中津川市役所

文字色

メニュー

サイト内検索

知りたい情報を検索する

公開日順で並び替え
約 121 件 (0.037秒) 関連度順で表示しています。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/news/081065.html
(一財)自治総合センターの宝くじ収益によるコミュニティー助成事業補助を受け、坂下まちづくり協議会が、音響設備と簡易型のステージを購入し、与三郎祭りで披露しました。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/branch/naegi/082653.html
◆がんばる地域サポート事業とは、互いに助け合うコミュニティづくりを進めるため、市民が主体となって各地域の創意と工夫を活かした地域づくり活動を行う団体に対して、補助を交付する事業です。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/news/046857.html
イ 市内の現に店舗部分が利用されていない店舗併用住宅 ウ 過去にこの要綱による補助の交付を受けたことがない住宅 ※1 一棟の建物の中に複数の住居があるもの(アパートなど) ※2 中津川市空家対策協議会で適正な管理が出来ていないとされた空き家 ≪対象となる工事等≫ 1 上記アについては、貸家とするためのリフォーム工事(自らリフォームを行うときの材料代や、器具等のリース代を含む。) ... ※3 中津川市元気都市づくり支援事業費補助の空き店舗活用支援事業の補助対象となる貸店舗 ≪対象者≫ 1 対象となる住宅の所有者(個人) 2 対象となる住宅を借りる方(ただし、賃貸借契約書等でその改修に関して貸主の承諾が確認できること。... ≪補助金額≫ 1 改修費用の1/2(千円未満の端数は切捨て、上限40万円) 2 耐震補強工事等市の他の補助を受けるときは、その補助を除いた額の1/2の額 ≪その他≫ 中津川市が行う「空き家情報バンク」へ登録された住宅の場合は、賃貸借契約が成立した際に、空き家所有者の方は「空き家バンク奨励」(4万円)を受けることが出来ます。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/news/047974.html
実施内容 除伐、間伐、危険木伐採、下草刈り補助金額 市で定めたヘクタール単価を基本に実施面積を乗じて補助を決定※活動に際しては、傷害保険などに加入するなど、安全に十分配慮してください。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/press/046928.html
■日時 平成29年3月30日(木) 9時00分から (雨天決行)■場所 中津川市消防本部(中津川市かやの木町1番10号)■特徴・仕様 ・名称 救助工作車(II型)※1下記説明 ・シャーシ ハイルーフダブルキャブ5.5t級、低床4輪駆動、増トン仕様 ・エンジン ディーゼル6,403 cc ・大きさ 全長7,980mm、全幅2,330mm、全高3,250mm ・車両総重量 およそ12,000 kg ・乗員定員 5名 ・主な艤装 フロント&リアウインチ装置、クレーン装置、高照度LED照明 上部収納ボックス載せ替え式(水難救助対応可能)・救助資機材 油圧救助器具、切断用器具、破壊用器具、検知・測定用器具 水難救助用器具、山岳救助用器具、画像探索機、三連はしご バスケット担架他一般救助用器具など 購入価格 101,520,000 円税込(1台) 主な財源 緊急消防援助隊設備整備費補助(国庫補助)※2下記説明 合併特例債 一般財源 納入業者 株式会社 ウスイ消防 配備先 中津川市北消防署 ※1 II型とは..車両は5~7tクラスのトラックシャーシで、大型油圧器具、切断器具、呼吸保護器具を装備したもの。 ※2 補助の基準..II型においては最大引張力が前方向5t以上のウインチ、吊り上げ荷重2.9t以上のクレーンを 装備したものなど■報道発表資料はこちら(PDF) 救助工作車納車式.pdf■お問い合わせ 消防本部 消防総務課 電話:0573-66-1119(内線553)
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/052115.html
地図の種類、購入の仕方 【各種申請手続き等】 [都市計画]用途証明について [都市計画]53条許可申請手続きについて [駐車場]駐車場の設置に関する届出 [測量]測量成果の複製・使用承認申請 [景観]景観計画区域内における行為の届出 [景観]まちなみ景観形成事業補助 【各種計画・マスタープラン等の概要】 都市計画マスタープラン 都市交通マスタープラン 中津川駅周辺交通バリアフリー基本構想 中津川市景観計画 【国県の計画・補助など】 社会資本総合整備計画 【終了したイベント】 清流のふるさとフォトコンテスト
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/052476.html
中津川市インターンシップ奨励事業補助 (13)空き家および空き店舗の活用を支援します! ... 地域づくり活動支援事業 (10)地元を元気にするプロジェクト in 中津川・恵那 (9)企業のチカラでふるさとづくり・企業版ふるさと納税 (8)地方創生拠点整備交付で、地域の新たな拠点を創る (7)なかつがわで働こう!
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/052376.html
"中津川市人材確保支援事業補助":http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/078823.html ・市内企業の人材確保と大学生等の市内就職促進のため、大手就職情報サイトの利用料や市外で開催される合同企業説明会の出展費用を補助します。 キャリアカウンセラー設置支援事業 ・市立高校のキャリア教育支援と市内就職促進のため、阿木高校(PTA組織)に対し、キャリアカウンセラー設置に対する必要経費の一部を補助します。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/050562.html
バリアフリー改修工事 工事費が50万円超(自治体からの補助や介護保険からの給付を除く自己負担額)で、安全性及び介助の容易性の向上に資する下記の改修工事。 ... 増築部分を除くバリアフリー改修工事がわかる工事明細書 領収書(改修工事費用を支払ったことを確認することができるもの) 改修工事箇所の写真及び平面図 自治体からの補助や介護保険からの給付の決定通知書の写し 該当する区分に応じた書類 要介護認定、要支援認定者 → 介護保険の被保険者証の写し 障がい者 → 身体障害者手帳、療育手帳の写し 計算例 【例1】100平方メートルの住宅の場合、住宅全体の税額の3分の1が減額 平成30年度の課税標準額 5,400,000円の場合 (減免額)5,400,000円×1.4%×1/3=25,200円 (減免後税額)(5,400,000円×1.4%)-25,200円=50,400円 【例2】140平方メートルの住宅の場合、100平方メートルまでの税額の3分の1が減額、残り40平方メートルが通常の税額 平成30年度の課税標準額 8,100,000円の場合 (減免額)8,100,000円×1.4%×100平方メートル/140平方メートル×1/3=27,000円 (減免後税額)(8,100,000円×1.4%)-27,000円=86,400円 ■お問合せ先■ 中津川市 財務部税務課 電話0573-66-1111(代) 電子メールでのお問合せは[こちら]からお願いします。
http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/page/050294.html
環境政策に関すること 第三次中津川市環境基本計画の策定について 「中津川市の環境」 環境保全(公害等)に関すること 騒音・振動に関すること(届出等もこちら) 騒音・振動に係る特定施設の設置等について 特定建設作業実施届について 公害防止管理者等に関する届出について 騒音・振動・悪臭規制に係る市の告示について アスベストに関すること アスベスト(石綿)に関する対応について アスベスト(石綿)対策事業補助 埋立に関すること フェロシルトの情報提供について 中津川市埋立て等の規制に関する条例を制定しました (届出様式もこちらからダウンロードできます) その他 オオキンケイギク(特定外来生物)の拡散防止にご協力を ヌートリア・アライグマの捕獲について マイマイガの大発生について 小さなハエの大量発生について 空間放射線量の測定について 大気環境に関すること 水質に関すること 生活雑排水対策について 専用水道に関する届け出について 省エネルギー・新エネルギーに関すること 中津川市自然環境等と再生可能エネルギー発電事業との調和に関する条例~1,000平方メートルを超える土地に太陽光発電事業を施行する場合は、届出が必要です~ 節電へのご協力をお願いします 「緑のカーテン」に取り組みましょう 自然エネルギー(太陽光・小水力・木質バイオマスストーブ)活用推進事業補助 チャレンジ25地域づくり事業 小水力発電の取り組み ごみ減量・不法投棄に関すること 不法投棄は絶対にしない!... 食品ロス リサイクルボックスを利用して古紙等の資源を活用しましょう 資源回収 資源回収奨励を支給しています インクカートリッジ里帰りプロジェクト 雑がみをリサイクルしましょう 中津川市ごみ減量検討市民会議 一般廃棄物処理基本計画の策定について 平成29年度からごみ処理手数料制度をスタートします 平成29年8月から指定ごみ袋が変わりました リンク 木曽三川流域自治体連携会議 木曽三川の水環境を将来にわたり守っていくため、流域のみなさんと連携の輪を広げていきます
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12