中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

報道発表資料

2017年11月


 平成29年中津川市議会(12月定例会)一般質問の通告が、本日締め切られました。
 今定例会は10名の議員から通告があり、議会運営委員会において、質問順序が
別紙のとおり決定されましたのでお知らせします。

■一般質問の日時
 平成29年12月 8 日(金曜日) 10時00分から
 平成29年12月11日(月曜日) 10時00分から

■報道発表資料はこちら(PDF)
 12月一般質問順序.pdf
■問い合わせ
 議会事務局 庶務課
 電話:0573-66-1111(内線 503)


 阿木小学校で交通安全教室を開催します。中津川警察署交通課の担当者から交通安全についてお話を伺い、
その後、岐阜県警察音楽隊に演奏をしていただきます。

■日 時 平成29年12月7日(木)13時50分~15時00分
■場 所 阿木小学校 体育館(中津川市阿木79-1)

■活動者
 児 童:101人
 講 師:中津川警察署交通課担当者
 演 奏:岐阜県警察音楽隊の皆さん

■活動内容
 13:50       あいさつ、講師紹介
 13:55~14:15 交通安全教室(中津川警察署交通課)
 14:15~14:55 演奏会(岐阜県警察音楽隊)
             曲目:「となりのトトロ」「赤鼻のトナカイ」「キッズアニメメドレー」など
 14:55~15:00 お礼の言葉

■その他
 ・阿木小学校では集団での登下校を中心に、交通安全指導を行っています。毎年5月には登校班のリーダー
  に横断旗の使い方や、安全な自転車の乗り方について交通安全協会の方から指導していただいています。
  今回は中津川警察署交通課の担当者の方から交通安全についてお話しをうかがい、交通安全の意識を高めます。
 ・岐阜県警察音楽隊は昭和26年8月に創設され、音楽を通じた警察広報活動を行っています。警察が行う交通
  安全や地域安全に関係する行事での演奏や、学校、自治体などの行事に招かれて演奏するほか、年に一度の
  定期演奏会を開催しています。レパートリーは、クラシック、歌謡曲、映画音楽まで幅広いジャンルに及びます。
 ・地域の交通安全見守り隊の方や、保育園、小学校、中学校の保護者にも案内しています。

  学校長 :服部 幸広(はっとり ゆきひろ)
  全校児童:101人

■報道発表資料はこちら(PDF)
 警察音楽隊演奏会(阿木小学校).pdf
■問い合わせ
 阿木小学校
 電話:0573-63-2234

 市長が12月に100歳を迎えられる方を訪問し、ご長寿をお祝いします。
 今月は下記の方を訪問します。

■日時
 平成29年12月7日(木)
  13時30分 場所:中津川市福岡
            熊崎 かずゑ(クマザキ カズエ)様

  ※都合により予定を変更することがありますので、事前に高齢支援課へご確認ください。

■ご本人の日頃の様子
・熊崎 かずゑ様
  家族と一緒に朝食を食べるそうです。クイズ番組が好きで、楽しんで見ているとのことです。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 12月百歳敬老祝.pdf
■問い合わせ
 健康福祉部 高齢支援課
 電話:0573-66-1111(内線 579)


 中津川ロータリークラブ60周年記念事業及び中津川ロータリークラブ国際交流事業として中日ドラゴンズの
現役選手(伊藤準規投手、高橋周平選手)を招いて、野球教室とトークショーを開催します。

■日程
 平成29年12月2日(土) 中津川公園内 野球場、東美濃ふれあいセンター
 9:30~       開会式(中津川公園野球場)
 10:00~12:00 野球教室(中津川公園野球場)
 13:00~15:00 トークショー(東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール)
 *当日雨の場合
 9:30~       開会式(東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール)
 10:00~12:00 トークショー(東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール)
 13:00~15:00 野球教室(東美濃ふれあいセンター多目的アリーナ)

■野球教室
 市内小学生100人を対象に中日ドラゴンズ選手による技術指導を、バッティング、ストラックアウト、
 守備、キャッチボールの4つに分けて行います。
 *一般の方は観覧席にて見学のみ。

■トークショー
 選手からプロ野球の話や、幼少期の話を聞くトークショーを行います。
 *一般の方は当日先着300人限定(参加無料)

■選手
 伊藤準規(26) 投手 右投左打 愛知県稲沢市出身
   岐阜城北高校では1年生からエースとして活躍。2008年にドラフト2位でドラゴンズへ入団、
  2年目には開幕ローテーション入りし、プロ初勝利を挙げた。

 高橋周平(23) 内野手 右投左打 神奈川県藤沢市出身
   東海大甲府高校では1年生から4番でレギュラー入り、高校通算71本塁打を記録した。
  2011年にドラフト1位で入団し、長打力を武器に活躍している。

■概要
  中日ドラゴンズの現役選手2名(伊藤準規投手、高橋周平選手)をお招きし、市内小学生100人を対象に
 野球教室、選手のトークショーを行う。プロ野球選手との交流を図り、子どもたちが夢や希望を持ち、
 競技・日常生活が充実することを目的とする。

■主催 中津川ロータリークラブ
 共催 中津川市トップアスリート交流事業実行委員会、中津川市
 後援 中津川市教育委員会
 協力 中津川市体育協会、中日新聞社、㈱松永製菓

■報道発表資料はこちら(PDF)
 中日ドラゴンズ野球教室.pdf
■問い合わせ
 文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線 4307)

 
 西小学校で15年前から続けてきた「見守り散歩隊」の活動が認められ、11月16日に
文部科学大臣から表彰されました。28日には教育長へ受賞の報告がされました。

■日 時 平成29年11月28日(火曜日) 11時00分から
■場 所 にぎわいプラザ4階 教育長室 (中津川市栄町1-1)

■活動者
 長瀬 猛夫(76才) 見守り散歩隊会長
 本多 弘尚      教育長
 寺崎 正人      西小学校長

■活動内容
 11:00~11:30 受賞の報告

■その他
 ・平成16年ごろに不審者情報があり、地域の方々から「子どもたちの下校時間に合わせて散歩活動をしましょう」
  という声かけが生まれました。他校に先駆けて、西小が最初に取り組みを開始しました。
  区長、老人クラブなどが動いてくださり、当初は80名ほどからスタートしました。その後、参加人数は徐々に
  増え、現在は120名ほど(4月調査)となりました。
 ・西小学校では、年度当初の4月に「お願いしますの会」を、年度末の2月に「ありがとうございましたの会」を
  全校集会の中で位置づけております。その会には毎回60名ほどの見守り散歩隊の方が、グリーンのジャケット
  を着て参加されます。一緒にゲームをして楽しいひとときを過ごしていただいています。

 ・ 長瀬 猛夫さんの声
  「15年間見守り散歩隊を続けてきたことが認められ,光栄です。  
   日ごろから子ども達の安全と自分の健康のためにやってこられて良かった。
   合わせて西小学校の「にこにこあいさつ」活動にも参加して、一緒にやって来られたことも良かったと思う。
   今後も末永く続けていきたい。」

■報道発表資料はこちら(PDF)
 交通安全ボランティア表彰.pdf
■問い合わせ
 中津川市教育委員会 学校教育課
 電話:0573-66-1111(内線4236)


 平成29年12月1日から暴力追放相談窓口として専用ダイヤルを開設します。
暴力団の絡む困りごと相談などに元警察職員の方が応対します。

■相談内容 暴力団の絡む困りごと相談など
■応対者 中津川市嘱託職員(元警察職員)
■専用ダイヤル 0573-66-5060(中津川市役所内)

■経 緯
【中津川市の取組み】
 ・平成23年1月25日 中津川市長/中津川警察署長で合意書締結
           「中津川市が行う事務事業からの暴力団排除に関する合意書」
 ・平成23年3月30日 中津川市が行う契約からの暴力団排除に関する措置要綱制定
 ・平成24年10月1日 中津川市暴力団排除条例制定
 ・平成25年 9月 4日 中津川市が行う契約その他の事務事業及び公の施設の使用から
           の暴力団排除に係る運用指針制定
【県内の取組み】
 ・暴力追放推進センターを中心に県警が連携し暴力団対策に取り組んでいます。
 ・県内では暴力団組事務所がある市などで暴力追放推進協議会を設置し対策に取り組んでいます。
  (9協議会、東濃では多治見市が協議会設置)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 暴力追放相談窓口の設置.pdf
■問い合わせ
 生活環境部 防災安全課
 電話:0573-66-1111(内線 162)


 10年後にはリニア中央新幹線開業を控え、坂本再発見(歴史と未来)に取り組む
坂本小学校5年生の総合的な学習の時間として開催します。
 まちづくり構想に児童の声を活かす取り組みを進めていきます。

■日 時 平成29年11月29日(水曜日) 9時00分から10時20分まで
■場 所 坂本小学校 体育館(中津川市千旦林1460番地)

■受講者 坂本小学校 5年生 125人
■講 師
 坂本地域まちづくり推進協議会
 中津川市リニア対策課・リニア駅周辺整備課
■学習内容
 (1)リニア関連の説明・質疑応答
 (2)坂本地域(駅周辺)の様子について説明・感想発表

■テーマ
 ・「リニア」ってなあに?
 ・「リニア」がくるとどうなるの?
 ・これからの坂本地域がどうなってほしい?

 このテーマに沿って、将来の坂本地域の担い手である小学生へリニアが来る坂本地域の未来を説明します。
 説明のあと、「こんな坂本になるといいな」などの意見交換をします。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 リニアの駅ができるまち坂本学習会.pdf
■問い合わせ
 定住推進部 坂本事務所 地域福祉課
 電話:0573-68-2001(内線4117)


平成29年11月24日(金)、中津川文化会館で11月定例記者会見を行いました。

◆記者発表内容(クリックするとPDF形式で資料が表示されます)
  11月定例記者会見次第


1.平成29年第5回中津川市議会(定例会)提出予定議案
2.平成29年12月補正予算の概要
3.平成29年12月の主な行事予定
  ・一般行事
  ・学校関係
  ・保育園・幼稚園関係


▼資料を全部ご覧になりたい方はこちらです
  平成29年11月定例記者会見

■次回12月定例記者会見は下記の日程で開催します。
  日時:平成29年12月21日(木) 11:00~
  場所:中津川市役所 公室


 第66回中津川市民展を開催します。展示会最終日には表彰式と講評会を行い、入賞作品58点を表彰します。

■展 示 会
 日時   平成29年11月25日(土)~12月3日(日)
 開場時間 10:00~17:00(入場無料)
      ※12月1日(金)は20時まで、3日(日)は14時30分まで開館
 場所   にぎわいプラザ5階(中津川市栄町1番1号)

■作品数内訳

 

展示

内訳

作品数

一般

招待

審査員

洋画

62

49

8

5

日本画

34

27

5

2

版画

11

9

1

1

彫刻

13

11

0

2

78

70

6

2

写真

71

65

4

2

工芸

34

28

4

2

合計

303

259

28

16

  ※一般応募者は226人、一般応募作品数は259点。

■入 選 数
 11月15日(水)に審査会を行い58点が入賞。
 ・市長賞  各部門1点(計6点) 副賞5万円 ※版画部門該当なし
 ・議長賞  各部門1点(計6点) 副賞3万円 ※彫刻部門該当なし
 ・教育長賞 各部門1点(計7点) 副賞2万円
 ・奨励賞        全39点 副賞1万円

■審 査 員
(洋画) 笠木茂、花田勝太郎、牧野文夫、内木健二、坂巻登水
(日本画)田口昌宏、吉村恵美子
(彫刻) 洞田和雄、石田昇
(書)  洞田和園、川上喜八郎
(工芸) 青山鉄郎、伊藤恭子
(写真) 田口篁一、田中鉦三
(版画) 仁科恵実、花田勝太郎

■表彰式/講評会
 開 催 日 平成29年12月3日(日)
 時 間 ・講評会...13:30~(一般公開)※書部門のみ13:00~
      プラザ5階展示会場で審査員による講評会を開催します。
    ・表彰式...14:45~(一般公開)にぎわいプラザB-1ホール

■受賞者・受賞作品 別紙参照

■報道発表資料はこちら(PDF)
 第66回市民展.pdf
■問い合わせ
 文化スポーツ部 文化振興課
 電話:0573-66-1111(内線 4319)


 苗木地区住民を中心とする地域団体「苗木城跡(なえぎじょうせき)を世界に広める会」(水野誠会長)により
製作を進めていました土産物「苗木城赤壁伝説絵巻」が完成しましたので、広める会が市長に報告をします。

■日 時 平成29年11月29日(水曜日) 16:00~
■場 所 中津川市役所 3階 公室
■内 容 絵巻完成の報告及び絵巻の贈呈等

■「苗木城跡を世界に広める会」概要
 【会長】水野 誠 会長 (中津川市苗木 在住)
 【会員】18人(他に、サポート会員38人)
 【設立】平成27年6月
 【活動】ホームページやFacebook、苗木あんどん祭りの大型あんどん等にて、苗木城跡
     や苗木地域の良い風景を世界へ向けて発信しています。
 【備考】会の事業において、中津川市がんばる地域サポート事業交付金
    (H27:立ち上げ部門、H28~29:絆づくり部門)を受けています。

■「苗木城赤壁伝説絵巻」作製の経緯
  昨今の城ブームに加えて国史跡苗木城跡の続日本100名城の選定、「ひがしみのの山城」としての「岐阜の宝もの」
 の認定を受けたことや、苗木地域まちづくり推進協議会会員を対象とした市観光課事業「観光プロジェクト会議」にて
 苗木城跡周辺の奇岩を観光的に活用するよう取り上げた(H29.10.8イベント「苗木地域の奇岩めぐりと苗木城マルシェ」開催)
 ことを背景に、会のメンバーにより苗木城跡や苗木地域を紹介できる土産物を作る機運が高まり、「苗木城赤壁伝説
 絵巻」を製作することとなりました。
  今後は、1本500円にて販売を計画中です。

■「苗木城赤壁伝説絵巻」概要
 幅21cm、長さ59.5cmの両面刷り、巻物状(軸を含めると幅24cm、長さ61cm)
 【イラスト面】
   島崎朝子さん(※1)の手書きイラスト(※2)による、苗木城跡を中心とした苗木地区界隈マップを印刷。
  苗木城跡の概要だけでなく、苗木城跡に伝わる赤壁城伝説や、周辺地域の見所(奇岩など)についても触れ、
  来訪者が気軽に苗木城跡や苗木地域を楽しんでいただける内容となっています。

  (※1)島崎朝子さん:市内在住、元・漫画家(故)手塚治虫氏アシスタント。
      現在、子ども科学館での教室「目指せ漫画家 ~カラーページに挑戦~」等の講師を務める。
      また、中山道歴史資料館で利用されている紙芝居「和宮様と中津川宿」のイラストを手がける。
      今回、島崎さんと同級生の会員が仲介し、イラスト製作を依頼した。
  (※2)イラストは、下呂・中津川広域観光推進協議会の事業を活用して作製されました。

 【写真面】
   苗木城跡を世界に広める会会員による苗木城跡の写真や解説を掲載。
   多彩な面を持つ苗木城跡を写真で示すとともに、苗木城跡の特徴などについて、わかりやすく掲載しています。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 苗木城赤壁伝説絵巻完成.pdf
■問い合わせ
 定住推進部 苗木事務所
 電話:0573-66-1301


 議会運営委員会において、平成29年中津川市議会(12月定例会)初日の議事日程が、
別紙のとおり確認されましたのでお知らせします。
 なお、議事日程は、変更されることがありますのでお願いします。

■日時
 平成29年11月29日(水曜日) 10時00分から

■報道発表資料はこちら(PDF)
 12月初日議事日程.pdf
■問い合わせ
 議会事務局 庶務課
 電話:0573-66-1111(内線 503)


 市の特産品でもあるシクラメンをアピールするため、議場にシクラメンを飾り
平成29年中津川市議会(12月定例会)を開催します。
 中津川市は年末を飾る鉢花の王様であるシクラメンの生産鉢数県内一を誇ります。

■議会の日時
 平成29年11月29日(水曜日) 10時00分から
 平成29年12月 8 日(金曜日) 10時00分から
 平成29年12月11日(月曜日) 10時00分から
 平成29年12月22日(金曜日) 10時00分から

■議場内での撮影
  11月29日(水)9時45分から、本会議開会前に議場内で撮影していただくことができます。
 是非取材いただきますようご案内いたします。

■その他
  当市のシクラメンの栽培の歴史は古く、1918(大正7)年に木曽川の大井ダム建設に来日した
 アメリカ人技師夫人により恵那市東野地域に伝えられ、その後当市の阿木地域をはじめ市内各地域
 においても栽培されるようになりました。
  赤い花びらが上方に反り返って咲く姿がかがり火に似ていることから、カガリビバナとも言われ
 ています。現在では品種改良が進み、花の色や花びらの形もバリエーション豊かです。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 議場シクラメン飾り.pdf
■問い合わせ
 議会事務局 庶務課
 電話:0573-66-1111(内線 503)


 中津東地区松田区区長 織田 光好氏が全国自治会連合会表彰を受賞しました。表彰状は市長から表彰伝達されます。

■日 時 平成29年11月29日(水) 17:00~
■場 所 中津川市役所3階 公室

■表彰規程
 ・地縁による団体の代表者として概ね10年以上在職し、住民自治組織の発展向上について、特にその功績の著しい者
 ・地縁による団体の代表者として概ね10年以上在職し、岐阜県自治連絡協議会の事業の達成のため貢献し、特にその功績の著しい者

■織田氏 表彰歴
 ・平成22年 岐阜県自治連絡協議会会長感謝状
 ・平成27年 岐阜県知事感謝状

■その他
 ・中津東地区 松田区区長
 ・区長としての勤続年数は17年(平成29年4月1日現在)。
 ・今回の全国自治会連合会表彰の岐阜県からの受賞者は3人(他の2人は岐阜市、全国で84人)。
 ・中津川市からの受賞は初めて。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 織田光好氏全国自治連表彰受賞.pdf
■問い合わせ
 定住推進部 市民協働課
 電話:0573-66-1111(内線 327)


 インターネットの料理レシピサイト「クックパッド」で、中津川市が開設している公式キッチン「けんこうなかつがわ」
に掲載しているレシピのうち、人気のあるものを厳選して「食べて健康レシピ集」を発刊しました。
市内医療機関やスーパー等で無料配布します。

■配布時期
 平成29年11月から、順次配布開始
■設置場所
 市内の病院、診療所、歯科診療所、薬局、スーパー、保健センター等

■ねらい
 ・中津川市では、平成27年に健康づくり推進条例の施行、健康都市なかつがわ宣言を行い、
  市民みんなで参加する健康づくり事業である「8万人のヘルスアップ」を積極的に推進しています。
 ・家庭にて身体に良いレシピを普及することで、「食」を通した健康づくりを推進し市民
  の健康寿命を延ばすことを目指しています。

■冊子特徴
 ・A5判16ページ カラー印刷 6,000部作製
 ・掲載レシピ121点のうちクックパッドにてアクセス件数の多い10点を掲載
 ・塩分や野菜の目安量をわかりやすく掲載しています
 ・けんぱちくん弁当(栄養バランス食)の販売や講習会の紹介をしています

■クックパッド掲載の経過
 ・平成22年4月から、市管理栄養士が考案したレシピを広報なかつがわに掲載
 ・平成22年6月から、県内他自治体に先駆けてクックパッドへレシピ掲載
 ・平成27年秋から、クックパッド公式キッチンに登録
 ・これまでのアクセス数は、約89万回です。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 食べて健康レシピ集.pdf
■問い合わせ
 健康福祉部 健康寿命対策室
 電話:0573-66-1111(内線 628)

冬季期間における市道中津484号線(恵那山林道)の一般車両の通行止めをお知らせします。

■場所 市道中津484号線(通称 恵那山林道)
■期間 平成29年12月1日 ~ 平成30年3月31日
■区間 中津川市中津川[川上(かおれ)地内](ゲートあり)から恵那山登山口(黒井沢)まで
■理由 冬季期間の積雪・路面凍結による安全確保
■周知 中津川市ホームページにて案内
■問い合わせ・連絡先
 道路管理担当課:基盤整備部管理課 TEL 0573-66-1111(内線231・222)
 関係課:商工観光部観光課 TEL 0573-66-1111(内線4272~4274)
■その他
 積雪・路面状況により通行止め期間を変更する場合があります。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 恵那山林道冬季通行止.pdf
■問い合わせ
 基盤整備部 管理課
 電話:0573-66-1111(内線 231)

 平成29年度全日本学生室内テニス選手権大会へ出場される選手の激励会を開催します。

■日 時 平成29年11月22日(水) 17時30分~18時00分
■場 所 中津川市役所 本庁舎 中2階 市民ホール 激励 副市長

■出場者及び大会概要
 『平成29年度全日本学生室内テニス選手権大会』
  女子シングルス・女子ダブルス

  鵜飼 有希(うかい ゆき)  東海学園大学 2年 (第一中学校出身)

  期 日:平成29年11月26日(日)~12月3日(日)
  場 所:江坂テニスセンター(大阪府吹田市)

  試合日程:予選:平成29年11月26日(日)~29日(水)
       本選:平成29年11月30日(木)~12月3日(日)
       ※鵜飼さんは予選から出場
  出場経緯:平成29年度第77回東海学生テニス選手権大会
       平成29年7月8日(土)~14日(金) 名古屋グリーンテニスコート
        女子シングルス:準優勝  女子ダブルス:準優勝

  備 考:平成29年度出場大会(国際・全国規模)
     ・カンガルーカップ国際女子オープンテニス2017 出場
     ・第41回全日本都市対抗テニス大会 出場
     ・第61回全日本学生テニス選手権大会 出場
     ・第72回国民体育大会 テニス競技 成年女子 出場
  その他:昨年に続き今大会2回目の出場となります

■報道発表資料はこちら(PDF)
 テニス激励会.pdf
■問い合わせ
 文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線 4307)


 中津川市は、地域資源を活用し、地域の魅力や価値を高めることに取り組む団体等を支援しています。
昨年度から、市内で3つのモデル事業(団体)を選定し、その活動を「地域で稼ぎ、循環を生み出す」という視点で支援しています。
今回は、そのモデル事業の1つである「馬籠柚子加工組合」が「柚餅子(ゆべし)」の生産作業を開始します。

■公開作業 日時
 平成29年11月27日(月) 8:30~夕方まで(16:00頃の予定)
■作業場所
 加工センター「花ぐし」 ( 中津川市馬籠4797-243 電話:0573-69-1715 )

■内容
 ・「柚餅子」とは、柚子の中身をくり抜いた皮の器の中に、砂糖やクルミ、胡麻などを混ぜ合わせた
  「練り味噌」を詰め込み、蒸し揚げ2ヶ月ほどかけて自然乾燥させたもの。
 ・完成は、1月末以降
 ・販市内の道の駅などで販売予定
 ・柚子果汁も販売予定(1月末以降)

■地域づくり活動支援事業について
 ・地域住民が取り組む「地域の魅力づくり」や「都市部との交流」などの活動を、様々な視点で支援する
  ことにより、地域資源の「価値」や地域の「稼ぐ力」を高め、地域の活力を生み出すための取り組み。
 ・平成28年度から実施しており、28年度はモデル事業(団体)を3つ選定し、今年度は、その団体の
  取り組みに対する支援をしています。

■モデル事業(団体)について
 ・付知地区「じいばあず」
 ・山口地区「馬籠柚子加工組合」
 ・阿木地区「阿木村づくり塾」
■その他
 ・この事業は、地方創生推進交付金を利用しています。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 馬籠ゆべし生産開始.pdf
■問い合わせ
 定住推進部 市民協働課
 電話:0573-66-1111(内線 325)


 中津川市読書サークル連絡協議会主催で、11月25日(土)に講演会「本との出会いは きっと人との出逢い」
を開催します。講師に秋田県鹿角市立図書館長 小林光代さん(前中津川市立図書館長)をお迎えします。

■日時
 平成29年11月25日(土) 10時30分~
■場所
 中央公民館ホール(中津川市本町2丁目3番25号)
■講演会
 「本との出会いは きっと人との出逢い」
■講師
 秋田県鹿角市立図書館館長 小林光代さん(前中津川市立図書館長)
■内容
 0歳から100歳まで楽しく憩う図書館づくりをめざして日々活躍されている中から貴重なお話を伺います。
 *詳細については、別添チラシをご参照ください。
■参考
 この講演会は、市立図書館の共催で、第6回なかつがわ図書館まつりプレイベント第2弾として開催します。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 図書館まつりプレイベント.pdf
■問い合わせ
 文化スポーツ部 図書館
 電話:0573-66-1308

 中津川市立図書館では、11月26日(日)に第6回なかつがわ図書館まつりを開催し、図書館をとおして、
本から人へ、人から地域へであいをひろげ、読書に親しむ環境づくりをすすめていきます。

■日時
 平成29年11月26日(日) 9時30分~15時30分
               ※オープニングセレモニー 9時10分~
■場所
 中央図書館、中央公民館2階(中津川市本町2丁目3番25号)

■テーマ
 今回のテーマは「ひろげる」です。
 そして、キャッチフレーズは「あなたと本、運命の出会い 図書館Go!」です。
 (※キャッチフレーズは市内高等学校にボックスを設置し71件の応募の中から決定)

■内容
 ・古本市
 ・図書館探検ツアー
 ・おはなし会
 ・朗読会
 ・中京学院大学ミニ講義など
  *詳細については別添チラシをご参照ください。

■参考
 中津川市立図書館と図書館くらぶとの共催で、図書館の関係ボランティアにもご協力いただきます。第6回目の開催となります。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 図書館まつり.pdf
■問い合わせ
 文化スポーツ部 図書館
 電話:0573-66-1308


 中津川市では、高等学校の教諭に広く市内企業の魅力を知ってもらい、学校と企業との繋がりをより一層
太くしていただくと共に、生徒に地元企業の良さを伝えていただくため、市内企業を見学するバスツアーを
開催します。今年で3回目です。

■日 時 平成29年11月24日(金曜日) 9:00~17:15
■集合場所 中津川市サンライフ(中津川市手賀野172-1)

■訪問企業
 株式会社吉川工務店(中津川市小川町2-8)
 社会福祉法人和敬会倶楽部 特別養護老人ホームふくろうの杜(中津川市苗木4002)
 株式会社協信(中津川市手賀野339-2)
 名古屋技研工業株式会社(中津川市茄子川1688)
 東美濃農業協同組合(中津川市茄子川1646-19)

■参加対象
 中津川市近郊の高等学校の教諭

■参加人数
 20人
 (中津高校、中津商業高校、中津川工業高校、坂下高校、阿木高校、
  恵那農業高校、恵那南高校、中京高校、蘇南高校の教諭)

■ねらい
 市内企業見学バスツアーを通して、高等学校の教諭に広く市内企業を知ってもらうと共に、生徒に
 地元企業の良さを伝えていただくことで、地元就職への促進となり、若者の市外流出、人口減少を抑制します。

■現 状
 高校卒業時の就職・進学のタイミングで多くの若者が市外に転出してしまう状況にあり、さらには市外へ進学
 した若者が就職の際に本市へ戻って来てくれないことが若者の市外流出、人口減少に繋がっています。

■その他
 ・行程については別紙参照
 ・工場内など、一部取材できない部分もありますので詳細については下記へお問い合わせください。

■ツアーに関するお問い合わせ
 中津川市勤労者総合支援センター(ワーカーサポートセンター) (☎65-0988)
 中津川市商工観光部 工業振興課(☎66-1111)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 高等学校教諭企業見学ツアー.pdf
■問い合わせ
 商工観光部 工業振興課
 電話:0573-66-1111(内線 4260)


 加子母の教育について考え、語り合う日として始まった「加子母教育の日」は今年度14回目を迎えました。
各学年で加子母地域のさまざまなテーマに取り組み、地域住民を講師に招いて、加子母の良さ、素晴らしさを子どもたちに伝えます。

■日 時 平成29年11月26日(日曜日) 14時00分から
■場 所 中津川市立加子母小学校(中津川市加子母2781番地72)
    *併設の体育館にて受付

■活 動 者 加子母小児童 142人・加子母中生徒 82人
■活動内容 地域参加型授業
 ・小学校1年生 「加子母に伝わる昔話の読み聞かせ」
 ・小学校2年生 「加子母の俳句を作って遊ぼう!」
 ・小学校3年生 「明治座に学ぼう・歌舞伎を学ぼう」
 ・小学校4年生 「森のはなし 森のはたらきを考えよう」
 ・小学校5年生 「加子母トマト50年の歩みと取り組み」
 ・小学校6年生 「活断層について学び・深め・伝えよう − 断層看板づくり −」
 ・中学校1年生 「木の一生と裏木曽3ヶ村と加子母の林業の歴史『木への思い』」
 ・中学校2年生 「加子母で働く皆さんや保護者との交流会」
 ・中学校3年生 「加子母の良さと未来を考える」
  ※詳細は別紙資料をご覧ください。

 <加子母教育の日>
  主催:加子母教育協議会 (会長 中島なかしま千秋ちあき氏)
     加子母教育協議会は「人づくりはむらづくり」を掲げてきた加子母の
     教育を地域で支える活動を行っている組織です。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 加子母教育の日.pdf
■問い合わせ
 定住推進部 加子母総合事務所
 電話:0573-79-2111(内線 3355)


 ※本イベントは悪天候が見込まれるため中止となりました (11月17日 9:30)

 現在、中津川市加子母地区では、トヨタ紡織株式会社(本社・愛知県刈谷市)との協定で
「企業との協働による森林づくり」事業が進められています。
 今回は、森づくり活動を舞台峠の「環境の森」加子母で行います。なお、一部の方は、
午後、里山林の木デッキづくり体験を「福崎の森」で行います。

■日時 平成29年11月18日(土) 10:30~14:45 (少雨決行)
■場所
 「環境の森」(加子母舞台峠:別紙参照
 「福崎の森」(加子母上桑原地区:別紙参照

■参加者
 トヨタ紡織グループ社員及び家族
 加子母森づくり実行委員会(森林組合・林業グループなど)
 約35人

■当日スケジュール
 ・10:30 ~ 開会式・森づくり講座
 ・10:45 ~ 森林整備(草刈、遊歩道整備)
      郷土料理体験(いももち)
 ・12:00 ~ 昼食
 ・12:45 ~ 森林整備(草刈、遊歩道整備)
      クラフト体験(リース作り)
      ※木デッキづくり体験(一部の方が「福崎の森」へ移動して体験)
 ・14:45 終了

■その他関係情報参考
 「トヨタ紡織グループ『環境の森』加子母」の概要
 (1)所 在 地:中津川市加子母舞台峠周辺(所有者:中津川市)
 (2)協定面積:7.05ヘクタール
 (3)森の名称:「トヨタ紡織グループ『環境の森』加子母」
 (4)協定期間:平成20年1月15日~平成30年3月31日(1年毎に更新)
 (5)主な活動:①社員による植栽及び森林整備活動
         ②社員及び家族による地域交流活動
 (6)運営団体:地元団体からなる「トヨタ紡織グループ『環境の森』加子母」森づくり実行委員会

■報道発表資料はこちら(PDF)
 トヨタ紡織『環境の森』.pdf
■問い合わせ
 加子母総合事務所
 電話:0573-79-2111(内線 3334)


 中津川市の公立病院事業について、市内全地区および長野県南木曽町、大桑村の地域代表者に
お知らせするため、昨年度に引き続き「中津川市公立病院地域協議会」を11月から開催します。

■日時 平成29年11月22日(水曜日) 15時から
■場所 中津川市文化会館 2階多目的会議室(中津川市かやの木町2番2号)

■協議会の公開
 協議会は、原則一般公開しますので、どなたでも傍聴できます。
 ただし、協議会において、会議を公開しないことを決定した場合は除きます。
 ※「中津川市審議会等の会議の公開に関する指針」によります。

■協議会概要
(1)設置目的
   平成29年3月に策定された中津川市新公立病院改革プランの進捗状況について、市内全地区
  および長野県南木曽町、大桑村の地域代表者にお知らせすることを目的とします。(2回程度開催予定)
(2)組織 委員20名
 (構成)・市内各地区区長会推薦者     15名
     ・坂下まちづくり協議会推薦者   1名
     ・川上まちづくり推進協議会推薦者 1名
     ・山口まちづくり協議会推薦者   1名
     ・長野県南木曽町地域代表者    1名
     ・長野県大桑村地域代表者     1名
     ・会長1名、副会長2名を置きます。
(3)任期 平成29年10月1日から平成30年3月31日まで。
(4)報告事項
  ・中津川市新公立病院改革プランの進捗状況に関すること。
   ・中津川市民病院及び坂下病院に関すること。
   ・その他

■報道発表資料はこちら(PDF)
 公立病院地域協議会開催報道.pdf
■問い合わせ
 病院事業部 企画経営課
 電話:0573-66-1251(内線 4502)


 「被爆ピアノ」の活動で知られている矢川ピアノ工房の方による講演会を全校生徒が聴き、平和について考えます。

■日 時 平成29年11月22日(水曜日) 9時45分~11時
■場 所 中津川市立坂本中学校体育館 (中津川市千旦林1386-1)

■活動者
 生徒 :全校生徒 426人
 教職員:34人
 保護者:40人程度

■活動内容
 1.講話
 2.生徒からの質問、感想
 3.各学年合唱

■その他
 ・坂本中では「夢を育てる学校」をスローガンに掲げ、生徒の夢の実現力を高めることを目的に、
  夢プロジェクトと題して、全校で夢について考え、意欲を高める取り組みを随時計画しています。

 ・講師 矢川 光則(やがわ みつのり)氏
  ~被爆ピアノの取り組み~
    命の大切さを奏でる平和の音色

    2001年から(広島平和記念公園)被爆アオギリの前でコンサートを開催。広島の被爆二世の
   調律師として被爆者から6台のピアノを授かり自前の4トントラックを運転し沖縄から北海道まで
   今まで1500カ所以上で演奏会を実施。そして、2010年9月に、はじめて海を越えニューヨーク
   にて5カ所でコンサートが開催された。原爆を乗り越えたピアノが奏でる音色は平和と地球を大切
   にする心をやさしく伝えている。

    2019年に被爆ピアノの活動が映画化される予定で、監督の五藤利弘氏も講演会に参加し、
   講演会の様子を撮影するとのこと。

 ・校長 小野 真人(おの まひと)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 坂本中夢講演会.pdf
■問い合わせ
 坂本中学校
 電話:0573-68-2021

■日 時 平成29年11月18日(土)13時~11月19日(日)12時
■会 場 松田公民館(中津川市中津川2364-740)

■参加者 中津川市地域防災リーダー(防災士)及び松田区自主防災会役員
■スケジュール
 11月18日(土)
  13:00 開会式
  13:20 講義「避難所の衛生管理/簡易トイレ作成」 NPO法人防災士なかつがわ会
  14:20 講義「Jアラートと対応」「県として防災士に期待する事」
       岐阜県危機管理政策課・恵那県事務所振興防災課
  15:00 避難所開設・運営研修(HUG) NPO法人防災士なかつがわ会
  17:00 講義「想定外を想定する~防災士の目利き~」
       岐阜大学特任准教授 村岡 治道 氏
  18:30 食事(防災エコクッキング:避難所での食事体験)
  19:30 災害ボランティアセンター立ち上げ研修 中津川市社会福祉協議会
  21:00 意見交換会/啓発ビデオ上映/停電体験
  23:00 消灯(避難所宿泊体験/車中泊体験)
 11月19日(日)
  6:00 起床
  7:00 食事(ご飯と味噌だけの食事)
  8:00 講義「家具転倒防止対策/インターネットを活用した防災情報の共有」
      NPO法人防災士なかつがわ会
  9:20 講義「気象情報のとり方/早めの避難」 中津川市防災安全課
  10:00 講義「アマチュア無線と減災」 げんさい未来塾第一期生 平岡 守 氏
  10:40 質疑応答/グループワーク
  11:45 閉会式

■主 催 岐阜県、中津川市
■後 援 NPO法人防災士なかつがわ会、松田区自主防災会、中津川市社会福祉協議会
■報道発表資料はこちら(PDF)
 防災士スキルアップ研修会.pdf
■問い合わせ
 生活環境部 防災安全課
 電話:0573-66-1111(内線 161)

 第61回全日本大学空手道選手権大会へ出場される中京学院大学空手道部の激励会を開催します。

■日 時 平成29年11月15日(水) 16時30分~17時00分
■場 所 中津川市役所 本庁舎 中2階 市民ホール 激励 副市長

■出場者及び大会概要
 『第61回全日本大学空手道選手権大会』
  男子組手団体戦・女子組手団体戦・男子形団体戦・女子形団体戦
   中京学院大学 空手道部(男子・女子)
    主将   大桑 輝(おおくわ あきら) 4年(石川県:小松大谷高等学校出身)
    女子主将 野崎 瑞華(のざき みずか) 4年(新潟県:新発田農業高等学校出身)
     ※部を代表して、矢野監督、主将、女子主将にお越しいただきます。

 期 日:平成29年11月19日(日)
 場 所:日本武道館(東京都千代田区)
 出場経緯:平成29年度秋季東海地区大学空手道選手権大会
       平成29年10月1日(日) 愛知県武道館
        男子団体組手:準優勝 男子団体形:準優勝
        女子団体組手:準優勝 女子団体形:優勝
 団体紹介:中京学院大学 空手道部 監督:矢野宏治 部員数:22名
      平成10年に同好会から昇格し、創部。平成14年に全日本大学空手道
      選手権大会にて女子団体組手ベスト16に入賞、平成25年には、東海
      地区大学選手権大会にては初の団体・個人組手アベック完全制覇を達成
      するなどの成果をおさめている。
 主な戦績:日本空手道松涛連盟全国大会:一般男子団体組手優勝(1回)
      全日本大学空手道選手権大会:ベスト16
                    *男子団体組手15年連続出場
      東海地区大学選手権大会:男子団体組手優勝(5回)
                  女子団体組手優勝(3回)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 大学空手道激励会.pdf
■問い合わせ
 文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線 4307)


 火災予防ポスターの募集に対し、市内の小中学校27校から127点の応募があり、その内の9点が岐阜県の賞を受賞しました。
 火災が発生しやすい時期をむかえるにあたり、火災予防の意識を高めるため、ポスター展を開催します。

■日時
 平成29年11月15日(水)から11月24日(金)
  *店舗が開店している時間
■場所
 ルビットタウン中津川(中津川市淀川町3番8号)
■展示作品
 応募された127点すべての作品
■受賞者
 一般財団法人岐阜県消防協会長賞
  南小学校5年  松瀬 啓太朗(まつせ けいたろう)さん
  坂下小学校5年 吉村 琉李(よしむら るい)さん
  落合中学校2年 渡辺 妃和(わたなべ ひより)さん
  福岡中学校2年 西沢 佳奈(にしざわ かな) さん

 一般財団法人岐阜県消防設備協会長賞
  神坂小学校6年 原 煌紀(はら こうき)さん
  第二中学校2年 田川(たがわ)りの さん
  苗木中学校2年 鈴木(すずき)のぞみ さん

 岐阜県女性防火クラブ運営協議会長賞
  坂本小学校5年 足立 梓紗(あだち あずさ)さん
  付知中学校2年 青木 悠那(あおき ゆうな)さん

 ※他の受賞者は別紙参照

■内容
  平成29年度火災予防に関するポスターの募集に対し市内小中学校27校1123人の
 児童・生徒が参加し、その内の127点が消防署へ応募されました。127点をルビット
 タウン中津川の店内にて10日間展示し火災予防の意識を高めます。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 火災予防ポスター展.pdf
■問い合わせ
 中津川市消防本部 予防課
 電話:0573-66-1119(内線222)

 市長が11月に100歳を迎えられる方を訪問し、ご長寿をお祝いします。
 今月は下記の方を訪問します。

■日時
 平成29年11月20日(月)
  9時00分 場所:中津川市付知町 特別養護老人ホーム恵翔苑
          中山 金次郎(ナカヤマ キンジロウ)様

   ※都合により予定を変更することがありますので、事前に高齢支援課へご確認ください。

■ご本人の日頃の様子
 ・中山 金次郎様
   生活態度が正しく、日頃から健康に気を遣っているとのことです。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 11月百歳敬老祝.pdf
■問い合わせ
 健康福祉部 高齢支援課
 電話:0573-66-1111(内線 579)


 全国の緊急消防援助隊は、阪神・淡路大震災を教訓に平成7年6月に創設され、
これまで東日本大震災や本年7月の九州北部豪雨など、34の災害に出動し、
国民の安全・安心に貢献してきました。今年は中津川市馬籠ふれあい広場を主会場
として中部ブロック7県の合同訓練が開催されます。

■日時
 平成29年11月17日(金曜日) 8時30分から
 平成29年11月18日(土曜日)12時15分まで(予定)
■場所
 ① 17日
  ・図上訓練
    県災害対策本部(県庁)・消防指揮本部(多治見市)
    消防指揮本部及び中津川市災害対策本部(中津川市消防本部:かやの木町1-10)
  ・実動訓練
    瑞浪市 瑞浪市消防本部訓練場 2種目
    恵那市 恵那市消防本部訓練場 3種目
    中津川市 馬籠ふれあい広場 1種目
    実動訓練終了後、中津川公園多目的グランドに移動し宿営訓練
 ② 18日
  ・中津川市馬籠ふれあい広場周辺(中津川市馬籠4797-241)
   訓練活動隊は6時から中津川公園から馬籠ふれあい広場へ移動し、9時から9種目の訓練を行います。

■参加隊
 ① 中部ブロック緊急消防援助隊(愛知・岐阜・三重・静岡・福井・石川・富山)
    車両97台 人員 384人
 ② 中部ブロック航空小隊
    ヘリ 8機 人員 39人 
 ③ 岐阜県相互応援隊
    車両 25台 人員100人
 ④ その他の参加機関
  ・自衛隊・岐阜県警察・医師会JMAT・中津川市民病院DMAT
  ・中津川NEMAC・協同組合中津川建設協会・岐阜県土木建築解体事業協同組合
  ・中津川市消防団・緊急災害救助犬隊

■主な来賓
 総務省消防庁国民保護防災部長 岐阜県知事 中津川市長 岐阜県議会議員
 中津川市議会議員 中部ブロック消防長会長 県下消防長・消防団長 他

■主催
 総務省消防庁・緊急消防援助隊中部ブロック合同訓練岐阜県運営協議会

■報道発表資料はこちら(PDF)
 緊急消防援助隊中部ブロック訓練.pdf
■問い合わせ
 中津川市消防本部 警防課
 電話:0573-66-1119(内線233)


 中津川市では岐阜県と協力し、平成20年度から日本たばこ産業株式会社(本社・東京都港区)と
「企業との協働による森林づくり」を蛭川地区で実施しています。今回、JT社員およびその家族と
蛭川地区の住民で間伐作業などを行います。

■日時 平成29年11月18日(土) 10:00~16:00
■場所 
 午前:「JTの森 中津川」保育事業地(中津川市蛭川字南洞)
 午後:「ひとつばたご広場(蛭川総合事務所前)」(中津川市蛭川2189-1)

■参加者
 約190人(予定)日本たばこ産業㈱グループ社員とその家族、蛭川地区住民など

■当日スケジュール、内容
 ・10:00~ 開会
 ・10:30~ 森林保全活動(間伐)(「JTの森 中津川」保育事業地)
 ・12:30~ 昼食、
 ・13:30~ 森林保全活動(間伐)工作教室(しめ縄づくり)記念撮影
 ・15:50~ 閉会
 ※前日に中止決定されない限り原則雨天決行としますが、スケジュールや内容を変更することがあります。
  雨天の場合は、午前から「ひとつばたご広場」で工作教室を開催します。

■これまでの活動の概要
 ・平成20年3月21日に協定を締結。平成21年5月には植栽事業地(蛭川字南洞)にて
  ヒトツバタゴ、コナラ、クリなどの広葉樹を植栽。(1.2ha、1,800本)
 ・午前に森林整備活動(春:植栽地での下草刈り、秋:保育地での枝打ち、除間伐など)、
  午後に森林教室、自然体験などの地域交流事業を基本として年2回の活動を実施。

■協定の概要(岐阜県、中津川市、日本たばこ産業株式会社による協定)
 ・森の名称:「JTの森 中津川」
 ・協定面積:21.29ha
   (継続)中津川市蛭川字南洞地内 植栽事業地4.29ha、保育事業地8.00ha
   (新規)中津川市蛭川字若山地内 保育事業地7.20ha、里山事業地1.80ha
 ・協定期間:平成20年4月1日~平成30年3月31日
   ※平成25年4月1日付けで活動範囲を広げ、協定期間を延長しました。

■その他
 ・JTの森ウェブサイト はこちら

■報道発表資料はこちら(PDF)
 蛭川JTの森.pdf
■問い合わせ
 中津川市蛭川総合事務所
 電話:0573-45-2211(内線 117)


田瀬っ子祭りは、総合的な学習の時間に学習した内容を、お世話になっている地域の方、自分の祖父母を招いて発表します。

■日 時 平成29年11月16日(木) 10時00分~12時00分
■場 所 中津川市立田瀬小学校体育館および各教室(中津川市田瀬14番地)

■活動者 全校児童:46人 学校職員:14人 来場者:約100人
■活動内容
  9:30 受付(おもてなし隊、活動開始)
 10:00 開会式
 10:20 各学年の発表(各教室)
      ・1・2年生;お店やさん(お客さんに楽しんでもらおう!)
      ・3年生;「付知川」(川を知る!川を守る!)
      ・4年生;田瀬の歴史(史跡調べを通して知る郷土の歴史)
      ・5年生;田瀬の豊かな農業(米作り・野菜作り・酪農)
      ・6年生;みんなが笑顔になるために(福祉)
 11:25 全体発表(体育館にて)
      ・田瀬っ子忍者(リズムダンス)披露(1・2年生)
      ・合唱披露 (3~6年生)
 11:40 閉会式
 11:50 見送り

■その他
  田瀬っ子祭には、日頃お世話になっている方を招いて思いやりや感謝の気持ちを行動に移す「福祉・人権教育」
 の場でもあります。「おもてなし隊」が受付と案内をすることから始まり、低学年は工作や遊びのお店を開いて
 お客さんとふれあい、中高学年は田瀬の「環境」「歴史」「農業」「福祉」についての学習成果を各教室で発表
 します。全児童が歌と踊りを披露する全体発表もあります。

  学校長 :林 義成(はやし よしなり)
  全校児童:46人

■報道発表資料はこちら(PDF)
 田瀬小田瀬っ子祭.pdf
■問い合わせ
 中津川市立田瀬小学校
 電話:0573-72-3009


 住友生命保険相互会社が開催する「スミセイアフタースクールプログラム」に
落合学童保育所が独自で応募し、第5回実施団体のひとつに選ばれました。

■日時
 平成29年11月17日(金曜日) 15時00分から16時30分ごろまで
■場所
 落合学童保育所(中津川市落合934-1)※中津川市立落合小学校グラウンド内
■参加団体
 落合学童保育所 21人(予定)

■実施プログラム
 健康プログラム「ことばと健康」
 ・3つのプログラム(いのち・健康・みらい)から健康プログラムを実施します。
  (内容)
    13:30~14:30 地域の子どもの放課後の過ごし方のグループワーク(大人向け)
    15:00~16:30 ・フリーアナウンサーとは(仕事内容など)
             ・話し方の基本(呼吸法、感情の出し方、発生方法など)
             ・アナウンサー体験(いろんな話し方を実践)
             ・こどもと健康について
             ・質疑応答
■講師
 フリーアナウンサー 天野 ひかり氏
 「おやこみゅ(NPO法人 親子コミュニケーションラボ)」代表理事
 ・親子で、すくすく体操、手遊び歌、ことば遊びなどを通じて、子どものコミュニケーション力を
  のばすため、気持ちをことばに置き換える「おやこみゅ力」をつける活動をしています。
 ・テレビ、ラジオ、雑誌、講演会、トークショーなど幅広く活躍しています。

■「スミセイアフタースクールプログラム」
 ・住友生命保険相互会社が、全国の学童保育や放課後子ども教室等をより楽しく、子どもたちにとって
  より成長できる場所とすることを目的に実施しています。年間50カ所、無料で出張授業を開催しています。
 ・中津川市では、平成29年1月28日に苗木学童保育所で開催された「和太鼓の響き」に続き、2回目の開催になります。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 学童ことばのプログラム実施.pdf
■問い合わせ
 教育委員会事務局 子育て政策室
 電話:0573-66-1111(内線 4275)


 中津川市内外から応募をいただきました第11回島崎藤村記念文芸祭の入選作品が決定しました。
入選作品展を中央公民館にて開催し、12月2日(土)には表彰式及び審査員による講評会を行います。

■入選作品展
 期間 平成29年11月11日(土)~12月3日(日)
 会場 中津川市中央公民館ホワイエ
 部門 現代詩、短歌、俳句、エッセイ、創作

■賞
 特選、一席、二席、三席(以上各1名)、佳作(各数名)(各部門共通)
  ※部門によっては、賞の該当がない場合があります。
  ※三席以上の入賞者には、副賞を贈呈します。
  副賞は、昨年6月に(株)中央物産からいただいた寄付金により、賞金を充実させていただきました。

■入選者
 全104人
 入賞者は別紙のとおり(佳作入選者を除く)

 ≪参考≫各部門の応募作品数及び応募者数  ※表の一部に誤りがありましたので訂正しました(11/22)

小中学生の部

一般の部

作品数

応募者数

作品数

応募者数

作品数

応募者数

現 代 詩

124

124

39

39

163

163

短  歌

224

224

158

92

382

316

俳  句

924

924

110

55

1034

979

エッセイ

1

1

48

48

49

49

創  作

4

4

15

15

19

19

1277

1277

370

249

1647

1526

前回

893

893

352

217

1245

1110

 ※1 複数の部門で応募している方は、重複して集計しています。
 ※2 本文芸祭は、中津川市「子ども金メダル事業」の対象事業であり、
   小中学生の部の特選受賞者へ「中津川市子ども金メダル」を授与します。

■表彰式
 ・と き 平成29年12月2日(土曜日) 10時00分から
 ・ところ 中津川市中央公民館ホール
 ・講評会 表彰式終了後に、審査員による講評会が開催されます。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 第11回島崎藤村記念文芸祭入選作品展.pdf
■問い合わせ
 文化スポーツ部 文化振興課
 電話:0573-66-1111(内線 4319)


 岐阜県では、平成29年9月21日(木)から12月31日(日)までの期間を「トワイライト・オン(早めのライト点灯)
キャンペーン」と定めています。
 それに伴い、中津川市では11月15日(水)に街頭啓発を行い、市民の交通安全意識の高揚を図ります。

■日時
 平成29年11月15日(水曜日) 16時00分~
■場所
 開始式
  ふるさとにぎわい広場(中津川市えびす町1707-2)
 啓発活動
  JR中津川駅

■参加者
 中津川市交通安全対策協議会
 中津川警察署
 中津川地区交通安全協会
 中津川市交通安全婦人連絡協議会
 岐阜県立中津高等学校 MSリーダーズ

■実施内容
 16:00~ 開始式(ふるさとにぎわい広場)
      ・挨拶 (1)中津川警察署 交通課長
          (2)中津川地区交通安全協会 中津川支部長
          (3)中津川市交通安全婦人連絡協議会 会長
 16:15~ 啓発活動(JR中津川駅)
 17:00  終了式(駅前広場)
     ・挨拶 中津川市役所 防災安全課長

■主催
 中津川市交通安全対策協議会
 中津川警察署

■報道発表資料はこちら(PDF)
 トワイライト啓発.pdf
■問い合わせ
 生活環境部 防災安全課
 電話:0573-66-1111(内線 165)


 阿木高校家庭クラブでは、阿木駅利用者の方に待ち時間を快適に過ごして頂けるよう、
例年秋から春にかけて座布団を設置しています。
 今年度は阿木駅のノスタルジックな雰囲気に合わせて、座布団のデザインを一新しました。

■日時
 平成29年11月13日(月曜日)15:40~16:00
■場所
 明知鉄道阿木駅(中津川市阿木)
■活動者
 家庭クラブ役員 総合生活科3年次生 3人

■その他
 製作した座布団 3枚(195cm×93.5cm)
 ・藍色をベースにした落ち着いた和柄
    ※駅舎のノスタルジックな景観にマッチ
 ・阿木高校総合生活科のキャラクター「カラフルちゃん」入りの校名のワッペンを貼りました。
    ※「カラフルちゃん」は、今年度全校生徒にデザインを公募して選ばれたもの。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 阿木高座布団設置.pdf
■問い合わせ
 中津川市立阿木高等学校
 TEL:0573-63-2243


 一般社団法人中津川法人会から、社会貢献活動の一環として災害現場で使用する
タオルを寄贈していただくこととなり、その贈呈式を行います。

■日時
 平成29年11月14日(火曜日) 11時00分から
■場所
 中津川市消防本部 3階会議室(中津川市かやの木町1番10号)
■寄贈者
 一般社団法人中津川法人会
■受領者
 中津川市消防本部消防長
■寄贈品
 災害用タオル
■出席者
 一般社団法人中津川法人会 女性部会部会長 今井 紀世子氏
       同      副部会長    吉村 美津子氏
       同      中津川支部長  加藤 郁子氏
       同      恵北支部長   曽我 由美子氏

■寄贈者の紹介
 ・一般社団法人中津川法人会は、中津川・恵那地区で活動している組織でその中に女性部会がある。
 ・同部会は、小牧市法人会と交流があり、小牧市では平成6年の中華航空墜落事故を契機として災害時に何か
  手助けができないか検討した結果、災害用タオルを送ることを発案し、現在まで消防関係者へ寄贈している。
 ・同部会は、6年前の東日本大震災の被災地や3年前の南木曽町へ募金活動による義援金等を寄贈し、熊本
  地震被災地へも義援金を寄付している。
 ・中津川・恵那地区へ目を向け、ボランティア活動を進めている。
 ・同活動の一環として、中津川市・恵那市消防本部に対し災害用タオルを寄贈したい。
 ・消防隊専用、救急隊専用に分けてタオルを寄贈したい。
 ・毎年2市消防本部へ寄贈し今回で3年目となる。各本部で署所へ配分し保管してもらいたい。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 災害用タオル寄贈.pdf
■問い合わせ
 消防本部 消防総務課
 電話:0573-66-1119(内線 553)


 新町通り、本町通り、西太田町通りを歩行者天国にして、毎年11月に合同開催している
「秋の中山道まつり」と「ごへーまつり」を開催します。

■日 時 平成29年11月5日(日)9時~15時30分 (小雨決行)
■会 場 中心市街地一帯(新町・本町・西太田町・花菱町・みどり町・駅前)

■主なイベント情報
・六斎市
  かつて中山道中津川宿で開かれていた『六斎市』を復活・定着させ、地場産品生産者及び地域商業と消費者の
  ふれあいを通じた「人・もの・情報が集まる街、平成の中山道中津川宿」として毎月第一日曜日(1月は除く)
  に開催しています。(平成20年4月から開催、今回で107回目)
  市内の事業所を中心に約50店舗が出店。飲食・物販・企業PRなど様々な内容で通りに並びます。
・ごへーまつり
  市内8店舗がこだわりの味で出店。
  時間:9時~売切れ次第終了 会場:新町ビル跡地
・中津川ミドルエイジバンドフェスティバル
  県内外より音楽に打ち込むミドルエイジバンド10組が集結。
  時間:12時~ 会場:防災都市緑地公園野外ステージ
・伊勢神宮式年遷宮「御用材」の御木曳き
  10月30日に加子母裏木曽国有林での「斧入式」で伐採された式年遷宮の「御用材」を使用し、木遣り唄
  にあわせた「御木曳き」を行います。記念品として御用材の木っ端の配布、餅投げを行います。
  時間:①11時~ ②13時~ 会場:中山道歴史資料館前
・その他 陶器市(花菱商店街)、骨董市(みどり町商店街)、ダンス&ミュージック
    イベント(新町商店街)、屋台村(西太田町通り商店街) ほか
    詳しくはチラシをご覧ください。
■主 催 秋の中山道まつり実行委員会・中山道中津川宿「六斎市」実行委員会

■報道発表資料はこちら(PDF)
 秋の中山道六斎市.pdf
■問い合わせ
 商工観光部 商業振興課
 電話:0573-66-1111(内線4266)


 社会的、経済的に自立を目指している障がい者の就労を支援するために、
「第10回中津川市障がい者雇用促進セミナー」を開催します。

■日時 平成29年11月9日(木曜日) 13時30分から
■場所 健康福祉会館4階 多目的ホール(中津川市かやの木町2番5号)

■講 演
 演題:「精神障がい者の就労支援を通じて~当事者の声から~」
 講師:社会福祉法人 岐阜県福祉事業団
    ひまわりの丘 就業・生活支援センター
    精神障害者就労支援ワーカー 岩井 庸行 氏

■対象者
 市内企業、障がい者団体、民生委員児童委員協議会、福祉関係者、行政関係者
 約60人

■事業の趣旨
 ・社会的、経済的に自立を目指している障がい者の就労を支援するために平成
  20年2月に「中津川市障害者雇用促進協議会」を設立しました。
 ・協議会では、市内における障がい者の雇用の場が一層広がることを目的とし
  て、障がい者雇用促進セミナーを開催します。

■主催 中津川市障害者雇用促進協議会

■報道発表資料はこちら(PDF)
 障がい者雇用促進セミナー.pdf
■問い合せ
 健康福祉部 障害援護課
 電話:0573-66-1111(内線 644)


 昨年の熊本地震などから多くの教訓を学び、学術的知見に基づき岐阜県の防災・減災をみなさんと共に
考える場として,岐阜大学防災シンポジウム~東濃地域の地震に備える~が開催されます。

■日時 平成29年11月8日(水)13:00~16:00(12:30開場)
■会場 東美濃ふれあいセンター 歌舞伎ホール(中津川市茄子川1683-797)

■参加費 無料(定員300名)
■事前申込 
 参加にあたっては、事前申込みが必要です。
 参加希望の方は、「清流の国ぎふ防災・減災センター」へ
 ① メール(gfbosai@gifu-u.ac.jp)又は ② 電話(058-293-3890)にて、住所・氏名をご連絡ください。

■プログラム (敬称略)
 13:00 開会式 岐阜大学長 森脇 久隆
          中津川市長 青山 節児
 13:20 基調講演 「正しく恐れ、できる限りの周到な準備を!」
       岐阜大学副学長・清流の国ぎふ防災・減災センター長 杉戸 真太
 13:50 熊本地震等から学ぶ
      「ドキュメント"避難所"」
        岐阜大学流域圏科学研究センター准教授 小山 真紀
      「災害時のメンタルヘルス」
        岐阜大学臨床講師 深尾 琢
 14:50 休憩・交流タイム
 15:00 ワークショップ 「世界一受けたい防災・減災ワークショップ
       ~自分の命は自分で守り、地域も自分達で守る~」
          岐阜大学工学部シニア教授 髙木 朗義
          げんさい未来塾一期生 黒田 ところ
 16:00 閉会式 岐阜大学副学長 福士 秀人

■主催 国立大学法人 岐阜大学
■共催 一般社団法人 国立大学協会、清流の国ぎふ防災・減災センター
■後援 岐阜県、中津川市、恵那市

■報道発表資料はこちら(PDF)
 岐阜大学防災シンポジウム.pdf
■問い合わせ
 生活環境部 防災安全課
 電話:0573-66-1111(内線 161)