トップページ報道発表資料

01.随時公表資料

01.随時公表資料の最近のブログ記事


 2018年版 第6回日本「住みたい田舎」ベストランキング(宝島社)が発表され、東海エリアでは、
小さなまちランキングの総合部門と子育て世帯が住みたい田舎部門で1位となりました。なお、全国では、
総合部門で20位にランキングされました。
 このランキングは、全国の自治体を対象に194項目のアンケート調査結果によりランキングされています。
 中津川市は初のランクインとなりました。

■公表媒体
 2018年2月号(1月4日発売)『田舎暮らしの本』㈱宝島社 *10万部発行

■内容
 ①全国1,718自治体を対象に、194項目のアンケート調査を実施
  ・671自治体が回答(過去最多)「内訳:人口10万人以上106・人口10万人未満565」
  ・人口10万人未満の「小さなまち」と10万人以上の「大きなまち」にグループ分け
  ・幅広い世代におすすめの総合部門、若い単身者におすすめの若者世代部門、子育てファミリーに
   おすすめの子育て世代部門、第二の人生に適したシニア世代部門の4部門で構成

 ②公表ランキング(人口10万人未満の「小さなまち」)
 (東海エリア)
  ・総合部門:1位
  ・子育て世代が住みたい田舎部門:1位
  ・若者世代が住みたい田舎部門、シニア世代が住みたい田舎部門はランク外

 (全国)
  ・総合部門:20位
  ・子育て世代が住みたい田舎部門:22位
  ・若者世代が住みたい田舎部門、シニア世代が住みたい田舎部門はランク外

■報道発表資料はこちら(PDF)
 住みたい田舎暮らし東海エリア1位に.pdf
■問い合わせ
 定住推進部 定住推進課
 電話:0573-66-1111(内線324)

平成29年消防統計がまとまりました


 平成29年の火災、救急、救助の活動状況を整理した「平成28年消防統計」がまとまりましたので公表します。

概 略

■ 火 災
 ・発生件数=48件(前年比 17件増)
 ・損 害 額=63,281千円(前年比24,743千円増)
 ・死者=2人、負傷者=7人
   火災種別は、建物火災24件(前年比 10件増)、車両火災4件(前年比 増減なし)、林野火災4件(前年比 増減なし)、
  その他火災16件(前年比 7件増)です。
   主な出火原因は、火入れ8件、枯草焼き・たき火4件などです。

■ 救 急
 ・出場件数=3,229件 (前年比 127件増)
 ・搬送人員=2,983人 (前年比 84人増)
   事故種別では急病が全体の61.6%を占めています。
   応急手当講習の普及活動は、指導回数311回、受講者数9,207人です。

■ 救 助
 ・出場件数=59件 (前年比 1件減)
 ・活動件数=20件 (前年比 4件減)
 ・救助人員=20人 (前年比 14人減)
  種別では交通事故によるものが41件で69.5%を占めています。

  詳細については別紙をご覧ください。
  速報値であるため、消防年報とは異なる場合があります。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 平成29年消防統計.pdf
■問い合わせ
 中津川市消防本部 救急課
 電話:0573-66-2039(直通)

第64回文化財防火デーに伴う火災防ぎょ訓練を行います


 1月26日「文化財防火デー」に貴重な文化財を守るため、苗木城跡にて火災防ぎょ訓練を行います。

■日 時
 平成30年1月26日(金) 9時30分~
 (荒天時及び災害発生時は中止)
■場 所
 苗木城跡三の丸(中津川市苗木2799-2-1)

■訓練参加者
 苗木遠山資料館職員・苗木区長会・苗木本町区・中津川市文化財保護審議会
 苗木事務所・中津川市文化スポーツ部
 中消防署:指揮隊1隊、消防隊2隊、西消防署:消防隊1隊、北消防署:消防隊1隊
 坂下分署:消防隊1隊
 苗木分団

■訓練概要
 ・林野火災及び苗木城跡への延焼に対する火災防ぎょ訓練
 ・苗木城跡三の丸までの遠距離送水訓練
 ・苗木分団との連携訓練

■苗木城跡
  戦乱の時代から江戸時代まで続いた苗木遠山家の城跡で現在でも堅牢な石垣を残しており、
 木曽川川面から天守までの比高差は約170メートルあります。土岐氏と並んで東美濃一帯
 を根拠として覇を称えた遠山氏の居城で、「赤壁城」や「霞ケ城」ともよばれています。
  国指定史跡:昭和56年4月22日指定
  続日本100名城:平成29年4月6日選定
  岐阜の宝もの:平成29年9月30日認定

■その他
 消防本部では、市内各所の国・県・市重要文化財の立入検査を実施します。

■報道発表資料はこちら(PDF)
 文化財防火デー訓練.pdf
■問い合わせ
 消防本部 警防課
 電話:0573-66-1111(内線556)

姉妹友好都市「ふれあい交流書画展」を開催します


中津川市、名古屋市、豊田市稲武町による「ふれあい交流事業」の一環として、児童生徒の書画作品を展示します。
この事業は昭和62年から続いており、今年で32回目を迎える歴史ある事業です。

■日 時
 平成30年1月27日(土)、28日(日)
       10時00分から16時00分
■場 所
 中津川市にぎわいプラザ5階コミュニティーホール(中津川市栄町1-1)

■展示作品
 中津川市小中学校児童生徒   書作品 40点 絵画作品 40点
 名古屋市小中学校児童生徒   書作品 50点 絵画作品 50点
 豊田市稲武町小中学校児童生徒 書作品 18点 絵画作品 20点

■その他
 ・昭和61年10月に、中津川市苗木にある名古屋市の「中津川野外教育センター」が縁で、名古屋市、中津川市、
  稲武町の二市一町による「ふれあい協定」が締結され、3カ月後の昭和62年1月に、第1回の「ふれあい交流書
  画展」が市庁舎のロビーで開催されました。
 ・昨年の秋には、名古屋市博物館にて「姉妹・友好都市児童生徒書画展」が開催され、中津川市児童生徒の作品80
  点も展示されました。
 ・中津川市で開催後、豊田市稲武町にて、下記のとおり書画展を開催します。
   開催期間:平成30年2月9日(金)~14日(水)
   開催場所:どんぐりの湯テーマ館

■報道発表資料はこちら(PDF)
 ふれあい交流書画展.pdf
■問い合わせ
 中津川市教育委員会 学校教育課

【坂本中】 「ものづくりの魅力講座」を行います


 坂本中学校で総合的な学習の時間の内容として「ものづくりの魅力講座」を実施します。
電子機器組み立て職種をはじめとして6職種・13人の職業マイスターの皆さんに職業講話および、
ものづくり体験教室の指導を行っていただきます。

■日 時 平成30年1月26日(金曜日) 13時40分~15時30分
■場 所 中津川市立坂本中学校体育館 他(中津川市千旦林1386-1)

■活動者
 生徒 :1学年生徒 137人
 教職員:10人
 保護者:数名

■講 師
 岐阜県職業能力開発協会
 厚生労働省ものづくりマイスターの皆さん

■活動内容
 1.ものづくりマイスターによる講話
 2.体験実習
 3.生徒からの質疑

  6職種
  (1) 左官
  (2) 電子機器組み立て
  (3) 畳の製作
  (4) 寝具づくり
  (5) フラワーアレンジメント
  (6) 建築大工

 ■その他
   校長 小野 真人(おの まひと)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 坂本中職業マイスター.pdf
■問い合わせ
 坂本中学校
 電話:0573-68-2021

第2回中津川市公立病院評価委員会を開催します


 「中津川市新公立病院改革プラン」を検証するため、「第2回中津川市公立病院評価委員会」を開催し、
平成29年度上半期の経営状況、患者数などから同プラン内容に基づく事業の評価と見直しの必要性を検討します。

■日時 平成30年1月18日(木曜日) 15時30分から
■場所 中津川市文化会館 2階多目的研修室(中津川市かやの木町2番2号)

■委員会の公開
 委員会は、原則一般公開しますので、どなたでも傍聴できます。
 ただし、委員会において、会議を公開しないことを決定した場合は除きます。
 ※「中津川市審議会等の会議の公開に関する指針」によります。

■中津川市公立病院評価委員会
 (1)設置目的
     中津川市新公立病院改革プラン(以下「新改革プラン」という。)に基づく事業の
    評価と見直しの必要性を検討する。
 (2)組織 委員12名
     (構成)・住民の代表      2名
         ・地域の医療関係者   3名
         ・市議会代表      2名
         ・有識者等       3名
         ・中津川市民病院病院長 1名
         ・坂下病院病院長    1名
 (3)検討事項
   ・ 平成29年度上半期の経営状況、患者数などから新改革プラン内容の実行可能性を検証する
   ・検証及び評価のまとめを市長に提出

■その他
 ・中津川市新公立病院改革プラン    
 ・第1回は平成29年12月7日に開催

■報道発表資料はこちら(PDF)
 公立病院評価委員会開催.pdf
■問い合わせ
 病院事業部 企画経営課
 電話:0573-66-1251(内線4502)


 中津川市鉱物博物館では,1月20日(土)から第22回企画展「2016年熊本地震 活断層に備えよう」を開催します。
 活断層の活動によって甚大な災害を引き起こした2016年熊本地震について、発生メカニズム・被害状況など、
さまざまな視点からパネルで紹介します。中津川市を縦断する活断層・阿寺断層についてもあわせて紹介します。

■会期
 平成30年1月20日(土)~5月20日(日)
  ※ 会期中の休館日:
     1月22日,29日
     2月5日,13日,19日,26日
     3月5日,12日,19日,26日
     4月2日,9日, 16日,23日
     5月7日,8日, 14日
     (下線日以外は月曜日)
 開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)

■会場
 中津川市鉱物博物館 企画展示室 (中津川市苗木639-15 TEL 0573-67-2110)

■入場料
 入館料のみ(個人320円,中学生以下無料)
 ※入館無料日: 5月20日(日) 「国際博物館の日」(毎年5/18)記念入館無料デー

■第22回企画展/地震・活断層巡回展「2016年熊本地震 活断層に備えよう」
  本企画展は,全国科学博物館協議会の巡回展として、国立研究開発法人産業技術総合研究所地質調査総合センター
 からデータの提供・後援を受けて開催するパネル展です。巡回展の解説パネルは、調査・研究に携わる地質調査総合
 センターの研究者がまとめた最新の成果を反映したものです。
  中津川市鉱物博物館では、巡回展のパネルに加えて、阿寺断層について解説したパネルもあわせて展示します。
  みなさんが地震や活断層についての理解を深め、災害に備えるきっかけとなればと願っています。

■関連行事 記念講演会「大断層"線" 中央構造線の真実」
  中部地方から四国にかけて地形でたどることができる中央構造線は、長大な地質境界断層と地表が交わる"線"です。
 熊本地震が起きた九州では、その有無や位置が議論となってきました。詳細な地質調査に基づく中央構造線の最新知見
 を紹介します。
 ・講師:斎藤 眞 博士(産業技術総合研究所地質調査総合センター)
 ・日時:平成30年3月25日(日)13:30~15:00
 聴講無料

■報道発表資料はこちら(PDF)
 鉱物企画展22.pdf
■問い合わせ
 文化スポーツ部 鉱物博物館
 電話:0573-67-2110

田瀬小学校 第32回「手オリンピック」を行います


 今年度で32回目となる「手オリンピック」です。種目は大きく「刃物種目」と「指先種目」に分かれます。
全学年共通のものもあれば、低・高学年に分かれたものもあります。児童の手が「器用な手」「役立つ手」
になることを願って行う行事です。

■日時 平成30年1月19日(金) 9時30分~12時05分
■場所 田瀬小学校各教室 (中津川市田瀬14番地)

■活動者
 児 童:46人
 保 護 者:15人ほど(PTA母親委員中心)
 学校職員:14人
 そ の 他:青少年健全育成推進市民会議福岡支部田瀬分会のみなさん
 下野小PTA 数人が参加

■活動内容
  9:30 開会式
  9:55 競技開始
      ・低学年(大根切り→鉛筆削り→豆つまみ→リボン結び)
      ・高学年(豆つまみ→運針→りんごの皮むき→鉛筆削り)
 11:50 閉会式・表彰

■その他
  手オリンピックは、「児童が将来『人の為に働きたい!』と思った時、自分の手が「器用な手」として役立つ
 状態になっていること」を願った意図的・計画的・継続的な「教育活動」です。手先を器用にするための計画は
 6年計画。その中で競技となり得る内容を種目にして「成果発表の一つの場」とするのが「手オリンピック」です。
 種目は大きく「刃物種目」と「指先種目」に分かれます。全学年共通のものもあれば、低・高学年に分かれたもの
 もあります。

  学 校 長:林 義成(はやし よしなり)
  全校児童:46人

■報道発表資料はこちら(PDF)
 田瀬小「手オリンピック」.pdf
■問い合わせ
 中津川市立田瀬小学校
 電話:0573-72-3009

全国大会出場者激励会(スケート・エアロビック競技)


 スケート・エアロビック競技において全国大会へ出場される選手の激励会を開催します。

■日 時 平成30年1月15日(月) 17時00分~17時30分
■場 所 中津川市役所 本庁舎 中2階 市民ホール 激励 市長

■出場者及び大会概要
 『平成29年度全国高等学校総合体育大会・第67回全国高等学校スピードスケート
  競技・フィギュアスケート競技選手権大会』

  スピード競技
   男子1000m・2000mリレー
    吉村 讓(よしむら ゆずる) 中津商業高等学校 3年 (福岡中学校出身)

   男子500m・1000m・2000mリレー
    今井 康孝(いまい やすたか) 中津商業高等学校 2年 (第二中学校出身)

   男子1500m
    西尾 幸祐(にしお こうすけ) 中津商業高等学校 2年 (阿木中学校出身)

   男子500m・1000m・2000mリレー
    小出 賢汰(こいで けんた) 中京学院大学付属中京高等学校 3年 (福岡中学校出身)

   男子5000m・10000m・2000mリレー・チームパシュート
    今井 健斗(いまい けんと) 中京学院大学付属中京高等学校 2年 (第二中学校出身)

    期 日:平成30年1月22日(月)~26(金)
    場 所:富士急ハイランドセイコオーバル(山梨県富士吉田市)他

 『平成29年度全国中学校体育大会・第38回全国中学校スケート大会』
  スピードスケート競技
   男子3000m・5000m
    今井 亨哉(いまい きょうすけ) 第二中学校 3年

   男子500m・1000m
    原 駿太(はら しゅんた) 第二中学校 3年

   女子500m・1000m
    原(はら) ひより 第二中学校 2年

   フィギュアスケート競技
    兼松 佑実(かねまつ ゆうみ) 名古屋経済大学高蔵中学校 2年 (中津地区在住)

    期 日:平成30年2月3日(土)~6(火)
    場 所:スピードスケート競技 エムウェーブ(長野県長野市)
       フィギュアスケート競技 ビッグハット(長野県長野市)

 『第8回全国ユースフライト・エアロビック選手権大会』
   小学5・6年生フライト部門
    古山 奏(ふるやま かなで) 西小学校 6年

   中学生フライト部門
    仙野 七海(せんの ななみ) 付知中学校 1年

    期 日:平成30年1月20日(土)
    場 所:エコパアリーナ メインアリーナ(静岡県袋井市)

 『第13回JOCジュニアオリンピックカップ 全国エアロビック選手権大会in袋井2018』
   エアロビック・ダンス(16歳以下)
    古山 奏(ふるやま かなで) 西小学校 6年
    仙野 七海(せんの ななみ) 付知中学校 1年

    期 日:平成30年1月21日(日)
    場 所:エコパアリーナ メインアリーナ(静岡県袋井市)

 『第13回全国フライト・エアロビック選手権大会』
   女子マスターズ2フライト部門
    金子 早苗(かねこ さなえ) (中津地区在住)

    期 日:平成30年2月24日(土)
    場 所:ひまわりドーム(大阪府泉南郡熊取町)

■報道発表資料はこちら(PDF)
 スケート・エアロビ激励会.pdf
■問い合わせ
 文化スポーツ部 生涯学習スポーツ課
 電話:0573-66-1111(内線4307)

ANA連携事業「おもてなし講座」を開講します


 中津川市を訪れる外国人へのおもてなし力の向上を狙いとする「おもてなし講座」を開講します。

■日時
 第1回 平成30年1月15日(月曜日) 14時00分から
 第2回 平成30年2月19日(月曜日) 14時00分から
■場所
 中津川市にぎわいプラザ 6―1会議室(中津川市栄町1番1号)

■内容
 ANAビジネスソリューション株式会社から講師を招き、外国語を話せなくても、外国人へのコミュニケーション力
 を発揮できるようにする為の講座を行います。講座はステップアップ方式で2回開催します。

■特徴
 第1回の講座の目標
 ・外国人に対する苦手意識を払拭し、自ら進んで外国人に対応することができる
 ・文化の違いを理解し、それぞれの文化を尊重することの大切さを理解できる
 ・言葉が通じなくても「おもてなし」が伝わる応対ができる

 第2回の講座の目標
 ・外国人に対する苦手意識を払拭し、自ら進んで外国人に対応することができる
 ・文化の違いを理解し、それぞれの文化を尊重することの大切さを理解できる
 ・指さし会話シートを用いて言葉が通じなくても「おもてなし」が伝わる応対ができる

■講師
 ANAビジネスソリューション株式会社専属講師
  森 美佳氏
  -ANAでの略歴-
   ・オーストリア航空共同運航便担当
   ・パーサー、チーフパーサー業務担当
   ・インフライトインストラクターとして新人CAのフライト訓練担当

■主催 中津川市
 後援 中津川市観光連絡協議会 中津川市商店街連盟

■報道発表資料はこちら(PDF)
 おもてなし講座.pdf
■問い合わせ
 商工観光部 観光課
 電話:0573-66-1111(内線4271)