中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

報道発表資料

 

下記のとおり、中津川市太田町付近で水道管が破損し、濁り水が発生したので、お知らせします。

■事故発生日時
  平成30年6月20日(水曜日) 13時56分頃

■事故発生場所
  中津川市太田町1丁目4番21号先市道

■破損した管種
  昭和59年に布設した鋳鉄管口径150ミリメートル

■原因
  現在、調査中です

■対応状況
  ・14時00分 道路から水が噴き出しているとの水道課へ市民からの通報
         水道水の濁りの通報が相次ぐ
  ・14時30分 現場を確認し、給水車および漏水修繕の開始
  ・15時03分 市民安全情報ネットワークによる濁り水発生の周知
  ・15時10分 給水車による応急給水を開始
  ・16時00分 水道管発生場所付近を通行止にして約30軒を断水予定

■報道発表資料はこちら(PDF)
  水道水濁り水発生.pdf

■お問い合わせ
  水道部 水道課 管理係
  電話:0573-66-1111(内線513)

 森林文化アカデミーの学生を招き、木曽ヒノキ備林の散策と東濃ヒノキ等の木工品の製作現場を見学し、当市の森林文化や木工技術に触れる校外研修を行います。

■期日
 平成30年6月27日(水曜日) 9時00分から17時00分
       28日(木曜日) 8時00分から15時30分

■場所
 中津川市加子母地内(含む、加子母裏木曽国有林)、付知地内 【別紙:行程表

■内容等
 森林文化アカデミー(クリエーター科)の学生20人が参加します。
 木曽ヒノキ備林では、樹齢300年以上の大ヒノキの成り立ちや、歴史的建造物の建造や修復に活用されてきた歴史、森林林業を生業としてきた裏木曽の森林文化を学びます。また、木工品の製造現場では、市内産の東濃ヒノキやスギ等を使った「曲げわっぱ」などの伝統工芸品から、デザイナーと連携した「食器」や「家具」などの製造工程を見学します。
 
■特徴
 木材関連産業の人材育成や確保を課題としている中津川市と、学生の獲得や就職先の確保に力を入れている森林文化アカデミーの両者が、それぞれメリットある取り組みとして、中津川市をフィールドとした校外研修を継続的に行います。
 木曽ヒノキ備林の散策では、「裏木曽認定ガイド」の案内で、二代目大ヒノキなどを見学します。また、木工所の見学では、市内5つの木工所を回り、素材や工程などの説明を受け「木工事例調査」として調査研究を行います。
 後継者の居ない木工所や、職人不足の木工所では、アカデミーの学生に見学しいただくことで、人材確保や新製品の開発につながればと期待されています。
 9月には、エンジニア科の学生による同様の見学ツアーを開催し、木曽ヒノキ備林の散策と高性能林業機械を使った森林整備の現場を見学します。
 アカデミーの学生獲得については、5月に県内の高校を巡回し、学校説明を行った際、近隣の高校へ市職員も同行し、木材関連産業の現状などを説明し、進学に対する理解を求めました。

■岐阜県立森林文化アカデミー
 担当者:久津輪 雅 准教授 電話:0575-35-2525(内線401)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 森林アカデミー校外研修
■問い合わせ
 農林部 林業振興課
 電話:0573-66-1111(内線242)

中津川市内の公共交通網のあり方を審議するため、交通事業者や住民代表、行政などで組織する中津川市公共交通会議を開催します。

■日時
 平成30年6月22日(金曜日) 13時30分から
■場所
 中津川市 苗木交流センター ホール
  (中津川市苗木7516番地1)

■審議事項
 ・北恵那バス 苗木城線新規運行について
 ・コミュニティバス車両の移動等円滑化基準適用除外について
 ・平成31年度 生活交通確保維持改善計画について

■会議の傍聴について
 当日13時から、苗木交流センターにおいて受付します。
 傍聴を希望される方は、会議開始前までに会場へ直接お越しください。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 第1回中津川市公共交通会議
■問い合わせ
 定住推進部 定住推進課
 電話:0573-66-1111(内線329)

 市内12中学校からの代表者各1人による意見発表を行います。最優秀賞受賞者は東濃審査会に推薦されます。
 アトラクションとして苗木中学校生徒による合唱を行います。

■日時
 平成30年6月25日(月曜日) 14時00分から16時30分
■場所
 苗木中学校(中津川市苗木2092番地)
  電話0573-65-3387・ファクス0573-65-5884

■大会の概要
 ・一人5分程度で、大会要綱にあるテーマ(A~C)のうち一つを選び意見発表を行います。
 ・審査の結果、最優秀賞 1人、優秀賞 3人を決定。
 ・最優秀賞受賞者1名を東濃審査会に推薦します。
 ・大会の中で、開催当番校である苗木中学校生徒による合唱を披露します。

■特徴
 ・市内全中学校の代表者12人による意見発表。
 ・当日の司会、受付を、苗木中学校の生徒が行います。
 ・最優秀賞受賞者へは後日「子ども金メダル」が授与されます。

■主催
 中津川市青少年健全育成推進市民会議・中津川市・中津川市教育委員会

■大会開催要綱等
  別紙

■報道発表資料はこちら(PDF)
 少年の主張大会
■問い合わせ
 文化スポーツ部生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4312)

 阿木高校総合生活科3年次生、保育福祉コース選択者3人が『認知症サポーター講座』を受講し、認知症について学び、翌週の福祉施設実習に活用します。

■日時
 平成30年6月25日(月) 13:20~15:10
■場所
 阿木高校 保育室 (中津川市阿木119番地)

■講師
 特別養護老人ホーム 「シクラメン」職員

■参加者
 総合生活科 3年次生 3人

■内容
 ・認知症について
 ・認知症の方の接し方 など

■報道発表資料はこちら(PDF)
 認知症講座【阿木高校】
■問い合わせ
 中津川市立阿木高等学校
 TEL:0573-63-2243

 中津川市消防団の消防操法大会が6月17日(日)馬籠ふれあい広場で行われ、市内各地区の予選を勝ち抜いた精鋭19チームとオープン参加の女性消防隊1チームが出場しました。
 4人1組で小型ポンプからホースを3本伸ばした後放水し、63m先の標的を倒すまでの動作とスピードを競い、終始熱い戦いを繰り広げました。
 優勝は坂下分団第1で、8月5日(日)に郡上市で開催される第67回岐阜県消防操法大会に中津川市の代表として出場します。

■ 実施日時 平成30年6月17日(日曜日) 8時00分~
■ 実施場所 馬籠ふれあい広場 (中津川市馬籠)

■ 出場チーム数 13分団 19チーム オープン参加 女性消防隊1チーム

■ 成 績
 優勝  坂下分団第1
 準優勝 福岡分団第4
 3位  苗木分団
 4位  坂本分団第3部
 5位  坂下分団第2
 6位  阿木分団第3部
 7位  付知分団第1部
 8位  阿木分団第1部

 優秀番員賞
  指揮者 坂下分団第1  山下 大輔
  1番員 坂本分団第3部 馬渕 信伍
  2番員 神坂分団第2部 井口 達也
  3番員 坂下分団第1  氷室 友章

■報道発表資料はこちら(PDF)
 操法大会結果
■問い合わせ
 消防本部 警防課
 電話:0573-66-1194(内線233)

 一カ月前に手摘みをしたやぶきたの一番茶を、一緒に茶摘みをしてくださった祖父母や保護者、いつもお世話になっている地域の方を招待して、「新茶を味わう会」を開き振る舞います。
 地域の方とのふれ合いを大切にする、下野小の伝統行事のひとつです。

■日時 平成30年6月22日(金曜日) 11時00分から11時55分
■場所 下野小学校 体育館(中津川市下野664番地)

■活動者
 児童 :全校58人
 職員 :10人
 祖父母や地域の方:約50人

■活動内容
 11:00~11:15 はじめの会
             ・あいさつ
             ・全校合唱「下野小茶摘み歌」
             ・お茶摘みの一行詩発表
 11:15~11:50 新茶を味わいながら交流
 11:50~11:55 おわりの会
             ・お礼のことば、あいさつ

■その他
 ※当日は、本校PTAが作った「下野小茶摘み歌」の全校合唱やお茶摘みの一行詩の発表を行います。また5年生は、総合的な学習の時間で「お茶について」の調べ学習をしてきました。その成果を発揮し、お茶を入れ、おもてなしをします。子どもたちが、自分たちの力で、この会を進めていきます。
 
  学校長 :土屋 昌徳(つちや まさのり)
  全校児童:58人

■報道発表資料はこちら(PDF)
 下野小新茶を味わう会
■問い合わせ
 中津川市立下野小学校
 電話:0573-72-2054

 6次産業化や地産地消がクローズアップされるなか、阿木高校においても、阿木地域で生産される良質な小麦粉を用いた商品開発ができないかと考えました。本校には食品加工や調理について学ぶ学科もあり、普段の学習を地域と連携することで、さらに発展させたいと考えました。
 今回は、参加者それぞれの立場から、今後の活動方針について検討する第1回目の会議となります。

■日時
 平成30年6月19日(火曜日)16:00~17:30
■場所
 阿木高校 会議室(中津川市阿木119)

■日程
 1 学校代表より挨拶
 2 参加者より挨拶
 3 自己紹介
 4 6次産業化に向けた今後の活動計画についての意見交換

■参加者
 〇岐阜県6次産業化サポートセンター職員
 〇中津川市職員
 〇阿木地区区長会会長
 〇農事組合法人 阿木特産営農より
 〇ささりんどう婦人部より
 〇本校生徒(生産科学科3名、総合生活科3名)
 〇本校職員

■その他
6次産業については、農産物を生産する(1次産業)だけでなく、農産物を加工(2次産業)し、販売まで手がける(3次産業)【1×2×3=6次産業】ことで、農家の収益性や、地産地消に繋げ、地域農業を活性化させようと考えられています。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 6次産業化プロジェクト
■問い合わせ
 中津川市教育委員会 阿木高等学校
 TEL.0573-63-2243

 リニアを向かえるまちとして、市の魅力や情報を広く紹介することにより、市の知名度向上及び観光推進を図るため、中津川市観光大使を任命します。
 今回、新日本フィルハーモニー交響楽団のヴィオラ奏者として所属し、30年にわたり中津川市で音楽活動を行っていただいている「吉鶴洋一氏」を観光大使に任命します。

■日時 平成30年6月22日(金) 17時00分から
■場所 中津川市役所 3階 公室(中津川市かやの木町2番1号)

■任命大使 ヴィオラ奏者 吉鶴 洋一(よしつる よういち) 東京都在住
       昭和41年生まれ 51歳 鹿児島市出身

■当市での主な活動実績
・新日本フィルハーモニー交響楽団にて日本のトップレベルの演奏者達とコンサートを行う一方で、中津川市鉱物博物館など、地域住民とふれ合えるコンサートも開催されています。中津川市での活動は約30年におよびます。
・中津川市内の学校等でコンサートや音楽指導を行っています。その際には日本でトップレベルの演奏者の方々を同行されています。
・ユニオンエレックスコンサート(1999年~)
・中津川音楽鑑賞実行委員会によるクラシックコンサート(2009年~)
・鉱物博物館、東山魁夷心の旅路館コンサート

■略 歴
・1966年鹿児島市生まれ。
・三重大学教育学部を経て愛知県立芸術大学大学院修了。
・読売音楽新人賞を受賞。
・1997年新日本フィルハーモニー交響楽団入団。

■その他
・6月22日(金)19時から市内飲食店アニーホールでコンサートの予定。
・4人目の中津川市観光大使

■報道発表資料はこちら(PDF)
 観光大使任命式
■問い合わせ
 商工観光部 観光課
 電話:0573-66-1111(内線4274)

 平成27年度から始まった中津川市総合計画(前期事業実施計画)に位置づけられている事業の効果的な推進を図るため、事業の進捗や効果を検証する外部評価委員会を開催します。

■日時 平成30年6月19日(火) 15時00分から17時00分まで(予定)
■場所 中津川市役所 4階 大会議室(中津川市かやの木町2番1号)

■主な内容
・委員の委嘱(新任1人)
・委員長、副委員長の選任
・議事 ・平成30年度外部評価の進め方について
・評価対象事業の平成27~29年度の進捗状況について

■H30年度の予定
・6月 評価対象事業の平成27~29年度の進捗状況を確認
・7~9月 評価対象事業の個別の検証
・10月 評価結果まとめ、公表

■その他
・委員会構成
・識見を有する者(元外部評価委員)1人
・商工、農林、地域づくりなどの関係者 9人
・委員の任期 2年以内
       平成30年4月1日から平成32年3月31日
       (任期の途中で交代する場合は残任期間)
・評価対象事業
     前期事業実施計画(平成27~30年度)に位置づけた52事業

■報道発表資料はこちら(PDF)
 第1回外部評価委員会
■問い合わせ
 政策推進部 政策推進課
 電話:0573-66-1111(内線308)

月別リスト

    アーカイブ