中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

報道発表資料

8月13日(月)、「中津川ロータリークラブ」を代表して、会長 田口義也様、幹事 志津竜良様が中津川市役所を
訪れ、 平成30年7月豪雨災害義援金として中津川市長に13万5千円を手渡されました。

■ 義援金名称
  「平成30年7月豪雨災害義援金」

■ 義援金額
  13万5千円

■ 中津川ロータリークラブ
  中津川ロータリークラブは1958年6月15日に創立され、実に60年の歴史を誇る奉仕団体です。
  今年度は「職業奉仕で育む ロータリーの和」をテーマに掲げ、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、
  それを育むことで地域社会に貢献しています。

■ 義援金送付等
  いただいた義援金は、日本赤十字社岐阜県支部に送金します。

■報道発表資料はこちら(PDF)
  豪雨災害義援金(ロータリークラブ).pdf

■お問い合わせ
  健康福祉部 障害援護課
  電話:0573-66-1111(内線617) 

平成30 年度全国中学校体育大会第49 回全国中学校サッカー大会へ出場される選手の激励会を開催します。

■日時 平成30年8月14日(火) 17時00分~17時30分

■場所 中津川市役所 本庁舎 中2階 市民ホール 激励 市長

■出場者及び大会概要
暮林 励(くればやし れい) 帝京大学可児中学校 2年 (南小学校出身)

 期日:平成30年8月18日(土)~23日(木)
 場 所:鳥取県内3会場
    ※開会式 コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク (鳥取県鳥取市)
 
 出場経緯:東海予選 準優勝
 その他:全国大会初戦は8月19日(日)14:30~コカ・コーラボトラーズ
 ジャパンスポーツパークにおいて、三田学園中学校(兵庫県)と対戦
 
 主な実績:帝京大学可児中学校サッカー部
 ・平成25年~平成29年 東海中学校総合体育大会 優勝
 ・平成25年 全国中学校総合体育大会 優勝

■報道発表資料はこちら(PDF)
 サッカー激励会.pdf  

■お問い合わせ
 文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4307)

中津川市博物館等6館では、利用者へのサービスの向上と利用増進のため、
博物館等のスポンサーになっていただく制度を設け、
8月13日から一般企業等法人からの募集を開始します.

■募集目的
博物館等へのスポンサー制度の導入を通じて、博物館等の運営財源の充実を図り、
安定的な施設の管理・運営を行うとともに、
より多くの方に観覧いただき、作品にふれあうことで、
より文化、芸術に親しむことができるよう
利用者へのサービス向上と利用増進を図ることを目的とする。

■対象施設
鉱物博物館、苗木遠山史料館、子ども科学館、中山道歴史資料館、東山魁夷心の旅路館、熊谷榧つけちギャラリー

■募集期間
平成30年8月13日(月)から9月20日(木)まで

■応募資格
・スポンサーとしてふさわしい資力及び信用を備えた法人

■応募方法
・申請書などの関係書類を持参または郵送により提出
※郵送の場合は9月20日(木)必着

■スポンサー制度の概要
○スポンサーの特典(メリット)
① 館内のスポンサーボードへのスポンサー名の掲示
② 対象博物館等広報媒体によるスポンサー名の広報
③ 対象博物館等招待券の提供

○スポンサーの条件
・博物館等の活動を支援してくださるスポンサーから、
利用者負担となっていた入場料相当額をいただき、特定の時間帯において無料とします。
・スポンサー制度の範囲は、施設ごとに月曜日から金曜日(休館日を除く)までの
開館時間である9時30分から17時までの平日の時間帯とします。
・スポンサーは、曜日単位とし、負担金は、負担金基準額(施設ごとに5万円から50万円と異なる)以上とします。

○協定期間
協定締結日から1年間
○スポンサーの負担金
・施設ごとに月曜日から金曜日(休館日を除く)までの開館時間である9時30分 から17時までを曜日単位とし、
 曜日ごとに負担金基準額(年間)を設定します。

■選定方法
・博物館等スポンサー制度審査委員会において、スポンサーとしての適格性の審査を 行います。

■その他 
・恵那市の中山道広重美術館(平成29年9月に導入)に続き、全国で2番目の取り組み となります。

■報道発表資料はこちら(PDF)
博物館スポンサー募集.pdf

■問い合わせ
文化スポーツ部 鉱物博物館
電話:0573-67-2110

サッカーJ2リーグのFC岐阜を運営する、(株)岐阜フットボールクラブ宮田博之代表取締役社長が、
中津川ホームタウンデーの開催を前に、中津川市長を表敬訪問します。

■訪問概要 日時:平成30年8月15日(水) 16:30~17:00
会場:中津川市役所 公室
訪問者:(株)岐阜フットボールクラブ 代表取締役社長 宮田博之氏
内容:○今シーズンのFC岐阜の成績及び観客動員数について
   ○中津川市ホームタウンデーについて

■中津川市ホームタウンデー
FC岐阜のホームゲームでは、その試合のホームタウンとなる県内市町村と連携し、各市町村の観光PRや特産品の販売・プレゼントなどを通して、地域の魅力を発信します。
(1)ホームタウンデー
日時:平成30年9月1日(土)18:00キックオフ
会場:岐阜メモリアルセンター 長良川競技場
試合:FC岐阜対大宮アルディージャ

(2)ホームタウンデーの企画
○無料シャトルバスの運行
中津川市役所から長良川競技場までの無料シャトルバスを運行します。(先着20名)
○来場者等への特産品プレゼント
市内で協賛いただいた、栗きんとんなどの特産品を来場者等にプレゼントします。
○会場での出店
市内飲食業者等が、会場の屋台村に出店し販売を行います。
○少年サッカーの出演
中津川市サッカー協会に加盟しているサッカークラブの子どもたちが、試合開始前のイベント参加やセレモニーに出演します。
○市民の無料観戦
中津川市民限定の無料観戦チケット(「ともチケ」)が、先着500枚配布されます。

■報道発表資料はこちらです(pdf)
FC岐阜社長表敬訪問.pdf

お問い合わせ先
文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
電話:0573-66-1111(内線4307)

 弓道・陸上・軟式野球競技で全国大会へ出場する選手の激励会を開催します。

■日時 平成30年8月8日(水) 17時00分~17時30分
■場所 中津川市役所 本庁舎 中2階 市民ホール 激励 副市長

■出場者及び大会概要
『第15回全国中学生弓道大会 JOCジュニアオリンピックカップ大会』
 小南 直輝(こみなみ なおき)付知中学校 3年
 井戸 心春(いど ここは)  第二中学校 1年
  期日:平成30年8月18日(土)・19日(日)
  場所:明治神宮武道場至誠館弓道場(東京都渋谷区)

『日清食品カップ 第34回全国小学生陸上競技交流大会』
 伊東 蓮之助(いとう れんのすけ) 坂本小学校 6年
 曽我 麟太郎(そが りんたろう)  坂本小学校 6年
 紀岡 葉瑠(きおか はる)     坂本小学校 6年
 鈴木 稀咲(すずき きさき)    坂本小学校 6年
 森 由妃(もり ゆうき)      坂本小学校 6年
  期日:平成30年8月18日(土)
  場所:日産スタジアム(神奈川県横浜市)

『平成30年度全国中学校体育大会 第45回全日本中学校陸上競技選手権大会』
 前田 海輝亜(まえだ みきあ) 坂本中学校 3年
 永冶 彰梧(ながや しょうご) 坂本中学校 3年
  期日:平成30年8月18日(土)~21日(火)
  場所:シティライトスタジアム(岡山県岡山市)

『第41回全日本大学軟式野球選手権大会』
 中京学院大学軟式野球部
  主将 西島 大志(にしじま たいし) 4年(熊本県 文徳高校出身)
    ※部を代表して、主将にお越しいただきます。
  期日:平成30年8月19日(日)~24日(金)
  場所:長野県内4会場(長野県長野市 他)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 弓道等激励会
■問い合わせ
 文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4307)

 市内12 校の生徒会役員72名が一斉に集まり、各校の生徒会活動について交流することと、「『おもてなし。外国の方に伝える故郷の魅力』~リニアで訪れた外国の方に、自分の町に来てもらうためには~」のテーマで、中津川の未来に対して議論します。

■日時 平成30年8月7日(火) 9:30~16:00
■場所 9:30~14:00 健康福祉会館4階多目的ホール(中津川市かやの木町2-5)
   14:20~16:00 中津川市役所5階市議会議場 (中津川市かやの木町2-1)

■活動者
市内中学校代表生徒 ・・・・・・・・・・・・・・・・・計72人
引率教諭各学校2人 ・・・・・・・・・・・・・・・・・計20人
来賓等 青山節児(中津川市長) 大堀寿延(中津川市議会議長)
加藤 良一(中津川ライオンズクラブ会長)
本多弘尚(中津川市教育長)

■活動内容
【健康福祉会館4階多目的ホールにて】
① 開会式・生徒交流会         〔 9:30~ 9:50〕
② 学校発表Ⅰ
『自校を支える生徒会活動』実践交流会 〔 9:50~10:40〕
・各学校よりプレゼン発表。
③ 「リニア講話」           〔10:40~11:00〕
・リニア対策課より、リニア開通に関わる説明。リニア対策課より。
④ 学校発表Ⅱ
「『おもてなし。外国の方に伝える故郷の魅力』
~リニアで訪れた外国の方に、自分の町に来てもらうためには~」
                   〔11:00~12:00〕
○交流ランチ・発表準備         〔12:00~13:30〕

【市役所5階市議会議場にて】
⑤ 『おもてなし。外国の方に伝える故郷の魅力』
・議場発表、討論会。          〔14:20~15:30〕
・12の学校より提案。提案に対しての意見交流。
・市議会議長、市長より生徒たちへ助言、激励。
⑥ 閉会式                〔15:30~16:00〕

■主催 中津川市中学校生徒会サミット実行委員会
共催 中津川市教育委員会、中津川ライオンズクラブ

■その他
リニア開通に向けて、中学生の視点からふるさとの魅力を再確認し、中津
川市を訪れるであろう外国人をターゲットとしたおもてなしの取り組み提
案について発表します。
この事業は、中津川ライオンズクラブ様の協力で開催します。

■報道発表資料はこちら(PDF)
第6回中津川市中学校生徒会サミット

■問い合わせ
中津川市教育委員会 学校教育課
電話:0573-66-1111(内線4231)

 今年で24年目を迎える「かしも木匠塾」、今年も全国から集まった大学生が、木材や産直住宅関連の事業所等の協力により木造建築実習を行いながら、地域住民との交流を通じて地域の活性化に取り組みます。

■期間 平成30年8月14日(火曜日)~8月28日(火曜日)
■場所 中津川市加子母地内

■参加大学

参加大学

参加人数

製作物

製作場所

京都大学・京都工芸繊維大学

60人

松屋改修

万賀区地内

金沢工業大学

41人

パーゴラ

福崎公園

立命館大学

48人

東屋建築

上桑原区地内

名城大学

47人

マウンテンバイク倉庫建築

道の駅加子母

東洋大学

29人

ログハウスリノベーション

舞台峠地内

京都造形芸術大学

29人

松屋改修

万賀区地内

滋賀県立大学

42人

松屋改修

万賀区地内

296人

■夏期実習期間中の行事
8月14日(火)開校式(18:00~ふれあいのやかた かしも)
8月19日(日)地域交流の日
        森林整備、トマト収穫、朴葉寿司づくり、自然体験、木工教室、
        小秀山登山など地域の方たちとの交流を深めます。)
8月28日(火)閉校式(18:00~ふれあいのやかた かしも)

■主催 加子母むらづくり協議会・かしも木匠塾実行委員会

■かしも木匠塾とは
・平成7年に、「木造建築」をテーマに、地域との交流を深めながら日本の森林や山村の現状、国産材利用を考える機会として始まり、これまで延べ4,000人以上の大学生造建築に向き合ってきました。
・設計段階から地元工務店の指導を得ながら、年間を通じて大学では習得する機会のない日本の伝統的木造建築の技法を学んでいます。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 かしも木匠塾

■問い合わせ
定住推進部 加子母総合事務所
電話:0573-79-2111(内線3342)

 平成29年度および今年7月に購入した絵画などを展示します。
 「矢面」(やおもて)や「兜」等歴史画が中心で、前田青邨画伯の芸術を堪能できます。

■日時
 平成30年8月7日(火)~平成30年9月2日(日) 9時30分~17時
 ※月曜休館
■場所
 中津川市苗木遠山史料館 (中津川市苗木2897-2)

■内容等
 購入した前田青邨画伯の絵画4点、スケッチ14点の計18点を展示

■特徴
・平成30年度7月に購入した「矢面」〈やおもて〉は、画面全体に薄墨が引かれる中、卓越した線描、古典研究を踏まえた大鎧姿の武士の描写など、青邨ならではの作品です。
・スケッチは青邨画伯が親しみを込めて書き留めた内容になっています。

主な展示作品
 1 「矢面」           70.4㎝×42.5㎝ 平成30年度購入
 2 「兜」            76.2㎝×46.7㎝ 平成29年度購入
 3 「鵜萱葺不合命」       48.5㎝×60.5㎝   〃
 4 「恵那山」(淡彩)      31.0㎝×45.7㎝   〃
 5 「馬籠より恵那山」(スケッチ)25.8㎝×37.8㎝   〃
 6 「新薬師寺」(スケッチ)   26.4㎝×41.2㎝   〃
 7 「城山」(スケッチ)     37.1㎝×25.2㎝   〃

■報道発表資料はこちら(PDF)
 青邨新所蔵作品展
■問い合わせ
 文化スポーツ部 文化振興課
 電話:0573-66-1111(内線4319)

 名古屋外国語大学と中津川市は、教育・文化、スポーツ振興や、地域の発展と優れた人材の育成を目指し相互に連携する協定を締結しています。
 連携協定に基づく活動として、世界共生学部地域創生科目のプログラムで、学生が馬籠地区と本町地区に分かれて域学連携活動を実施します。

■実施期間
 平成30年8月10日(金)~平成30年8月16日(木)
■場所
 馬籠地区、本町地区

■参加学生(世界共生学部)
 馬籠班:4人
 本町班:3人

■副市長との面談
 ・8月10日(金)11時から学生が市役所を表敬訪問し、副市長と面談します。

■プログラム内容
【実施目的】大学の知を地域へ、地域の魅力を大学へ:地域で活躍する人材の育成へ

・国内外各地の多文化共生社会の状況について「現場」での体験を積むために、地域おこしと多文化共生の実情と課題を現場で考察する機会として、中津川市での域学連携活動に取り組みます。
・プログラムでは、地域のにぎわい創出、魅力発信のためのPR動画作成、発信を行います。
・馬籠班は、「浴衣を着て学生が『馬籠宿流しそうめんの夕』等のお手伝い、取材」などに取り組みます。
・本町班は、「おいでん祭花火大会で浴衣を着て、浴衣着付けの出店、風流踊り・ギオンバ等の取材」などに取り組みます。

■成果報告会
・8月16日(木)に、地域向けの成果報告会を中央公民館にて実施します。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 名古屋外国語大学域学連携活動
■問い合わせ
 定住推進部 市民協働課
 電話:0573-66-1111(内線327)

全国子どもチャレンジカップ第11回全国大会においてスタジオfフィットネスクラブ所属の小林心杏選手(山口小学校1年)が優勝、下原光閃選手(西小学校6年)が2位入賞されましたので報告会を開催します。

■日時 平成30年8月6日(月) 10時~10時30分
■場所 中津川市役所 本庁舎 3階 応対 市長

■出場者及び大会概要
 リトル部門 ヒップホップ 優勝
  小林 心杏(こばやし ここあ) 山口小学校1年

 ジュニア部門 ヒップホップ 2位
  下原 光閃(しもはら びいむ) 西小学校6年

 期日:平成30年7月21日(土)・22日(日)
 場所:大田区総合体育館(東京都大田区)
 競技方法:
  予選 ... アクティビティ(10分)、エアロビクス(リトル:10分 ジュニア:15分)、ヒップホップ(リトル:10分 ジュニア:15分)の総合で争う。
  決勝 ... エアロビクス(リトル:8分 ジュニア:10分)、ヒップホップ
     (リトル:8分 ジュニア:10分)の各種目と総合点を争う。
 出場者:
  ・リトル部門 ...109名
  ・ジュニア部門 ...129名
   ※大会全体の出場者数1,086名
 その他:
  ・リトル部門 ...2歳~小学1年生
  ・ジュニア部門 ...小学校2年生~小学校6年生
 実績:
  ・小林心杏選手...2年連続で出場、全国入賞は今年が初めてとなる。
  ・下原光閃選手...前大会でジュニア部門エアロビクス6位入賞。
 ※当日は、スタジオfフィットネスクラブの荻野主宰にもお越しいただきます。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 チャレンジカップ報告会
■問い合わせ
 文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4307)

月別リスト

    アーカイブ