トップページ報道発表資料

2010年6月

 ブラジル岐阜県人会会館建設計画概要説明と協力依頼のため、ブラジル岐阜県人会長他関係者が、中津川市長を表敬訪問されます。

■日 時 7月1日(木) 15:00~15:30

■場 所 市役所3階 市長応接室

■訪問者
 山田 彦次(ヤマダ ヒコジ)ブラジル岐阜県人会長
 ブラジル岐阜県人会県内関係者 山田 佳香 氏

■訪問目的
 ブラジル岐阜県人会会館建設計画概要説明と協力依頼

■参 考
 山田会長の略歴
  ・生年月日 昭和12年11月9日(72歳) 
  ・経  歴  昭和33年1月渡伯 平成2年よりブラジル岐阜県人会長
  ・表彰(県) 昭和62年 岐阜県教育委員会教育庁感謝状
          平成14年 岐阜県警察本部長感謝状
          平成20年 岐阜県知事表彰(在外移住岐阜県人表彰)

■報道発表資料はこちら(PDF)
ブラジル岐阜県人会・山田会長が市長を表敬訪問します

■お問い合わせ先
文化スポーツ部 生涯学習課 交流係
電話:0573-66-1111(内線4313)

市長の資産を公開します

政治倫理の確立のための中津川市長の資産等の公開に関する条例に基づき、平成21年分の資産を公開します。

■開始日時 6月30日(火) 8:30から

■場 所   総務部秘書課(市役所 3階)

■お問い合わせ先
総務部 秘書課 秘書係
電話:0573-66-1111(内線305)

 市内12中学校からの代表者各1名が意見発表をします。最優秀賞受賞者は東濃審査会に推薦されます。

■日 時 6月30日(水) 14:00から

■場 所 
アートピア付知交芸プラザ(中津川市付知町4956-52)

■目 的
 少年が日頃実践したり考えたりしていることを主張することにより、社会の一員としての自覚を促す機会とするとともに、市民に少年の意識等への理解を深め、青少年の健全育成の充実に資することを目的として開催する。

■大会の概要
・各中学校の代表1名 計12名
・一人5分以内で、次のテーマ(A~C)のうち一つを選び意見発表を行う
 A 社会や世界に向けての意見、未来への希望や提案など
 B 家庭、学校生活、社会(地域活動)及び身の回りや友だちとの関わりなど
 C テレビや新聞などで報道されている少年の問題行動、大人や社会の様々な出来事に対する意見や感想、提言など
・審査の結果、最優秀賞 1名、優秀賞 3名を決定。
・審査委員長 横井 晃(教育委員長)
・最優秀賞受賞者は東濃審査会に推薦します。(東濃審査会)
  審査の結果、県大会(8月6日 美濃加茂市文化会館)の代表者に選考されることがあります。
・大会の中では、開催校である付知中学校による学校紹介や合唱を披露します。

■特 徴
・ 市内全中学校の代表者による意見発表。
・ 当日の司会を、付知中学校の生徒が行います。

■報道発表資料はこちら(PDF)
第30回中津川市少年の主張大会

■お問い合わせ先
文化スポーツ部 生涯学習課 生涯学習係
電話:0573-66-1111(内線4312)

 阿木高校のMSリーダーズが、6つのプランターに花を植え付け阿木駅舎に飾ります。花は生産科学科が育てたもので、プランターには全校から公募した標語が張ってあります。
 当日は明知鉄道の今井専務様にも来ていただき、プランターを贈呈いたします。

■日 時 7月2日(金) 14:00~ 

■場 所 明知鉄道 阿木駅舎

■参加者 阿木高等学校 MSリーダーズ 10名

■花の種類 ベゴニア、サルビア、マリーゴールド、ペチュニア

■標 語 公募した標語のうち生徒が選んだ6つ

■その他
・花の管理はMSリーダーズが当番制で行います
・阿木高校 学校長 小見山 輝明
        全校生徒数 181名
・MS(マナーズ・スピリット)リーダーズ活動とは?
「岐阜の未来は君たちで」をキャッチフレーズとし、高校生自らが自発的に取り組む「生徒の 生徒による 生徒のための非行防止・規範意識啓発活動」をいいます。

■報道発表資料はこちら(PDF)
阿木高校が阿木駅舎にプランターを贈呈し飾ります

■お問い合わせ先
中津川市立阿木高等学校
電話:0573-63-2243

 議会運営委員会において、平成22年中津川市議会(9月定例会)の日程(案)が、別紙のとおり確認されましたのでお知らせします。
 なお、日程(案)については、変更されることがありますのでお願いします。

■本会議日程
 平成22年9月  1日(水曜日) 10時~ 【初日】
 平成22年9月10日(金曜日) 10時~ 【一般質問】
 平成22年9月13日(月曜日) 10時~ 【一般質問】
 平成22年9月28日(火曜日) 10時~ 【最終日】

■場 所 中津川市役所5階 議場

■報道発表資料はこちら(PDF)
平成22年中津川市議会(9月定例会)の日程(案)が確認されました

■お問い合わせ先
議会事務局 庶務課
電話:0573-66-1111(内線503)

 議会運営委員会において、平成22年中津川市議会(6月定例会)最終日の議事日程(案)が、別紙のとおり確認されましたのでお知らせします。
 なお、議事日程(案)については、変更されることがありますのでお願いします。

■平成22年中津川市議会(6月定例会)

■日時
平成22年6月29日(火曜日) 10時00分から

■報道発表資料はこちら(pdf)
平成22年中津川市議会(6月定例会)最終日の議事日程(案)が確認されました

■お問い合わせ先
議会事務局 庶務課
電話:0573-66-1111(内線503)

平成22年6月28日(月)、市役所 市長公室で6月定例記者会見を行いました。

◆記者発表内容(クリックするとPDF形式で資料が表示されます)

平成22年6月定例記者会見(次第)

1.「なかつ川の地歌舞伎そろい踏み」が上演されます
  芸題

2.子ども金メダルのデザインが決まりました
  子ども金メダル最優秀作品

3.市内中学生がマレーシアで研修します

4.坂下高校生が敬老祝いを作成します

5.7月の主な予定
     一般行事(企画部)
     学校関係(教育委員会 学校教育課)
     保育園・幼稚園関係(教育委員会 幼児教育課)

▼資料を全部見たい方はこちらをご覧ください。
  平成22年6月定例記者会見

■次回、7月定例記者会見は下記の日程で開催します
  日時:平成22年7月29日(木) 11時00分から      
  場所:中津川市役所 市長公室
       
■お問い合わせ先
  企画部 広報広聴課
  電話:0573-66-1111(内線313)

 本格的な親水の時期を迎え、7月1日(木)に恒例の「付知川 川開き」(付知川およびキャンプ場の安全祈願祭)を開催します。
 福岡保育園児も餅つきに参加します。

■日 時 7月1日(木) 14:00から

■場 所 福岡ローマン渓谷オートキャンプ場(中津川市福岡1017-1)

■行事内容 付知川 及び 福岡ローマン渓谷オートキャンプ場の安全祈願祭
         (タイムスケジュール) 
          14:00 神事
          14:30 リズム太鼓(紅満天星)
          14:50 餅つき(福岡保育園 年長児参加)
          15:20 餅投げ

■主 催 福岡観光協会(会長 : 糸魚川 柏三、会員数 : 103)

■参 考
・福岡を北から南へ縦断する付知川は、その流れの色から「青川」とも称される清流です。東濃地方屈指の釣りのメッカであり、鮎、アマゴ、イワナなどダイナミックなフィッシングが楽しめ、夏には水遊びにも好評です。
・園児がついた餅は、参加者の皆さんにお配りします。
・平成21年度 来訪者数(延べ人数)   
  付知川魚釣り               約20,000人
  福岡ローマン渓谷オートキャンプ場 約12,000人
・福岡観光協会会員、福岡まちづくり協議会の方々が、当日9:00~12:00に福岡ふれあい文化センターおよび遊歩道の花木の剪定等の環境整備作業を行います。
・紅満天星(ベニドウダン)・・・福岡地区の太鼓サークル。5人のメンバーが地域のイベントなどで活躍しています。

■報道発表資料はこちら(PDF)
付知川川開き(安全祈願祭)を開催します

■お問い合わせ先
福岡総合事務所 企画振興課
電話:0573-72-2111(内線245)

 阿木高校生徒が交通安全期間中に、中津川警察署、阿木地域の交通安全協会の方々と一緒に、交通安全を願ってドライバーに手作りのマスコットを配布します。

■日 時 7月12日(月) 
       16:30 セレモニー
       16:50 ドライバーに交通安全を呼びかけ、マスコット配布

■場 所 中津川市阿木 阿木支所・・・(セレモニー)
        中津川市阿木 国道363号(阿木派出所から西へ300m)・・・(配布)

■特 徴
・阿木高校家庭クラブ員21名が参加
・このキャンペーンは阿木高校家庭クラブの活動として今年で25年間続いています。
・配布するマスコットは交通安全を願って総合生活科の生徒が一つひとつ手作りしました。(今年は和紙で作った星型のマスコットです。)100個ほど配布する予定です。
・天候によっては中止になる場合があります。(小雨決行)
  
【阿木高校】 学校長 小見山輝明
         全校生徒数 181名

■報道発表資料はこちら(PDF)
阿木高生がドライバーに手作りマスコットを配布します

■お問い合わせ先
中津川市立阿木高等学校
電話:0573-63-2243

 農業高校生海外実習派遣事業に阿木高校と恵那農業高校生徒が参加します。本年度の派遣期間は7月16日(金)から8月6日(金)の22日間で、ブラジル連邦共和国とオランダ王国へ派遣されます。
 海外実習派遣参加に先立ち、派遣生とその保護者、両校の校長らが本年度の研修予定や参加生徒の意気込みなどを市長に伝えます。

【派遣報告】
■日 時 7月7日(水) 16:00~16:30

■場 所 中津川市役所 市長応接室 (中津川市かやの木町2番1号)

■訪問者
・派遣生 春日井 淳也[かすがい じゅんや](恵那市山岡町)
       中津川市立阿木高等学校 生産科学科3年
       派遣生の保護者 春日井 勝秀
       阿木高校長 小見山 輝明  教諭 小塚 善三  事務長 幸脇 弘市
・派遣生 高橋 直樹[たかはし なおき](中津川市落合)
       岐阜県立恵那農業高等学校 食品科学科3年
       恵那農業高校長 平岡 雅憲  教諭 森本 達雄(派遣団長)

【農業高校生海外実習派遣事業】
■派遣期間 7月16日(金)から8月6日(金)の22日間

■派遣先 
ブラジル連邦共和国 サンパウロ、ミランドポリスなど
        オランダ王国 アムステルダム

■派遣者数 
阿木高校生産科学科生徒 1人、県内農業高校生 9人、
          引率教員 2人

■特 徴
・中津川市立の阿木高校の生徒は、市から援助を受けて派遣されますが、県立高校からの派遣生は、県の交付金から旅費などが援助されます。そのため、この事業は中津川市が主催する事業ですが、岐阜県が主催する同名の事業に同行する形をとっています。
・岐阜県の派遣団は今年で32回目。
・阿木高校は昭和55年の第3回から参加しており、春日井君は19人目になります。

■報道発表資料はこちら(PDF)
「農業高校生海外実習派遣事業」に参加する生徒が市長に派遣前の報告をします

■お問い合わせ先
中津川市立阿木高等学校
電話:0573-63-2243

■日 時 平成22年7月7日(水)  16時30分 ~ 17時00分

■場 所 
中津川市役所 中2階 市民ホール 対 応 市長

■出場者及び出場大会の概要

第34回 全日本都市対抗テニス大会
テニス競技(シングルス)
日程 : 平成22年7月15日(木)~平成22年7月18日(日)
会場 : 岩国市テニスコート(山口県)
選手 : 鵜飼 元一(うかい もとかず) 東海学園大学 3年生

第28回 全国小学生テニス選手権大会
テニス競技(シングルス)
日程 : 平成22年7月28日(水)~平成22年7月30日(金)
会場 : 相娯園総合グラウンドテニスコート(東京都)
選手 : 小野 泉(おの いずみ) 中津川市立坂本小学校 6年生

■報道発表資料はこちら(PDF)
第34回全日本都市対抗テニス大会」「第28回全国小学生テニス選手権大会」の激励会を開催します

■お問い合わせ先
文化スポーツ部 スポーツ課
電話:0573-66-1111(内線80-4307)

 講談社から刊行されている「青い鳥文庫」が、本年度創刊30周年を迎えることを記念し、「おもしろい話がしたい!@小学校」と題して、「青い鳥文庫」の人気作家である令丈ヒロ子氏が坂下小学校を訪れて、講演されます。
 この来校に合わせて、事前に図書館祭りを行って盛り上げたり、「青い鳥文庫」を多くの子が読めるキャンペーンを行ったりしています。

■日 時 6月30日(水) 14:00~15:00

■場 所 中津川市立坂下小学校 体育館(中津川市坂下2375番地)
         学校長 : 伊藤 慶和(いとう よしかず)  全校児童数 : 268名

■活動者 児 童 : 4・5・6年生 計147名
        職 員 : 4年 水野 透    ・ 内木 理恵子
             5年 田口 大造   ・ 清水 洋一郎
             6年 丹羽 多寿子 ・ 幸脇 友美

■活動内容 14:00~15:00 体育館にて講演をいただきます。
         講演内容 : ・『代表作「若おかみは小学生」ができるまで』
                 ・『本が好きな子になる話』  
                 等を中心にお話しいただきます。
             
■その他
 この企画は、応募した学校の中から全国で7校が選ばれ、青い鳥文庫を好んで読む子どもが多い本校としてはうれしい限りです。
【令丈ヒロ子様の紹介】
・1964年、大阪市に生まれる。
・嵯峨美術短期大学(現:京都嵯峨芸術大学)卒業。
・講談社児童文学新人賞に応募した作品で独特のユーモア感覚を注目され、作家デビュー。
・主な作品
『メニメニハート』『スーパーキッド・Dr.リーチ』シリーズ、絵本『ミルカちゃんとはちみつおためしかい』(以上、講談社)
『強くてゴメンね』(あかね書房)
『レンアイ@委員』シリーズ(理論社)
『ダイエットパンチ!』シリーズ(ポプラ社)
『S力人情商店街』シリーズ(岩崎書店)などがある。
※青い鳥文庫の『若おかみは小学生!』著者紹介より

■報道発表資料はこちら(PDF)
「青い鳥文庫」の作者「令丈ヒロ子」氏による講演会を行います

■お問い合わせ先
中津川市立坂下小学校
電話:0573-75-2165

 文部科学省と(財)日本体育協会によるスポーツ選手活用体力向上事業が、坂下小学校で開催されます。種目は「体操」で、講師は、ソウルオリンピックへも出場された「信田美帆(しのだみほ)」さんです。
 1~3年と4~6年に分け、1時間ずつ講演と模範演技、及び実技指導を行っていだだく予定です。トップアスリートとのふれ合いを通して、スポーツの楽しさを実感し、進んで運動に親しむ子どもたちをめざします。

■日 時 7月2日(金) 9:20~11:45

■場 所  中津川市立坂下小学校 体育館 (中津川市坂下2375番地)
        学校長 :伊藤 慶和(いとう よしかず)  全校児童数 : 268名

■活動者 児 童 : 1~6年生 計268名
         職 員 : 1年 林 真奈美  ・飯沼 友佳子  2年 原 成美
               3年 片田 博子            4年 水野 透 ・ 内木 理恵子
               5年 田口 大造 ・ 清水 洋一郎  6年 丹羽 多寿子 ・ 幸脇 友美

■活動内容
  9:20 教室①《対象1~3年》開始 講師紹介
  9:25 講話及び模範演技
  9:35 実技指導
       ・ウォーミングアップと基礎的な運動とコツ
   10:20 講評及び児童の謝辞
   10:25 教室①終了 休憩
   10:40 教室②《対象4~6年》開始 講師紹介
   10:45 講話及び模範演技
   10:55 実技指導
        ・ウォーミングアップと基礎的な運動とコツ
   11:40 講評及び児童の謝辞
   11:45 教室②終了

■講師紹介
信田 美帆(しのだ みほ)
・1972年5月18日 東京生まれ
・4歳で体操競技をはじめ、史上最年少の14歳で全日体操競技選手権・個人総合優勝。
・日本代表としてソウルオリンピックに出場。

■報道発表資料はこちら(PDF)
オリンピック出場経験者の信田美帆氏による体操教室を行います

■お問い合わせ先
中津川市立坂下小学校
電話:0573-75-2165

 中津川市消防協会主催の中津川市消防操法大会が6月20日(日)馬籠総合グランドで行われ、市内各地区分団の予選を勝ち抜いた精鋭25チームが出場しました。
 4人一組で小型ポンプと3本のホースを駆使し標的を倒すまでの動作とスピードを競い、終始熱い戦いを繰り広げました。
 優勝は福岡分団第4で、8月1日(日)に揖斐郡揖斐川町で開催される岐阜県消防操法大会に中津川市の代表として出場します。

■実施日時 平成22年6月20日(日曜日) 8時00分~14時00分

■実施場所 馬籠総合グランド(中津川市馬籠)

■出場チーム数 13分団 25チーム

■成 績 優 勝  福岡分団 第4    準優勝  神坂分団 第2部
       3   位  中津分団 第2部   4 位   落合分団 第3部A
       5  位   阿木分団 第3部   6 位   中津分団 第4部
        7  位  落合分団 第3部B  8 位   神坂分団 第1部

   番員賞 指揮者  原 智浩      神坂分団 第2部
        1番員  青山 俊介 福岡分団 第4
        2番員  早川 彰一 福岡分団 第4
              足立 純三 落合分団 第3部B
        3番員   石井 健一 中津分団 第2部

■報道発表資料はこちら(PDF)
中津川市消防操法大会が開催されました

■お問い合わせ先
消防本部 警防課 消防団係
電話:0573-66-1194(内線558)

 昨年11月から、新図書館のあり方について協議を行ってきた新図書館建設市民協議会では、5月から提言書の作成作業を進め、このほど案がまとまりました。その案を委員全体で検討を行う市民協議会を開催します。

■日 時 6月24日(木) 19:00から

■場 所 中津川市にぎわいプラザ B1ホール

■会議の概要
 ・会長あいさつ
 ・提言書(案)の説明
 ・討議
 ・7月提言書提出に向けた打ち合わせ  他
 ※市民の方々の傍聴もできます

■取り組みの概要
・新図書館建設市民協議会 
公募市民委員(5名)を含む関係機関・団体代表者、学識経験者より成る18名で構成、会長は田島雅子氏(市教育委員)。

・ 部会(専門部会が調査・研究を行い、研究会で議論します) 
①施設・情報ネットワーク部会
②サービス・管理運営部会
③全市読書推進活動・センター機能充実部会
 
・起草委員会 
会長、副会長及び各部会から2名の計8名で構成

・経過および今後の予定
新図書館建設市民協議会発足(委員18名) 11月27日
全体会議                       8回(11月~4月)
先進地図書館視察                  2回
部会協議                        適宜(1月~3月)
提言書起草委員会                 5月~6月
提言書提出                      7月

■報道発表資料はこちら(PDF)
新図書館建設市民協議会を開催します

■お問い合わせ先
文化スポーツ部 新図書館建設対策室
電話:0573-66-1111(内線4310)

 日本200名山のひとつである小秀山(標高1,982m)の山頂にバイオトイレを完備した避難小屋の完成を記念して、7月3日に完成記念登山を開催します。
 360度の大パノラマと御嶽山を一望できる小秀山山頂部は、中津川市と長野県王滝村にまたがっており、当日は両市村の関係者や登山グループなど地域の方々とともに避難小屋の完成を祝います。

■日 時 7月3日(土) ※小雨決行 

■場 所 中津川市加子母 小秀山
       山頂までの登山ルート 乙女渓谷キャンプ場登山口から約4時間30分
                       王滝村経由 白巣峠登山口から約2時間30分

■内 容
避難小屋の名称は、小秀山自然保護パトロールを行っている加子母スカイウォーカーズの発案により「秀峰舎(しゅうほうしゃ)」に決まり、当日は同会より先着150名に登頂記念キーホルダーのプレゼントや加子母のトマトジュースのサービスが行われます。

■参加資格 
特に制限はありませんが、自由な集中登山ですので、事故などの問題について主催者側では責任を負いかねます。登山行動について、自己責任を取れることが条件です。

■参加申込
準備の都合上、別紙登山カードに必要事項をご記入の上、7/1までに加子母総合事務所地域福祉課まで申込みをお願いします。

■小秀山避難小屋の概要
・事業名 岐阜県山岳環境浄化・安全対策事業
・規模等 木造平屋建て 延床面積 33.48㎡
・トイレ  オガ粉撹拌式バイオトイレ及び簡易型尿濾過装置

■参 考 避難小屋看板除幕式典を11:30から行います

■主 催 中津川市

■報道発表資料はこちら(PDF)
小秀山避難小屋完成記念登山を行います

■お問い合わせ先
加子母総合事務所 地域福祉課
電話:0573-79-2111(内線3341)

 2010中津川音楽鑑賞会【実行委員長(予定:倉野仁氏)】が10月7日(木)に、吉鶴洋一氏のコンサートを東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホールで開催を予定しています。
 そのPR事業として、市内小学校など3ヶ所でミニコンサートを開催します。

■日 時 6月21日(月) 10:30~11:30 南小学校
                  12:30~13:00 中津川市役所
                  14:00~15:00 落合小学校

■場 所 南小学校 音楽室
        中津川市市役所 ロビー
        落合小学校 音楽室

■内 容
曲目 星に願いを、モーツアルトの子守唄、君を乗せて、カントリー・ロード 他
ヴィオラ   : 吉鶴 洋一
ヴァイオリン : 福田 美恵子(二重奏)

■参 考
・吉鶴 洋一(よしつる よういち)氏 プロフィール
 1966年 鹿児島生まれ
 三重大学教育学部、愛知県立芸術大学大学院終了
 読売音楽新人賞受賞
 1997年 新日本フィルハーモニー交響楽団入団
・福田 美恵子(ふくだ みえこ)氏 プロフィール
 中津川市生まれ
 名古屋音楽大学音楽学部卒業(首席卒業)
 ジープロセス音楽教室(中津川)講師
 ヴァイオリンを紫藤祥子、加藤瑞木、吉鶴洋一の各氏に師事
・中津川音楽鑑賞会
 実行委員会を組織し、昨年12月には「2009 中津川音楽鑑賞会」を開催。
 今年も10月7日に「2010 中津川音楽鑑賞会」の開催を予定しています。

■報道発表資料はこちら(PDF)
ヴィオラの吉鶴洋一氏が小学校等でミニコンサートを開催します

■お問い合わせ先
文化スポーツ部 文化振興課 文化振興係
電話:0573-66-1111(内線4317)

 東濃遊技業組合(組合長 小川 竜一)から善意の箱の寄付として、東濃各市に計10台のAEDが寄付され、中津川市へは3台寄付していただくことになりました。

■日 時 6月21日(月) 13:00から

■場 所 中津川市役所3階 秘書課 応接室

■寄付者 東濃遊技業組合 組合長 小川 竜一(おがわ りゅういち)氏
  
■受納者 中津川市長

■寄付物品 中津川市へAED3台

■寄付されるAEDの設置先
苗木コミュニティセンター、中津川公園テニスコート、中津川文化会館

■参 考
東濃遊技業組合
・昨年4月に中津川遊技業組合と東濃地区遊技業組合と恵那市の一部が合併して新たに発足した組合
・合併してはじめての善意の箱の寄付となる
善意の箱の寄付
・寄付は多治見、土岐、瑞浪、恵那、中津川で営業しているパチンコ・スロットの組合加盟店29店舗で善意の箱を設置して、お客様から余り玉やコインを寄付していただいたものに各営業者が上乗せして毎月積み立てたもので、それに今年は組合からもお金を上乗せしたものです。
東濃各市への内訳(計10台)
・中津川市3台、多治見市3台、土岐市2台、瑞浪市1台、恵那市1台
市内AED配置計画を今年度中に達成します。

■報道発表資料はこちら(PDF)
AED(自動体外式除細動器)を寄付していただきます

■お問い合わせ先
生活環境部 生活安全課 生活安全係
電話:0573-66-1111(内線162)

 中津川市付知町に工場があるイハラサイエンス(株)から、地域への貢献として100万円の寄付をいただきます。

■日 時 6月17日(木) 13:00から

■場 所 イハラサイエンス(株)工場内 (中津川市付知町10424番地)

■寄付者  代表取締役社長 中野 琢雄 氏

■受納者  付知総合事務所長 安彦 直之

■特 徴
イハラサイエンス(株)の概要   
・本社 : 東京都品川区
・代表取締役社長 中野 琢雄
・生産拠点 : 岐阜(中津川市)、静岡(伊豆市)、山形(東根市)
・営業品目 : 産業用高圧継手製造ほか
・資本金 : 15億6千4百万円
・創業年月: 昭和16年4月
・従業員  : 495人
・岐阜営業所 : 所在地 中津川市付知町10424番地
           従業員 196人 他臨時職員 40人  計 236人
 
※使途については寄付金の受領時に会社から示される予定です。

■報道発表資料はこちら(PDF)
イハラサイエンス(株)から寄付をいただきます

■お問い合わせ先
付知総合事務所 企画振興課
電話:0573-82-2111(内線3450)

 中津川市では、市内の小中学校全体で「命の教育」の取組を展開しており、加子母中学校でも、加子母地区の保健師や保育士と連携して、命の教育に関わる授業を行います。
 今回は、第2学年の生徒と地域の赤ちゃん、そして、そのお母さんたちとの交流を行います。中学生は、「小さな命」をだっこすることで、小さな命であった自分も、ここまで愛されて育ってきたことを実感し、命の重みを感じ取ります。一方、お母さん方は、中学生との交流により、10年後の我が子の姿をイメージしたり、改めて自分の子どもの愛おしさを実感したりします。

■日 時 6月30日(水) 9:40~12:00

■場 所 ふれあいのやかた かしも (中津川市加子母3890番地3)

■活動者 参加生徒 2年生 40名
               指導教諭 古橋 良一(ふるはし りょういち)教諭

■活動内容
○赤ちゃんとその母親と中学生が交流をします。
・ 母親から「子育てについて」話を聞きます。
・ 赤ちゃんと一緒に遊んだり、世話をしたりして、「赤ちゃんの世話の仕方」を学びます。
○ 中学生が、感謝の意を込めて合唱を披露します。

【加子母中学校】
学校長    纐纈 正弘(こうけつ まさひろ)
全校生徒数 114名

■報道発表資料はこちら(PDF)
赤ちゃんと中学生のふれあいの会

■お問い合わせ先
中津川市立加子母中学校
電話:0573-79-3019

 第一中学校では、平成14年度から、命の尊さや生きることの価値に目を向け、それらが大切にされる平和について考える修学旅行(長崎研修)を実施しています。今年も修学旅行を終え、そのまとめとして『平和祈念展』と『高校生一万人署名』活動を実施します。
 原爆投下を実際に受けた長崎の地で学んだことを、『パネルパフォーマンスを中心とした語り』と『合唱』を組み合わせて、平和の大切さを訴えます。また、長崎で高校生と一緒に実施した「高校生一万人署名活動」を、帰郷した中津川の地でも行います。

■日 時 6月26日(土) 
・高校生一万人署名活動 … 10:00~11:30 
・平和祈念展         … 14:00~15:15 

■場 所
・高校生一万人署名活動 … レジストロ通り(駅前からアピタ中津川店付近)
・平和祈念展         … 第一中学校 体育館(中津川市駒場1606-3)

■活動者 第3学年生徒 :118名
        担当教員    :  7名

■活動内容
【高校生一万人署名活動】
この活動は、長崎市の高校生が核兵器廃絶を願い、「高校生一万人署名活動」として実施している活動です。7年前、その活動の主旨と意義を知った本校の生徒たちが参加したことがきっかけで、今年度も、街頭に出て署名活動を行い、それを長崎市の「高校生一万人署名活動実行委員会」へ送る予定です。
【平和祈念展】
実際に原子爆弾に被爆した方から話を聞いたり、沢山の資料を見たりしたことや長崎の研修で考えた生き方等について、パネルパフォーマンスを中心に発表します。(語り部:生徒8名、合唱:各クラス1曲・合同合唱1曲)
観客は、1・2年生徒と保護者及び地域の方です。

■その他
当日は、「生徒手作り弁当の日」を実施します。(12:50~13:20)
PTAの行事として行い、家族の一員としていつも食事を作ってもらうことに感謝する良い機会であるととらえています。

【第一中学校】
学校長     三村 重樹(みむら しげき)
全校生徒数 308名

■報道発表資料はこちら(PDF)
『平和祈念展』と『高校生一万人署名活動』

■お問い合わせ先
中津川市立第一中学校
電話:0573-66-1534

 消防団員の消防技術の向上と士気の高揚を図るため、消防操法大会を開催します。

■日 時 6月20日(日) 8:00から14:00(予定)

■場 所 中津川市馬籠 馬籠総合グラウンド

■消防操法種別 小型ポンプ操法

■特 徴
・ 市内の13分団より、25隊が出場予定。
・ 市内各地の出店による郷土料理等を味わうことができるバザーを実施します。
・ アトラクションとして、競技終了後、ラッパ隊のドリル演奏、消防音楽隊の演奏が予定されています。
・ 各地区分団の消防車展示コーナーを設けます。

本大会で優勝したチームは、中津川市の代表として8月1日(日)揖斐郡揖斐川町で開催される岐阜県消防操法大会に出場します。

■報道発表資料はこちら(PDF)
中津川市消防団及び第36回中津川市消防協会消防操法大会について

■お問い合わせ先
消防本部 警防課 消防団係
電話:0573-66-1194(内線558)

 三菱電機㈱中津川製作所のOBでつくる「ひしの実会」のなかで組織する寿木会(じゅぼくかい)がボランティアで苗木小学校校庭樹木を剪定します。

■日 時 6月12日(土) 8:30から(終了予定時刻12:00)
       雨天の場合は延期し、19日(土)に実施予定
       寿木会 12名参加予定

■場 所 中津川市立苗木小学校 (中津川市苗木2083)
       校舎中庭、校庭の法面の生垣 などの剪定を実施

■特 徴
【ひしの実会】
三菱電機㈱中津川製作所のOBでつくる団体で、様々なサークル活動を行っている。総会員数約650名
【寿木会(じゅぼくかい)】
「ひしの実会」の会員のうち、各自宅の庭を自らの手で管理するために剪定の技術を習得した15名で組織する会。
年間計画をたて、月1回の勉強会・実習をおこなっている。
代表者 小木曽 常雄さん(市内駒場)
平均年齢71歳 会員年齢61歳~78歳 
習得した技術を社会に役立てるため、学校施設の校庭樹木の剪定ボランティアを行うこととなった。
(学校施設としては平成19年度 第二中学校、平成20年度 第一中学校、平成21年度 坂本中学校で剪定ボランティアを実施した。)

■これまでのボランティア活動
苗木・落合・中津川・一色保育園、第一中学校、第二中学校、坂本中学校等
恵那市万年青苑、瀬戸の里、在宅老人宅

■報道発表資料はこちら(PDF)
寿木会がボランティアで剪定作業

■お問い合わせ先
中津川市教育委員会 教育企画課
電話:0573-66-1111(内線4213)

 地元企業と市が、製造業で働きたい若者の正規就職に向けた教育・訓練を支援する事業の第2弾の訓練生を募集します。(今回で終了)
 募集は訓練生を受入れる企業がハローワークとワーカーサポートセンターを通じて行います。

■募集期間 6月11日(金)~6月22日(火)

■募集人員 12社 17名

■訓練期間 平成22年7月16日~平成23年3月15日 8ヶ月間

※募集内容の問合せ先 ワーカーサポートセンター(65-0988)
                15日(火)からは中津川合同庁舎5階会議室に相談窓口を設置します。

【第1弾の状況】
■訓練生  6社 7名
■訓練期間 平成22年5月6日~平成23年3月15日

■報道発表資料はこちら(PDF)
「モノづくり人材育成事業 in 中津川」の訓練生を募集します

■お問い合わせ先
産業振興部 工業振興課(駅前にぎわいプラザ内)
電話:0573-66-1111(内線4263)

 神坂中学校では、神坂中学校生徒会ボランティア隊を組織し、全校でボランティア活動に取り組んでいます。昨年度も神坂幼稚園や馬籠ふるさと学校の清掃を行ったり、地域行事のもみじまつりや東山道ごへー祭りに参加したりして、幼稚園の方や地域のみなさんに喜んでいただきました。
今回は、神坂幼稚園の清掃に取り組みます。こうした活動を通して、生徒たちが地域に生きることの意義を考えるとともに、幼稚園と中学校のつながりを、さらに発展させていきたいと願っています。

■日 時 6月16日(水) 13:50~15:35

■場 所 神坂幼稚園 (中津川市神坂1526-3)
       園長名 : 古井 公子(ふるい きみこ) 

■活動者 学校長   : 中川 実(なかがわ みのる)
         参加生徒 : 全校生徒 37名
         引率教員 : 8名(予定)

■内 容 神坂幼稚園 園舎内部の掃除(窓ふきを含む)
       園庭周辺の掃除(ゴミ拾いを含む)

■その他
【神坂中学生と神坂幼稚園の交流】
 中学校の生徒が、保育実習を行ったり、入園式などのお手伝いをしたりして、交流を図っています。また、神坂学校運動会や文化祭に合同で参加するなど、年間を通して幼稚園との関わりを深めています。
 異年齢での交流を通して、人と関わる力を育み、大人になったときに、子どもに優しく新設に接する心情を養うことをめざしています。

■報道発表資料はこちら(PDF)
神坂中学校生徒会ボランティア隊がクリーンアップ大作戦を行います

■お問い合わせ先
中津川市立神坂中学校
電話:0573-69-4861

 神坂中学校では、今年度、図書館教育に重点を置き、その一環として、読書活動や図書館利用に力を注いで、読書活動の啓発を図っています。
 今月は、学習委員会が図書館祭りを開催するため、学習委員10名が、市内でも先進的な図書館経営を行っている西小学校の図書館を見学して、図書館経営の具体的な方途を学びます。
 この見学を通して、生徒が進んで、自校の図書館経営に参画する意識を高め、読書活動の取組を更に充実させていきます。

■日 時 6月28日(月) 14:00~15:50

■場 所 中津川市立西小学校(中津川市駒場301-1)

■活動者 
参加生徒 : 学習委員会 10名
        引率教員 : 1名(予定)

■活動内容 西小学校の図書館見学
           講 話(西小学校の図書館担当教諭より)

■その他
・山口総合事務所のバスを利用して、移動します。
・見学してきたことは、以後の委員会活動や図書館経営に生かします。

■報道発表資料はこちら(PDF)
神坂中学校学習委員会の生徒たちが西小学校の図書館経営を学びます

■お問い合わせ先
中津川市立神坂中学校
電話:0573-69-4861

 中津川市福岡地区民生委員児童委員連絡協議会では、社会福祉協議会福岡支所の後援で、70歳以上の独り暮らしのお年寄りの方などへ「友愛訪問事業」として「朴葉ずし」を作って、各お宅へ届けました。

■日 時 6月8日(火) 調理は午前、配食は午後3時頃から夕方まで

■場 所 中津川市田瀬、下野、福岡、高山
       調理:福岡公民館

■内 容
 中津川市福岡地区民生委員児童委員連絡協議会(福岡地区民児協・会長山田七郎・会員14名)では、「朴葉ずし」の配食をしながら、安否確認をしたり、相談事を聞くなどして世帯訪問を行いました。
 今年も前の日から朴の葉を取ったり、具の下準備をして、6月8日に福岡地区民児協の女性委員(10人)を中心に約400個の朴葉ずしをつくり、70歳以上の1人暮らしのお年寄り113人の方に激励メッセージと季節の花で作ったミニ花束を添えて配布しました。
 「朴葉ずし」が届くのを毎年楽しみにして居られる方も多く見え、たいへん喜ばれています。

■特 徴
・ 福岡地区民児協は市町村合併前から毎年行っています。
・ 「朴葉ずし」は今の時期、この地区で昔から食べられている伝統料理です。

■報道発表資料はこちら(PDF)
福岡地区民生委員児童委員連絡協議会が友愛訪問活動を行いました

■お問い合わせ先
企画部 福岡総合事務所 生活福祉課
電話:0573-72-2111(内線215)

 平成22年中津川市議会(6月定例会)一般質問の通告が、本日締め切られました。
 今定例会は16名の議員から通告があり、議会運営委員会において、質問順序が別紙のとおり決定されましたのでお知らせします。

■一般質問の日時
平成22年6月16日(水曜日) 10時00分から
平成22年6月17日(木曜日) 10時00分から
平成22年6月18日(金曜日) 10時00分から

■報道発表資料はこちら(PDF)
平成22年中津川市議会(6月定例会)一般質問の順序が決まりました

■お問い合わせ先
 議会事務局 庶務課
 電話:0573-66-1111(内線503)

 老朽化し、より見やすい展示機能等が求められていた「第二文庫」(昭和46年建設)の建替工事が終了し、展示内容を一新して竣工式典を行います。
 平成18年度に建替事業計画を立案、約1億円余の経費をかけて、この度21世紀にふさわしい展示施設に生まれかわりました。

■式典開催日時 6月12日(土) 10:00から(11:30終了予定)

■場 所 中津川市馬籠 藤村記念館 内庭

■式典の概要
 ①関係者によるテープカット
 ②主催者挨拶 財団理事長 島崎 五美雄(いみお)【藤村の孫】
 ③来賓  挨拶 中津川市長 他
 ④新第二文庫 内覧  

■設 計
・設計者 (有)DIK設計室・東京芸術大学 片山 和俊教授(現名誉教授)
・歴史環境に配慮した「木曽馬籠の地域と風土が醸し出す景観と建築との共生」がコンセプト

■工事概要
・木造瓦葺2階建 一部鉄筋コンクリート造  建築延面積 172㎡
・1階 27.9㎡ 2階 展示室(78.3㎡)・テラス・通路(42㎡)・玄関ポーチ(23.8㎡)
・工事期間 平成21年9月28日~平成22年3月20日

■事業費
建設工事 89,775千円、 設計監理費 11,550千円  合計 101,325千円
財    源 補助金 10,000千円〔県・市〕 (財)藤村記念郷自己資金 91,325千円 

■参考資料
・ 藤村記念館は昭和22年の記念堂建設をもって始まる  
・ 第一文庫(研究室)    昭和27年
・ 第二文庫(企画展示室) 昭和46年建設  鉄筋コンクリート造 平屋建て 約80㎡
・ 第三文庫(常設展示室) 昭和58年建設

■報道発表資料はこちら(PDF)
藤村記念館「第二文庫」竣工式典が行われます

■お問い合わせ先
文化スポーツ部 文化振興課 文化振興係
電話:0573-66-1111(内線4317)

 加子母地区で26年間続けられている「住民総出の花(ベゴニア)づくり」が、6月6日(日)に行われました。
 国道沿線で花づくりを推進することで、国道を通過するドライバーに安らぎを与え交通安全を促すとともに、ゴミ捨てのない環境づくりを目指します。また、子どもから大人まで地域の人々が一緒になって作業を行うことで地域コミュニティの形成にもつながっています。

■日 時 6月6日(日) 7:30~

■場 所 中津川市加子母地内の国道256号線・国道257号線・市道沿線及び地区花壇

■特 徴
・「花の苗」を加子母中学校のボランティア委員会(花咲委員会)が育て、4月末に区長さんを通じて各地区へ配布されます。
・地域では、中学生から受け取った苗を大切に管理し、植え付けを行った後も草取りや水やりを行います。
・中学生は「地域への貢献」や、「地域の人たちから学ぶ」ことを目的に活動を行っています。
・花苗の植え付けは、毎年地域の環境デーと合わせて実施されます。
・夏から秋にかけて加子母地内の国道沿線では、きれいなベゴニアの花を見ることができます。

■参加人数 約1,000人

■植栽状況 約10kmに8,200本

■主 催 「加子母花づくり会議」

■報道発表資料はこちら(PDF)
加子母地区で花植えが行われました

■お問い合わせ先
加子母総合事務所 地域福祉課
電話:0573-79-2111(内線3342)

 中津川市蛭川では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業株式会社(本社・東京都港区)と「企業との協働による森林づくり」を実施しており、第4回森林保全活動として、JT社員及びその家族と蛭川地域住民らで、第2回森林保全活動により広葉樹を植栽した植栽地の下草刈りと地域交流会を実施します。今回の森林保全活動は、全国豊かな海づくり大会の一環として行われます。

■日 時 6月13日(日) 10:00~15:00

■場 所 ・中津川市蛭川字南洞(JTの森)
        ・ひとつばたご広場、和田川

■参加者
・JTグループ社員及び家族約120名(内、子ども20名程度)   
・蛭川住民約60名(内、小学生30名程度)
・JTの森実行委員会、恵那農林事務所職員、中津川市職員、中津川市森林組合職員

■当日スケジュール
10:00~12:20 下草刈り作業(植栽地)
13:00~13:40 昼食、関係者挨拶(ひとつばたご広場)
13:40~14:00 森の課外授業(恵那農林事務所、林業課職員による森と海に関する講話)
14:00~15:30 地域交流会
             子どもによる「マスつかみ」(和田川)
             マスを焼いて食べる
15:30  終了

■その他 
・JTの森ウェブサイト  http://www.jti.co.jp/csr/forest/
・2005年から全国8ヵ所で取り組んでいます
【JTの森中津川】
  第1回 2008.10.18 初めての植林/グループ社員や地元の方々など役270人が参加
  第2回 2009. 5.16  2回目植林  /広葉樹約1,800本を植樹
  第3回 2009.11.14 地元の方々との交流

■報道発表資料はこちら(PDF)
第4回「JTの森中津川」森林保全活動が開催されます

■お問い合わせ先
産業振興部 農林計画課 林業政策係
電話:0573-66-1111(内線243)

 中津川市山口では、平成21年から山口地域づくり推進協議会と関西電力労働組合、そして中津川市職員組合の皆さんが一緒に森づくりに取り組んでいます。今回の活動は、全国豊かな海づくり大会の一環として、昨年実施した植栽地の下刈りを行います。

■日 時 6月13日(日) 9:00~11:00

■場 所 中津川市山口賤母(道の駅賤母付近木曽川左岸)

■参加者
・関西電力労働組合                 30名
・山口地域づくり推進協議会       30名
・中津川市職員組合                 20名

■当日スケジュール
・開会式             9:00~
・下草刈り作業(植栽地)  9:15~
・閉会式           11:00~

■報道発表資料はこちら(PDF)
「賤母の森 川と緑の公園づくり」活動が開催されます

■お問い合わせ先
産業振興部 農林計画課 林業政策係
電話:0573-66-1111(内線243)

 議会運営委員会において、平成22年中津川市議会(6月定例会)初日の議事日程(案)が、別紙のとおり確認されましたのでお知らせします。
 なお、議事日程(案)については、変更されることがありますのでお願いします。

■平成22年中津川市議会(6月定例会)

■日時
平成22年6月7日(月曜日) 10時00分から

■報道発表資料はこちら(pdf)
平成22年中津川市議会(6月定例会)初日の議事日程(案)が確認されました

■お問い合わせ先
議会事務局 庶務課
電話:0573-66-1111(内線503)

 愛のサイレン塔移設整備の一助として中津川ロータリークラブ原会長から中津川市に50万円の寄付をいただきます。

■日 時 6月3日(木) 12:30から

■場 所 中津川商工会議所3階会議室

■寄付者 中津川ロータリークラブ  会長 原 眞平 氏
 
■受領者 中津川市長 大山 耕二

■寄付の目的
「愛のサイレン塔」は防災サイレンとして、昭和47年から中津川市街地の防災の要としての役割を果たしておりますが、37年の年月とともに、塔本体及びサイレンの老朽化が見受けられます。   
また、現在の場所での立替えは敷地等の関係で無理なため、今後、愛のサイレン塔を移設整備する必要があり、その費用の一助としてご寄付を頂くものです。

■参 考
・現在の愛のサイレン塔は中津高校西側(旧国道19号線沿い)に位置し、中津川市街地を守る第1号の本格的な防災サイレンとして、昭和47年1月に中津川ロータリークラブからサイレン本体の寄付を受けて建設したものです。
・現在、中津川市街地を守る防災サイレンは愛のサイレン塔、消防本部屋上サイレン、中央公民館屋上サイレンの3基です。
・移設整備計画
  移設時期 平成23年度以降に予定しています。
  移設場所 未定

■報道発表資料はこちら(PDF)
中津川ロータリークラブから中津川市に寄付を受けます

■お問い合わせ先
中津川市消防本部 消防総務課
電話:0573-66-1111(内線552)

 梅村修一様(梅村書店)が教科書の完全供給による学校教育の充実発展に寄与されたご功績により文部大臣表彰を受けられました。
 下記のとおり、市長への報告を行います。

■日 時 6月2日(水) 16:30から

■場 所 中津川市役所3階 市長公室

■報告者 梅村 修一 様 (有限会社 梅村書店代表取締役)

■受賞の内容
多年にわたり教科書の完全供給を行い、学校教育の充実発展に寄与されたご功績が認められ、去る5月27日東京で行われた表彰式において文部大臣表彰を受けられました。

■その他
梅村様は先代より家業を引き継ぎ、中津川市内の小中学校、高校へ教科書の完全供給を行われてきました。

供給先の学校 中津川市立東小学校、西小学校、南小学校、落合小学校、坂下小学校、川上小学校、
          落合中学校、第一中学校、第二中学校、神坂小学校、神坂中学校、坂下中学校、
          岐阜県立中津高等学校、中津商業高等学校、坂下高等学校

■参 考
平成22年度教科書供給功労者表彰式は
・5月27日(木)「ホテル グランドパレス」(東京都)で表彰が行われました。    
・被表彰者は全国で50人。岐阜県では梅村さん1人です。

■報道発表資料はこちら(PDF)
梅村修一様が文部大臣表彰を受けられました

■お問い合わせ先
中津川市教育委員会 教育企画課
電話:0573-66-1111(内線4211)

 神坂スマートインターチェンジ設置について、官民一体となり事業を早期に実現させるための体制作りを行うため、「神坂スマートインターチェンジ設置準備会」を設立します。

■日 時 6月2日(水) 10:00から

■場 所
 中津川市役所 4階大会議室

■総会次第

1.開会   
2.あいさつ(中津川市長) 
3.設立趣旨説明
4.議事
   第1号議案 規約の承認    第2号議案 役員選出
5.役員あいさつ
6.現状報告
7.閉会 

■これまでの経緯
・神坂スマートICは、過去において総合計画への位置づけや岐阜・長野県際交流情報交換会及び平成9年には可能性調査の実施等、様々な取り組みが行われてきました。
・平成17年2月の市町村合併により、観光産業が盛んな馬籠地域が取り込まれたことにより、気運が高まり、平成19年7月に地元による誘致促進協議会、同年9月には設置促進議員連盟、同年10月には産業界を含めた、神坂・馬籠スマートIC建設促進協議会が設立されました。
・中津川市においては平成19年度より実現化に向けた取り組みをはじめ、平成21年度までに構造等を含めた概略の検討を行ってきました。
・「神坂・馬籠スマートIC建設促進協議会」により事業の促進を図ってきましたが、今回、スマートIC設置要件である地区協議会設立及び国への申請に向け官民一体となり事業を早期に実現するための体制作りを行うため準備会を設立し、「促進協議会」から「設置準備会」に移行するものです。

■スケジュール(案)
 
・平成22年度・・・地区協議会の設置、国への申請(予定)
・平成27年3月・・・事業完了(予定) 

■スマートIC設置の目的
・新たな広域観光ネットワークの構築による観光産業の振興
・災害等緊急時における防災ネットワークの向上
・交通分散による生活環境の改善

■報道発表資料はこちら(PDF)
神坂スマートIC設置準備会設立総会を開催します

■お問い合わせ先
基盤整備部 計画課
電話:0573-66-1111(内線252)

 西小学校で、1年生の保護者を対象とした給食参観を実施します。
 給食の献立の内容や量をはじめ、子どもたちが、どのように配膳し、どんな様子で食べているのかを知っていただきます。
 また、参観後には、栄養教諭より学校給食の目的やよさについてお伝えし、家庭での献立にも繋げていただくことをめざします。特に、各家庭での朝ご飯の献立に関心が高まることを願っています。

■日 時 6月10日(木) 11:30~14:00

■場 所 中津川市立西小学校(中津川市駒場301-1)
       学校長名 : 林 茂雄(はやし  しげお)
       全校児童数 : 676名

■内 容 11:30~13:00 学級ごとに給食参観
       ※保護者が、1年生児童と共に、給食の準備・配膳、試食、片づけを行う。
                   1年1組…家庭科室使用
                   1年2組…1年1組と1年2組使用
                   1年3組…6年2組と6年3組使用
                   1年4組…1年3組と1年4組使用
       13:15~14:00 栄養教諭 : 山本 弥生(やまもと やよい)の講話
                   (保護者のみ参加)【体育館】
                   ※アグリウーマン中津川の嶋崎 好子(しまざき よしこ)さんにも協力いただきます。

■経 緯
この時期、1年生の保護者の中には、わが子の給食に対する不安を抱いている方が多く、1年生の子どもたちも、なかなか食べられない子が多いです。
給食参観は、そうした状況を踏まえ、食に関する教育については、特に、学校と家庭が共通理解をし、協力して取り組む必要があると考えて始めた取組です。

■報道発表資料はこちら(PDF)
給食参観を行います

■お問い合わせ先
中津川市立西小学校
電話:0573-66-1355

 西小学校では、本の好きな子を増やすことをめざした取組を行っています。その一環として、PTAの母親委員会の呼びかけで集まってくださった方々が、読み聞かせ活動を行ってくださいます。読み聞かせをしてくださる方々は、お母さん方が中心ですが、保護者OBの方やお父さん方もみえます。
 6月3日から6月9日までの5日間、始業前の10分間を使って行います。

■日 時 6月3日(木)~9日(水) 8:20~8:30

■場 所 中津川市立西小学校(中津川市駒場301-1)
       学校長名 : 林 茂雄(はやし しげお)
       全校児童数 : 676名
  
■参加者 西小学校全校児童
       保護者の方々      …毎日約17名が参加
       保護者OBの方々…約2名が参加
       取組参加者     …以下の方々にも参加を呼びかけています
                    ※保護者参加は、全期間中
                    ※父親参加は、8日・9日の2日間

■内 容
・各学級で保護者による読み聞かせを行っていただきます。
※絵本や紙芝居をはじめ、保護者自身が読んであげたいと思う本を持参して読んでくださいます。
・感想やお礼の気持ちを伝えます。

■その他
本校では、10年ほど前より、児童の豊かな情操と親子のふれあいを目指して、PTAの母親委員会の提案で、保護者による読み聞かせを実施しています。読み聞かせの協力は、全保護者に呼びかけます。出勤前の時間であるため、学級によって協力してくださる方の人数が異なるため、自分の子どもの学級以外で読み聞かせを行っていただいたり、保護者OBに参加をお願いしたりしています。また、父親の参加も積極的に呼びかけてきました。短時間ではありますが、児童にとっては本を読んでもらえる楽しみな行事になっています。

■報道発表資料はこちら(PDF)
保護者による読み聞かせを行います

■お問い合わせ先
中津川市立西小学校
電話:0573-66-1355