中津川市役所

文字色

メニュー

知りたい情報を検索する

報道発表資料

01.随時公表資料の最近のブログ記事

全国大会出場者激励会

 ボート・ウエイトリフティング・ソフトテニス・レスリング・陸上・珠算競技で全国大会へ出場する高校生の激励会を開催します。

■日時 平成30年7月24日(火) 17時00分~17時30分
■場所 中津川市役所 本庁舎 中2階 市民ホール 激励 市長

■出場者及び大会概要
『平成30年度全国高等学校総合体育大会ボート競技大会』
 男子ダブルスカル
  永冶 旭(ながや あさひ) 恵那高等学校 3年(坂本中学校出身)
  西尾 颯馬(にしお そうま) 恵那高等学校 3年(坂本中学校出身)
 女子シングルスカル
  中島(なかしま) みなみ  恵那高等学校 3年(第二中学校出身)
 期日:平成30年7月29日(日)~ 8月2日(木)
 場所:愛知池漕艇場 東郷ボートコース(愛知県愛知郡東郷町)

『平成30年度全国高等学校総合体育大会ウエイトリフティング競技大会』
 個人・男子94Kg級
  太田 祐汰(おおた ゆうた) 中津高等学校 3年(加子母中学校出身)
 期日:平成30年8月2日(木)~6日(月)
 場所:亀山市西野公園体育館(三重県亀山市)

『平成30年度全国高等学校総合体育大会ソフトテニス競技大会』
 女子個人
  片田 日菜子(かただ ひなこ) 中津商業高等学校 3年(福岡中学校出身)
  市岡 夕芽(いちおか ゆめ)  中津商業高等学校 3年(苗木中学校出身)
 期日:平成30年7月30日(月)~8月2日(木)
 場所:三重交通Gスポーツの社鈴鹿庭球場(三重県鈴鹿市)

『平成30年度全国高等学校総合体育大会レスリング競技大会』
 個人フリースタイル51Kg級
  後藤 玲空(ごとう れく) 中津商業高等学校 3年(坂下中学校出身)
 期日:平成30年8月4日(土)~7日(火)
 場所:メッセウイングみえ(三重県津市)

『平成30年度第53回全国高等学校定時制通信制体育大会 陸上競技大会』
  磯川 潤人(いそかわ ひろと) 阿木高校 3年(福岡中学校出身)
  原 裕太(はら ゆうた)    阿木高校 3年(蛭川中学校出身)
  土屋 穂乃佳(つちや ほのか) 阿木高校 3年(坂本中学校出身)
 期日:平成30年8月9日(木)~ 12日(日)
 場所:駒沢オリンピック公園総合運動場(東京都世田谷区)

『平成30年度第65回全国高等学校珠算・電卓競技大会』
  中津商業高等学校 珠算部
 期日:平成30年8月1日(水)
 場所:東京武道館(東京都足立区)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 ボート等激励会
■問い合わせ
 文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4307)

 PTA父親委員会と青少年健全育成推進市民会議共催の行事「さかなとふれあい」を行います。今年で24回目になります。

■日時 平成30年7月29日(日) 8時30分~14時00分
■場所 田瀬 横川渓谷(民宿「よこ川渓谷」(中津川市田瀬1246-3)前、橋の下付近)

■活動者
 児童:45人
 保護者:45人(父親が中心)
 学校職員: 8人
 その他:青少年健全育成推進市民会議福岡支部田瀬分会のみなさん

■活動内容
 1 始めの会
 2 竹串作り
 3 マス釣り・マスつかみ・川遊び
 4 竹串刺マスを炭火で焼く→昼食
 5 すいか割り
 6 終わりの会

■その他
  ・参加を希望する児童が、家族(特に父親)と一緒に、マスをつかんだり釣ったりしたマスを自作の竹串で刺して焼いて食べます。「故郷を愛する気持ちと父子の絆が深まること間違いなし!」という行事です。

  学校長 :田口 利一(たぐち としかず)
  全校児童:45人

■報道発表資料はこちら(PDF)
 田瀬小さかなとふれあい
■問い合わせ
 中津川市立田瀬小学校
 電話:0573-72-3009

 中津川市鉱物博物館では、ミュージアムフェスタ2018(第11回鉱物博物館まつり)を7月29日(日)に開催します。
 一日「石を楽しむ日」とし、ミネラルショーなどさまざまな催しで、博物館の楽しみを体感していただけます。当日は入館無料です。

■日時 平成30年7月29日(日) 9時30分~16時30分
■場所 中津川市鉱物博物館(中津川市苗木639-15)

■催し
  入館無料
 ・ミネラルショー【鉱物や化石の専門店による展示販売】
 ・ジェムストーンさがし【有料:1回200円】
   砂の入った水槽からきれいな石(ジェムストーン)をさがします。
 ・ストーンハンティング【無料:30分】
   苗木産の小さな水晶を掘ってさがします。お持ち帰り1個
 ・クイズラリー【無料】
   展示室をまわって、クイズにチャレンジ。全問解答でくじ引きあり。
 ・手づくりアクセサリー【有料:500円から】
   すきな天然石を選んで、オリジナルアクセサリーをつくります。
 ・石割体験【無料】※開催時間:11:00,13:00
   かたい花こう岩(みかげ石)を自分で割ってみることができます。
 ・五平餅・手作りパン・かき氷など飲食販売もあります。
 ・開催中の開館20周年夏休み特別企画「村上康成『石のきもち』絵本原画展」も当日は無料でご覧いただけます。

■臨時休館
 平成30年7月28日(土)※フェスタ開催準備のため

■主催
 ミュージアムフェスタ実行委員会(中津川市鉱物博物館・中津川市鉱物博物館友の会)

■施設案内
 夜明けの森きらめきパーク 中津川市鉱物博物館
 ホームページURL http://mineral.n-muse.jp
 開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)/休館日 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
 入館料(通常) 個人320円、団体270円(10人以上)※中学生以下無料
 駐車場 無料(80台、身障者用2台)
 交通 中央自動車道「中津川」ICから下呂方面、車で約20分
    JR中央線「中津川」駅からバス、「夜明けの森」バス停下車、徒歩約40分

■報道発表資料はこちら(PDF)
 ミュージアムフェスタ2018
■問い合わせ
 文化スポーツ部 鉱物博物館
 電話:0573-67-2110

 東濃遊技業組合(組合長 新井泰成 氏)から中津川市へAED2台を寄付していただきます。

■日時
 平成30年7月27日(金曜日) 14時40分から
■場所
 中津川市役所3階 応接室

■寄付者
 東濃遊技業組合(組合長 新井泰成 氏 他)

■受納者
 市長

■寄付物品
 AED(自動体外式除細動器)2台

■寄付されるAEDの設置先
 中津川市役所および老人福祉センター

■参考
 東濃遊技業組合
  ・東濃5市で営業するパチンコスロットの店舗30店で組織する組合

 寄付
  ・地域貢献活動としてAED等を寄付されています
  ・昨年度も2台のAEDを寄付していただきました
    (昨年度の設置場所:東美濃ふれあいセンター・貸出し用)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 AED寄付
■問い合わせ
 生活環境部防災安全課
 電話:0573-66-1111(内線162)

 平成27年度から始まった中津川市総合計画(前期事業実施計画)に位置づけられている事業の効果的な推進を図るため、事業の進捗や効果を検証する外部評価委員会を開催します。

■日時 平成30年7月24日(火) 15時00分から17時00分まで(予定)
■場所 中津川市役所 4階 大会議室(中津川市かやの木町2番1号)

■主な内容
 ・議事 評価対象事業の平成27~29年度の進捗状況について(5事業)

■参考
 ・6月19日に第1回委員会を開催し、平成30年度評価の進め方などを協議しました。
 ・第2回は、今年度評価対象となる10事業のうち5事業について検証します。
 ・8月に残りの5事業について検証する予定です。
 ・10月に評価結果を最終決定し、市民に公表予定です。

■その他
 ・委員会構成
   ・識見を有する者(元外部評価委員) 1人
   ・商工、農林、地域づくりなどの関係者 9人
 ・委員の任期 2年以内
        平成30年4月1日から平成32年3月31日
        (任期の途中で交代する場合は残任期間)
 ・評価対象事業
   前期事業実施計画(平成27~30年度)に位置づけた52事業

■報道発表資料はこちら(PDF)
 第2回外部評価委員会
■問い合わせ
 政策推進部 政策推進課
 電話:0573-66-1111(内線308)

 大規模災害により自宅が壊滅的な被害を受けたことを想定し、被災者が自主的な避難所の設営、自治活動の運営開始までの訓練と講習を行います。

■日時
 平成30年7月22日(日曜日) 9時00分から12時00分まで
■場所
 中津川市田瀬区民会館(中津川市田瀬1811)

■目的
 災害発生時に避難所を設営し、短期間の居住環境を整える。

■内容
 各地区の女性防火クラブ員約80名を14世帯に分け、リーダーの選出から各係の任命、避難者の管理、避難所のプライベート空間の作成等、総合的な訓練を実施します。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 連合女防講習会
■問い合わせ
 消防本部 予防課
 電話:0573-66-1619(内線555)

 中津地区災害対策協議会の会長 加藤 正三(かとう しょうぞう)さんは多年にわたり土砂災害等に関する防災活動に寄与した功績が認められ国土交通省中部地方整備局長表彰を受賞したことを市長に報告します。

■日時
 平成30年7月19日(木) 14時00分から14時30分まで
■場所
 中津川市役所3階公室(中津川市かやの木町2番1号)

■受賞
 建設事業関係功労者表彰 (平成30年7月19日)

■受賞者の概要
・中津地区災害対策協議会は、中津川市南地区10地区の区長により昭和51年に設立し、平成28年度には42地区8,000世帯以上が加入、40年余活動を行っている団体である。
・主には昭和7年8月26日に発生した「四ツ目川災害」を風化させることなく後世に伝え、土砂災害をはじめとする自然災害に対する意識の向上をめざし、活動を行っている。
・加藤正三氏は、平成10年4月から平成15年3月まで副会長、平成15年4月から現在まで会長として主導的に活動を行っており、20年余継続的に地域の防災意識の高揚に大きく貢献している。
・平成24年には国土交通省の建設事業功労者事務所長表彰を受賞しており、こうした活動は国土交通省が推進している河川環境、防災、地域連携の事業に関わる功労者として評価された。

■主な活動内容
・砂防施設周辺の清掃活動として春秋の環境ワーキング実施
 (四ツ川遊砂工・子野川床固工・山神砂防堰提)
・8月26日 中津川市「治山・治水の日」
  四ツ目川災害祈念祭の挙行、砂防講演会の開催
・土石流災害防止に向けた視察・勉強会、交流活動等の実施

※「四ツ目川災害」
・昭和7年8月26日に発生した土石流は中津町(現中津川市)を覆い尽くし、死者2名、負傷者24名、流失及び全半壊家屋370戸の記録に残る過去最大級の災害となった。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 中部地整局表彰市長報告
■問い合わせ
 基盤整備部 建設課
 電話:0573-66-1111(内線271)

寄付をいただきます

 ワイ・ケー・ピー工業株式会社から地域の将来を担う子どもたちの国際経験などグローバル人材の育成を目的として中津川市へ寄付をいただきます。
 寄付金は「中学生海外研修」事業に使わせていただくため、平成30年度「中学生海外研修」結団式の前に寄付受渡式を開催します。

■日時
 平成30年7月24日(火)19時00分から
■場所
 健康福祉会館4階多目的ホール(中津川市かやの木町2番5号)

■寄付金額
 50万円

■寄付者
 中津川市千旦林651-15
 ワイ・ケー・ピー工業株式会社 代表取締役 可児 力 様

■受領者
 青山 節児 中津川市長

■寄付目的
 国際化社会に対応したグローバル人材の育成のため

■寄付の使途
 市民国際交流事業「中学生海外研修」事業のため基金として積立

■報道発表資料はこちら(PDF)
 国際交流寄付
■問い合わせ
 文化スポーツ部生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4311)

 市所有の光ファイバケーブル等をNTT西日本へ譲渡し、これを機に「ICT利活用による地域活性化に関する連携協定」を締結します。地域の活性化及び市民サービスの向上を図ることを目的に、NTT西日本のICT技術との連携によるブロードバンドを活用した新たな取り組みを進めます。

■日時
 平成30年7月24日(火曜日) 10時45分から
■場所
 中津川市役所 3階 公室

■出席者
 西日本電信電話㈱岐阜支店 支店長 徳升 良弘(とくます よしひろ)様
 中津川市 市長 青山 節児

■協定締結に至った背景
 市内の情報格差の解消のために、市が市内のほぼ全域に光ファイバ設備を整備し、NTT西日本が運用することで、光ブロードバンドサービスを提供してきましたが、契約期間が満了する一部の設備を中津川市からNTT西日本へ譲渡することになりました。
 これを契機に、両者が連携して、ブロードバンドサービスとICT、AI、IoT技術を活用し、地域の様々な課題解決に共同で取り組み、地域の活性化や市民サービスの向上等を目指すものです。

■連携協定の内容
 中津川市は、産業、観光、教育、防災、地域の安心・安全、環境対策等の分野における様々な課題に対応するための具体策を検討し、NTT西日本は、これまでに培った知見や最新の技術を基に、課題解決に向けたソリューションの提案、必要な助言及び情報提供を行います。

■今後の展開について
 今回の連携協定の締結を契機に、地域の活性化及び市民サービスの向上につながる事業の検討、具現化に取り組みます。また、両者の協力の元、様々な分野において、光ブロードバンドサービスとICT、AI、IoT技術を活用した取り組みを推進していきます。

■ICT、AI、IoT、ソリューションとは
 ・ICT・・・情報通信技術
 ・AI・・・・人工知能
 ・IoT・・・身の回りのあらゆるものがインターネットにつながる仕組みのこと
 ・ソリューション・・・企業がビジネスやサービスについて抱えている問題や不便を解消すること

■報道発表資料はこちら(PDF)
 ICT連携協定
■問い合わせ

 県内における道の駅相互の交流と連携の強化および関係する国、県と市町村間の情報共有を図る取り組みを行なっています。今年度の協議会総会を下記のとおり開催します。

■日時
 平成30年7月20日(金曜日) 13時30分から
■場所
 苗木公民館ホール(苗木交流センター 中津川市苗木7516番地の1)

■内容
 ・議事 H29年度事業及び決算報告、H30年度事業計画、収支予算案
 ・中部地方整備局より「道の駅」に関する最近の話題
 ・JAF岐阜支部より岐阜「道の駅」スタンプラリーについて
 ・終了後、苗木城跡ガイドツアーを実施(希望者)

■出席予定者
役員
 会長:中津川市長、副会長:美濃市長、高山市長、監事:海津市長、東白川村長
 (平成29年度、30年度役員 ※役員の任期は2年)

来賓
 岐阜県議会議員 平岩正光様、岐阜県県土整備部次長 松田勲様、中部ブロック「道の駅」連絡会事務局長 田島浩美様

■「道の駅」連絡会
 構成
 ・正会員 「道の駅」登録者である市町村
 ・賛助会員 「道の駅」整備中、整備構想を持つ市町、及びこの趣旨に賛同する市町
 ・顧問 国土交通省中部地方整備局 岐阜国道事務所、高山国道事務所、多治見砂防国道事務所、岐阜県県土整備部道路維持課、各土木事務所、岐阜県商工労働部観光国際局観光企画課
  ※正会員 22、賛助会員 7、道の駅数 56(H30.7.13現在)

 設立趣旨
  多くの道の駅が整備されつつある中、県内においても新たに相互の交流・連携を強化し、県の個性を活かし、「道の駅」の機能をより一層高め、より高度なサービスを提供するとともに管理運営についての研修、意見交換が必要と考え、関係市町村が相互に緊密な連携を図る連絡会として設置されました。 設立 平成11年10月。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 岐阜県ブロック道の駅連絡会総会
■問い合わせ
 商工観光部 観光課
 電話:0573-66-1111(内線4271)
 

月別リスト

    アーカイブ