中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

報道発表資料

名古屋外国語大学の学生が馬籠地区にて域学連携活動を実施します

 名古屋外国語大学と中津川市は、教育・文化、スポーツ振興や、地域の発展と優れた人材の育成を目指し相互に連携する協定を締結しています。
 連携協定に基づく活動として、世界共生学部地域創生科目のプログラムで、学生が馬籠地区にて域学連携活動を実施します。

■実施期間
 平成31年2月6日(水)~平成31年2月13日(水)
■場所
 馬籠地区

■参加学生(世界共生学部)
 プログラム受講生 4人
 担当教員ゼミ生 3人
 夏期馬籠プログラム参加学生 2人 計9人

■定住推進部との面談
 ・日時 平成31年2月6日(水)10時30分~11時(予定)
 ・場所 市役所4階 4-1会議室

■プログラム内容
【実施目的】大学の知を地域へ、地域の魅力を大学へ:地域で活躍する人材の育成へ

・国内外各地の多文化共生社会の状況について「現場」での体験を積むために、地域おこしと多文化共生の実情と課題を現場で考察する機会として、中津川市での域学連携活動に取り組みます。
・プログラムでは、地域のにぎわい創出、魅力発信のためのPR動画作成、発信を行います。
・学生達は、「訪日外国人観光客への聞き取り調査」、「氷雪の灯祭りの手伝い」などに取り組みます。

■成果報告会
 ・日時 平成31年2月13日(水) 10時~12時30分(予定)
 ・場所 馬籠集会所

■報道発表資料はこちら(PDF)
 名古屋外国語大学域学連携活動
■問い合わせ
 定住推進部 市民協働課
 電話:0573-66-1111(内線327)

月別リスト

    アーカイブ