トップページ > 身体障がい者の福祉

身体障がい者の福祉

印刷用ページ

提供: 中津川市Wiki

移動: 案内, 検索

身体障害者手帳について

【身体障害者手帳の申請・交付】

 (1)「診断書」の作成依頼

 指定医師の診断を受け 「診断書」 の作成を依頼します。「診断書」には障害の部位 ( 場所 ) 別に用紙が違います。医師は各県で指定を受けた方でないと無効ですので、障害援護課までご相談ください。

 診断書の用紙は障害援護課、各総合事務所又は各地域事務所にあります。

 (2) 申請手続き

 障害援護課、各総合事務所又は各地域事務所にておこなってください。

 手続きは、代理の方でも結構です。

【必要な書類等】

 「診断書」 、障がい者本人の 写真 (スナップ写真可。縦 4 ×横 3cm )、 印かん

 ※ 級の更新、障害の追加等の方は現在お持ちの手帳もお願いします。

 (3) 手帳の交付

 手帳ができましたら、郵送にてご連絡を差し上げます。この時必要な書類等もお知らせします。受け取りは代理の方でも結構です。

【身体障害の障害別と級】

障害別 1級 2級 3級 4級 5級 6級
視覚障害
聴覚 、 平衡障害
音声・言語又はそしゃく機能障害
肢体不自由
内部障害

 ※ 内部障害には、心臓・呼吸器・腎臓・ぼうこう、直腸・小腸・肝臓機能障害があります。

◆こんな時には◆

  • 手帳を破損、紛失してしまった・・・

 再交付の手続きが出来ますので、(1)写真(2)印かん をご持参の上、障害援護課、各総合事務所又は各地域事務所に申し出てください。必要があれば、身体障害者証明書を作成します。

  • 住所が変わった・・・

 県外及び岐阜市へ転出する場合

  転出元の障害者福祉担当課へ「 返還届 」を提出してください。この時、(1)手帳(2)印かん をご持参ください。手帳はそのままお持ち帰り頂き、転出先の障害者福祉担当課に申し出て住所変更の手続きをおこなってください。

  岐阜市以外の県内市町村へ転出する場合 :転出先の障害者福祉担当課に申し出て住所変更の手続きをおこなってください。市内転居も同様の手続きが必要です。

  • 手帳所持者が死亡した・・・

 手帳の「返還届」を提出してください。(1)手帳(2)印かん(届出人のもの、認印可) をご持参ください。この時、他に障がいによる手当や福祉医療等の受給がある場合は、こちらについても所定の手続きが必要になります。

身体障がい者の医療費の助成について

重度心身障害者の医療費助成

 中津川市では心身障がい者の方々の医療費を助成しています。対象者及び助成の範囲は次のとおりです。

 対象者  1級~4級の身体障害者手帳の交付を受けている人
医療費助成の範囲 病気や負傷の治療等を受けた場合に、国民健康保険、健康保険等による保険給付に伴う医療費の患者負担分が助成されます。ただし、所得額により適用されないことがあります。

補装具費の支給

 日常生活や社会生活の便宜を図るため、失われた身体部位や損なわれた身体機能を補うための補装具費を支給します。

対象者 身体障がい者
条件 以下の条件をすべて満たす方が対象となります。
  • 市内に住所を有する方
  • 身体障害者手帳交付を受けている方
自己負担額 原則費用の1割を負担していただきます。
お持ちいただくもの
  • 身体障害者手帳
  • 印鑑
  • 障害年金受給者は年金の証書または振込通知書、振り込まれる口座の預金通帳

※補装具の種類によっては、医師の意見書が必要です。

注意事項
  • 補装具購入後の申請は対象になりません。必ず購入前にご申請ください。
  • 介護保険制度から、同一の補装具の貸与を受けることができる方や、労災保険による給付を受けられる方は、この助成は受けられません。
  • 障害部位によって支給できる補装具が異なりますので、下記の補装具の種類をご確認下さい。
  • 補装具の種類によってお持ちいただくものや申請方法が異なりますので、事前に福祉課にご相談ください。

【補装具の種類】

肢体不自由者(児) 義肢、装具、車いす、電動車いす、歩行器、歩行補助つえ、座位保持いす、起立保持具、頭部保持具、排便補助具等、重度障害者用意思伝達装置
視覚障がい者(児) 盲人安全つえ、義眼、眼鏡
聴覚障がい者(児) 補聴器
内部障がい者(児) 手押し型車いす、歩行補助つえ、歩行器等

自立支援医療(更生医療)の給付

 自立支援医療(更生医療)とは、一般医療によってすでに治癒(欠損治癒、変形治癒等の不完全治癒)した身体障がい者に対して、その日常生活能力や職業能力を回復もしくは更生させることを目的として行う医療です。自己負担の軽減を図るため、費用の一部を給付します。

対象者 18歳以上の身体障がい者
条件 自立支援医療(更生医療)は人工透析、人工関節置換術、ペースメーカー埋込術、冠動脈バイパス術等の特定医療に対して給付されます。詳しくは障害援護課までお問い合せ下さい。
自己負担額 医療費の原則1割を負担していただきます。収入が少ない方については、所得段階に応じた月額負担上限額の制度など、負担軽減措置が設けられます。
お持ちいただくもの
  • 身体障害者手帳
  • 印鑑
  • 自立支援医療(更生医療)意見書
  • 健康保険証
  • 前年中の所得等が確認できる書類
注意事項
  • 18歳未満の障がい児は、育成医療において同様の給付を受けることができます。お問い合せは保健所までお願いします。

 <照会先> 恵那保健所 健康増進課 TEL 0573-26-1111(内線258)


身体障害者福祉施設について

障害福祉サービス事業者情報


郵便による不在者投票

 選挙権の行使が困難な重度の身体障がい者の方のために、一般の投票又は不在者投票にかわって、郵便による不在者投票の制度があります。

障害種別 等級
両下肢、体幹、移動機能のいずれかの障がい 1級、2級
心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸のいずれかの障がい 1級、3級
免疫機能、肝臓のいずれか障がい 1級~3級
身体障害者手帳を所持し、障害の程度が上記の障がいの程度に該当する旨の知事の証明書の交付を受けた方

自動車改造費用の助成

 身体障がい者、知的障がい者が就労等のため、自動車の操向装置及び駆動装置等の一部を改造する必要がある場合、次の補助基準額の範囲内で助成します。必要な方は障害援護課までご相談ください。

対象者 身体障害者手帳、療育手帳所持者で、自動車を就労等のため自ら所有し、かつ運転する方で、市内に住む満18歳以上の方
補助基準額 100,000円を限度
所得制限 特別障害者手当の所得制限適用
申請に必要なもの 見積書、車検証のコピー、免許証のコピー、領収書、印かん、預金通帳(助成を受けるには、改造を行う前に申請していただく必要があります)

重度身体障害者介助用自動車購入、改造費用の助成

対象者 1~2級の下肢、体幹機能障害で移動に車いす等を使用している身体障がい者のいる世帯
補助基準額 対象経費(上限は24万円)
所得制限 特別障害者手当の所得制限適用
申請に必要なもの 見積書、改造後の写真、車検証のコピー、領収書、印かん、預金通帳(助成を受けるには、購入又は改造を行う前に申請していただく必要があります)


岐阜県障害者福祉の手引き


担当課:障害援護課



こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答