トップページ > 中津川市情報通信ネットワーク整備事業

中津川市情報通信ネットワーク整備事業

印刷用ページ

提供: 中津川市Wiki

移動: 案内, 検索

情報格差(デジタルデバイド)の解消

 中津川市では、平成19年~21年度にかけて市内に光ファイバ網を敷設し、高速通信環境を整備することにより情報通信格差を解消しました。
 近年ではインターネットを使っていろいろな情報を調べるだけではなく、通信販売や音楽の購入、ホテルの予約や金融取引にいたるまで、様々なことが自宅でできるようになりました。今日高速通信回線を利用して提供されるサービスは、ユニバーサルサービス(生活に不可欠で、全国あまねく平等に利用できるべきサービス)と位置づけることも可能なものとなっています。
 かつての中津川市では「ブロードバンドが使えないので大学受験や就職活動の資料が手に入らない」「ADSLだけど局舎から遠くてあんまり早くない」というご要望を数多くいただいていました。現在では光ファイバ網の敷設により、市内でブロードバンドが使えますので、高速通信のある便利な田舎暮らしを求めて引っ越してきたり、仕事上で米国や中国等の海外と取引をしたりと、様々な場面で活用が進んでいます。

中津川市のブロードバンド環境(事業完了時点)
ADSLの到達限界


NTT西日本と基本合意 について


事業の概要と進捗状況

中津川市情報通信ネットワーク整備事業の概要
☆光ファイバーご利用のお申込について
現在以下の地区からは最寄のNTT(0126-116116または0572-25-3001など)へ直接お申込いただくことができます。

地区中津・苗木  坂本 苗木並松  阿木 
局番 62 65 66 68 78 67 77 63 73
地区  蛭川   福岡   付知  加子母  坂下 
局番 45 46 72 76 82 83 79 75 70
地区  落合 
局番 69 61


 資 料 

政府インターネットテレビ
岐阜県インターネット放送局
東京大学公開講座―東大TV―

情報通信網を活用した、次世代の健康づくり支援システムの実証実験
中津川市ヘルスケアトライアルの結果について
オンライン市民参加によるトライアル第2期の実施について


担当課 : 情報政策課  



こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答