中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

報道発表資料

「住みたい田舎」ベストランキング 東海エリアで1位を獲得しました


 2018年版 第6回日本「住みたい田舎」ベストランキング(宝島社)が発表され、東海エリアでは、
小さなまちランキングの総合部門と子育て世帯が住みたい田舎部門で1位となりました。なお、全国では、
総合部門で20位にランキングされました。
 このランキングは、全国の自治体を対象に194項目のアンケート調査結果によりランキングされています。
 中津川市は初のランクインとなりました。

■公表媒体
 2018年2月号(1月4日発売)『田舎暮らしの本』㈱宝島社 *10万部発行

■内容
 ①全国1,718自治体を対象に、194項目のアンケート調査を実施
  ・671自治体が回答(過去最多)「内訳:人口10万人以上106・人口10万人未満565」
  ・人口10万人未満の「小さなまち」と10万人以上の「大きなまち」にグループ分け
  ・幅広い世代におすすめの総合部門、若い単身者におすすめの若者世代部門、子育てファミリーに
   おすすめの子育て世代部門、第二の人生に適したシニア世代部門の4部門で構成

 ②公表ランキング(人口10万人未満の「小さなまち」)
 (東海エリア)
  ・総合部門:1位
  ・子育て世代が住みたい田舎部門:1位
  ・若者世代が住みたい田舎部門、シニア世代が住みたい田舎部門はランク外

 (全国)
  ・総合部門:20位
  ・子育て世代が住みたい田舎部門:22位
  ・若者世代が住みたい田舎部門、シニア世代が住みたい田舎部門はランク外

■報道発表資料はこちら(PDF)
 住みたい田舎暮らし東海エリア1位に.pdf
■問い合わせ
 定住推進部 定住推進課
 電話:0573-66-1111(内線324)