中津川市役所

文字色

メニュー

サイト内検索

知りたい情報を検索する

公開日順で並び替え
約 160 件 (0.008秒) 関連度順で表示しています。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/050725.html
韓村河村でも盛大な歓迎を受け,人口約3千人の村全体で歓迎していただきました。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/052183.html
政策推進係 「中津川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」 「人口ビジョン」「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました 広報で取り組みを紹介しています 企業版ふるさと納税 構造改革特区とは?
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/052171.html
中津川市も全国と同様に、急速な人口の高齢化や生活習慣の変化により、がん(悪性新生物)、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が増加しています。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/052170.html
中津川市の現状 中津川市も全国と同様に、急速な人口の高齢化や生活習慣の変化により、がん(悪性新生物)、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が増加しています。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/050889.html
計画書 | 概要版 ■「中津川市中心市街地活性化基本計画」の内容 ○基本理念 「豊かな自然につつまれ、街道文化が息づき、安らぎがあり、いきいきとしたまち中津川」 《住む人が住みやすく、市民や来訪者が楽しみ 人と人をつなぐ、人・モノ・情報が集まるまち=平成の中山道中津川宿の創造》 中心市街地活性化計画の区域(クリックで拡大) ○活性化の目標 自らが誇れるまちの創出 ~豊かな自然と歴史や文化がきらりと光る街(まち)~ (自然が息づいて、中山道の宿場町らしい文化や歴史が拡がる市街地) ■具体的事業 水辺空間ウォーキングルート整備事業 本町中山道地区景観整備事業 旧中津川村庄屋肥田家保存公開事業 西太田町通り路面整備事業 快適に暮らすことのできる市街地の形成 ~安心で便利に暮らせる街(まち)~ (安心・安全にまちなかを歩くことができ、快適で便利に暮らすことのできる市街地) ■具体的事業 駅前広場整備事業 下水道地震対策緊急整備事業 市道485号線整備事業 駅前ビル駐車場 市営駐車場改修事業 中心市街地共同住宅供給事業 コミュニティバス連携事業 商業活性化の推進 ~元気で活力ある街(まち)~ (住む人・訪れる人・若者が集い、みんなが楽しく過ごせる市街地 ■具体的事業 旧ユニー跡地開発事業 空き店舗対策事業 流通ポイント事業 「にぎわいプラザ」利活用促進事業 まちなか緑化整備事業 まちなか住民協定事業 おもてなし事業 個店強化事業 中山道中津川宿六斎市事業 春、秋の中山道祭り 中津川夏祭り「おいでん祭」 ギオンバジャンボリー 中津川ふるさとじまん祭 JRさわやかウォーキング 皇女和宮御膳、御菓子の再現販売 イルミネーションin中津川 西宮神社例祭 「十日えびす」 地産地消の推進 シネマジャンボリー(中津川映画祭) ウィンドギャラリー展 市民によるウォーキングの道づくり事業 観光振興ビジョンの策定 景観計画、景観条例の運用による市街地の景観形成事業 ○計画期間 平成20年7月~平成25年3月 ○計画区域面積 約66.2ha(右上の地図のエリア) ○活性化の目標 観光客の入れ込み数 --- 約11%増 居住人口 --- 約3%増 中心市街地歩行者数 約14%増 商業店舗数 --- 5店舗増 問い合わせ先 中津川市産業振興部 商業振興課 電話0573-66-1111内線4266 電子メールはこちら
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/050887.html
対象となる事業(例示) 地域の産業、地域安全(防犯・防災)、福祉・保健・介護、環境保全、環境美化、緑化推進、子どもの健全育成、文化・芸術・スポーツ振興・生涯学習などの分野 地域のコミュニティが活発になるシステムづくり、ネットワークづくり 「協働」による地域づくり、まちづくりリーダーの育成 世代交流や交流人口の増加につながるもの 地域資源を活用した情報発信、産業振興につながるもの 応募資格 市内の地域づくりに積極的に取り組む団体 助成の内容 立ち上げ部門 新たに団体活動を始めようとする方や、現在活動している団体をNPO法人化しようとする方々に、5万円を上限に助成 絆部門 市内15地区(中津南、中津東、中津西、苗木、坂本、落合、阿木、神坂、山口、坂下、川上、加子母、付知、福岡、蛭川)を区域とし、1事業当たり20万円を上限に助成 協働部門(※令和2年度募集は行っていません) 市の政策的課題等に対応した事業で、行政と協働で取り組む団体に対し30万円を上限に助成 補助対象事業の決定方法 各地区等の単位に審査員会を設置し、申請のあった事業の審査を行うとともに補助対象事業の承認、評価・検証を行う。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/051047.html
しかし、少子高齢化社会の進展に伴い、献血可能人口が減少する一方、血液需要は増加傾向にあり、血液が不足している状況です。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/051030.html
2については、1箇所に集約して建設する場合の、大まかな施設規模を人口推計や最近の施設の動向をもとに事務局から説明しました。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/050999.html
また、人口減少対策でもある「若者の地元定住・移住促進」などの取組み、更には新型コロナウイルスから市民の皆さまの生命と財産を守る取組みなど、市民と行政・議会など官民一体となって進めることが重要であると考えます。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/051493.html
金石碑からは付知村の人口およそ700人の内90人もの人が餓死したことが書かれ、当時の惨状を伝えています。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14