巻」概要
 幅21cm、長さ59.5cmの両面刷り、巻物状(軸を含めると幅24cm、長さ61cm)
 【イラスト面】
   島崎朝子さん(※1)の手書きイラスト(※2)による、苗木城跡を中心とした苗木地区界隈マップを印刷。
  苗木城跡の概要だけでなく、苗木城跡に伝わる赤壁城伝説や、周辺地域の見所(奇岩など)についても触れ、
  来訪者が気軽に苗木城跡や苗木地域を楽しんでいただける内容となっています。

  (※1)島崎朝子さん:市内在住、元・漫画家(故)手塚治虫氏アシスタント。
      現在、子ども科学館での教室「目指せ漫画家 ~カラーページに挑戦~」等の講師を務める。
      また、中山道歴史資料館で利用されている紙芝居「和宮様と中津川宿」のイラストを手がける。
      今回、島崎さんと同級生の会員が仲介し、イラスト製作を依頼した。
  (※2)イラストは、下呂・中津川広域観光推進協議会の事業を活用して作製されました。

 【写真面】
   苗木城跡を世界に広める会会員による苗木城跡の写真や解説を掲載。
   多彩な面を持つ苗木城跡を写真で示すとともに、苗木城跡の特徴などについて、わかりやすく掲載しています。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 苗木城赤壁伝説絵巻完成.pdf
■問い合わせ
 定住推進部 苗木事務所
 電話:0573-66-1301

月別リスト

    アーカイブ