中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

報道発表資料

【市長コメント】
 顧問弁護士と相談しながら対応してまいります。

 平成30年12月13日

中津川市長 青 山 節 児



■報道発表資料はこちら(PDF)
市長コメント(訴訟提起)
■問い合わせ
 消防本部 警防課
 電話:0573-66-1119(内線556)

 平成30年12月10日(月)に㈱愛岐通信機販売 代表取締役 原 恵一 様が中津川市役所を訪問され、坪井 生活環境部長にデジタル携帯型無線機5台を手渡されました。

■寄付者
 ㈱愛岐通信機販売(中津川市茄子川1683-731)

■寄贈品
 デジタル携帯型無線機5台 約75万円相当

■寄付の目的
 「地域振興MCA無線」を平成30年9月にデジタル化したことにより、クリアな音声と従来よりも広い通話エリアとなり、携帯電話がつながりにくい山間部でも通話ができるため、市でも活用してほしいと寄付をしていただきました。

 ※寄贈品は、中津川市の地域振興や各種イベント、山岳救助、防災・減災事業の充実のために活用させていただきます。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 愛岐通信機販売寄付
■問い合わせ
 生活環境部 防災安全課
 電話:0573-66-1111(内線161)

 「年末の交通安全県民運動」が、12月11日(火)から12月20日(木)まで実施されることに伴い、中津川駅ロータリーなどで啓発物品を配布し、市民の交通マナーの向上、交通安全意識の高揚等を図ります。

■日時
 平成30年12月19日(水曜日) 16時00分~
■場所
 開始式
  中津川市都市緑地公園(中津川市えびす町1)
 啓発活動
  JR中津川駅ロータリー
  ルビットタウン中津川店中央入り口付近

■参加者
 中津川警察署
 中津川市交通安全対策協議会
 中津川地区交通安全協会
 中津川市交通安全婦人連絡協議会
 岐阜県立中津高等学校 MSリーダーズ
 岐阜県立中津川工業高等学校 MSリーダーズ

■実施内容
 16:00~ 開始式(中津川市都市緑地公園)
 16:05~ 啓発活動(JR中津川駅ロータリー・ルビットタウン中央入り口付近)

■主催
 中津川警察署
 中津川市交通安全対策協議会

■報道発表資料はこちら(PDF)
 年末交通安全啓発
■問い合わせ
 生活環境部 防災安全課
 電話:0573-66-1111(内線164)

 市内在住者が、住民監査請求に基づく勧告に係る措置の実施に対して、その措置を取り消すよう訴訟が提起されましたので、お知らせします。

■訴訟を提起した日 平成30年11月30日(金)

■訴訟を提起した者 市内在住者

■訴訟の相手方   中津川市

■本件の概要
・原告は、平成30年7月19日、中津川市監査委員に平成29年度分の中津川市消防団の出動手当を市が払いすぎているので消防団員に返金を求めて、との住民監査請求を行った。
・同年9月13日、監査委員から中津川市長に対し、中津川市消防団の出動手当の過払い分2,951,300円を中津川市消防団に返還請求をするように勧告を受けた。
・同年10月31日に中津川市長は、中津川市消防団の警報発令時の自宅待機について調査したところ自宅待機の確認ができたため、出動手当の過払いは生じていないと判断し、中津川市消防団に返還の請求はしないことを措置した。

■訴訟を提起した理由
・中津川市監査委員から市長への返還請求の勧告に対し、中津川市長が消防団に返還の請求をしないという独自措置を行ったことについて、措置の取消を求める住民訴訟である。
・訴訟の内容
1.中津川市長が、平成30年10月31日に行った、中津川市消防団に返還の請求はしないこととする措置を取り消せ。
2.被告は、中津川市消防団に出動手当過払い金2,951,300円の返還請求をせよ。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 訴訟提起(消防本部)
■問い合わせ
 消防本部 警防課
 電話:0573-66-1111(内線556)

 北恵那交通株式会社と中津川市が協力して運行する「クリスマスバス」を利用した「バスロケーションサービス」の実証実験を行います。
 この実証実験では、中津川市が整備したバスデータを活用し、専用WEBサイトの地図上にクリスマスバスが今どこを走っているかを表示します。クリスマスバスを見つけて、ぜひご乗車ください!

■実証実験期間
 平成30年12月11日(火)から12月25日(火)のクリスマスバス運行期間中

■クリスマスバスを追跡して乗車しよう!
 ・クリスマスバス追跡専用WEBサイト
 ・パソコンやスマートフォンで見ることができます。

■実証実験の内容
 ・オープンデータとして公開されている「標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)」データを活用し、クリスマスバスから発信されるバス位置(緯度経度)をもとに、地図上でバスの位置を案内します。
 ・この仕組みを利用したバスロケーションサービスが、誰もが利用しやすい公共交通の環境づくりにつながるかを検証します。
 ・中津川市地域公共交通網形成計画に基づき、公共交通の利用促進のために行うものです。

■技術協力
 SkyBrain(ロケーションサービス):株式会社ヴァル研究所(東京都杉並区)

■標準的なバス情報フォーマット(GTFS-JP)
 平成29年3月に国土交通省が定めた形式で、バス停の位置情報、時刻表、ルート、運賃などのバス情報を一つにまとめたデータ。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 クリスマスバス追跡
■問い合わせ
 定住推進部 定住推進課
 電話:0573-66-1111(内線329)

 5年生が学校のハウス農園でトマトを育て、地域の道の駅で販売しました。
その収益の一部を中津川市社会福祉協議会加子母支部へ寄付します。

■日時 平成30年12月18日(火曜日) 10時35分~10時40分
■場所 加子母小学校 5年生教室(中津川市加子母2781-72)

■活動者
 児童:5年生 24人
 学級担任:小池 優希(こいけ ゆうき)

■活動内容
  10:35~10:40 5年生教室にて、中津川市社会福祉協議会加子母支部の方に寄付金を渡します。

■その他
 ・「JAひがしみの加子母支部青壮年部」の指導のもと、学校のハウス農園で育てたトマトを販売しました。その収益の使い道を子どもたちが話し合った結果、地域の方の協力でトマトを作り、地域の方に販売して得た収益のため、最後は地域へ還元したいという願いから中津川市社会福祉協議会加子母支部へ寄付することになりました。
 ・他の収益の使い道は、トマトづくりを指導してくださった、青壮年部の方水やりの送迎に協力してくださった保護者を招いて振る舞ったピザの費用と、自分たちの学習活動で使うボールと、来年度のトマトづくりの費用にします。

 学校長 :砂田直彦(すなだなおひこ)
 全校児童:123人

■報道発表資料はこちら(PDF)
 加子母小(トマト販売収益寄付)
■問い合わせ
 中津川市立加子母小学校
 電話:0573-79-2125

 阿木交流センター建設工事を着工するにあたり、工事の安全成就のため安全祈願祭を実施します。

■日 時
 平成30年12月16日(日)10時00分から(雨天決行)
■場 所
 中津川市阿木事務所駐車場(中津川市阿木11番1他)

■内 容
 神事
 地鎮行事
 来賓挨拶
 施工者挨拶

■出席者
 中津川市長
 中津川市議会議長
 阿木交流センター建設委員長
 地元関係者 等

■主催者(請負業者)
 田口建設株式会社 代表取締役 田口秀典(建築主体工事)
 有限会社本多電気 代表取締役 本多裕孝(電気設備工事)
 保母興産株式会社 代表取締役 保母良三(機械設備工事)

■事業概要
 施設名称:阿木交流センター
 施設機能:事務所、公民館、診療所
 敷地面積:3,670.5㎡
 延床面積:993.48㎡
    1階 859.32㎡(事務所及び公民館661.65㎡、診療所197.67㎡)
    地階 134.16㎡(倉庫)
 構造:木造平屋建て 一部掛屋造
 工期:平成30年12月から平成32年2月まで

■報道発表資料はこちら(PDF)
 阿木交流センター安全祈願祭
■問い合わせ
 文化スポーツ部生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4311)

 中津川市民病院で患者様やご家族様、地域の皆様を対象に手作りのクリスマスコンサートを開催します。どなたでも無料で参加いただけます。

■日時
 平成30年12月13日(木曜日) 14時30分から(約40分)
■場所
 中津川市民病院 本館1階エントランスホール(中津川市駒場1522-1)

■内容等
 ギターやクラリネットによるクリスマスメドレーや日本の名曲の演奏など
 演奏者およびボーカルは次のとおり
 ・医師  松本 卓也 ギター
 ・薬剤師 隅田 美紀 ボーカル
 ・研修医 安江 優  クラリネット
 ・研修医 百瀬 瑞季 ボーカル
 ・ドクターカー医師
      間渕 則文 オカリナ
               ほか

■報道発表資料はこちら(PDF)
 市民病院クリスマスコンサート
■問い合わせ
 病院事業部 総務人事課
 電話:0573-66-1251(内線4513)


 第6回全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクールへ出場される阿木小学校4年生(チーム名:ちゃぐりん The Second)の激励会を開催します。

■日時 平成30年12月12日(水) 17時00分~17時30分
■場所 中津川市役所 本庁舎 中2階 市民ホール  激励 市長

■出場者及び大会概要
 『第6回全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール』
 小学生部門 規定曲部門
   中津川市立阿木小学校 4年1組12名
   チーム名:ちゃぐりん The Second
 期日:平成30年12月26日(水)・27日(木)
 場所:マイナビ赤坂BLITZ(東京都港区)
 出場経緯:予選審査通過
 備考:学習指導要領で必須となった「現代的なリズムのダンス」を小中学校の学級単位で「自由曲」、「規定曲」部門で発表し、「動きの完成度」、「チームワーク」等を基準に審査する。
 その他:・昨年度に引き続き、2回目の出場。
     ・規定曲であるFlowBackの「No Other One」に取り組んだ。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 ダンス激励会
■問い合わせ
 文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4307)

 心肺停止状態となった81歳の女性に対し、迅速な通報、胸骨圧迫、AEDによる電気ショックを実施したことにより、救命に大きく貢献された方々へ感謝とその功績を称え、中津川市消防長が感謝状を贈ります。

■日時
 平成30年12月14日(金曜日) 13時30分から
■場所
 中津川市消防本部3階会議室(中津川市かやの木町1-10)

■被表彰者
 佐藤 米子(サトウ ヨネコ)様 中津川市加子母在住
 河合 静佳(カワイ シズカ)様 中津川市落合在住
 早川 菅子(ハヤカワ スガコ)様 中津川市坂下在住
 冨田 真衣(トミタ マイ)様 中津川中川町在住

■表彰内容
消防長表彰〔感謝状〕
 平成30年11月14日(水)10時55分頃、中津川文化会館(中津川市かやの木町2-2)ステージにて中津川市老人クラブ連合会主催の芸能発表会で踊りを披露していた女性が突然倒れました。異変に気づいた早川様が、女性の意識がないことを確認、佐藤様が文化会館職員に119番通報を依頼。佐藤様、河合様、早川様、富田様は協力し文化会館職員が持参したAEDで電気ショックを行い、その後胸骨圧迫を実施。
 引き継いだ救急隊が心拍再開を確認。ドクターカー医師の診察後、ドクターヘリで県立多治見民病院へ搬送されました。近日中に、後遺症もなく軽快退院の予定です。
 バイスタンダー(救急現場に居合わせた人)による迅速な通報・AEDによる電気ショック・胸骨圧迫、救急隊、ドクターカー、ドクターヘリによる「救命の連鎖」がうまく繋がったことによる社会復帰事例です。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 人命救助消防表彰
■問い合わせ
 消防本部 救急課
 電話:0573-66-2039(ダイヤルイン)

月別リスト

    アーカイブ