トップページ > 高校バス通学補助金

高校バス通学補助金

印刷用ページ

提供: 中津川市Wiki

移動: 案内, 検索


 高校生のバス通学を応援します!

 県立高校の再編・統合により、中津川市内においても高校への通学距離が伸び、路線バスでの遠距離通学を余儀なくされる高校生が増加しています。路線バスでの遠距離通学費用は高額になり、バス代だけで年間30万円近くかかるケースもあります。

 遠距離バス通学による高額な負担の軽減、およびバス利用促進のため、平成23年度からバス通学定期券への補助を実施しています。

補助金の対象となる費用

  • 高校へのバス通学定期券の購入費用
  • 回数券、株主優待乗車券等については対象となりません。
◆対象路線◆
  • 路線バス、明知鉄道(レールバス:阿木地区居住者のみ)、通学チャーターバス
◆対象区間◆
  • 自宅最寄りのバス停から、最寄りの駅(乗り換え場所)までの区間
◆対象区間の終着点となる駅(乗り換え場所)◆
  • 中津地区:中津川駅、美乃坂本駅
  • 苗木地区:中津川駅
  • 坂本地区:中津川駅、美乃坂本駅、恵那駅
  • 阿木地区:明智駅
  • 落合・神坂・山口地区:中津川駅、坂下駅
  • 坂下・川上地区:坂下駅
  • 加子母地区:中津川駅、坂下駅、下呂駅
  • 付知・福岡地区:中津川駅、坂下駅
  • 蛭川地区:恵那駅
  • 補助金の対象となるバス区間の範囲(イメージ図)
補助対象バス区間の範囲イメージ図.JPG
※学校まで直通のチャーターバスなど、上記の駅で乗り換えない場合は、自宅から学校までの区間が対象となります。(合理的な通学経路に限ります。)

補助金額

  • 定期券の購入額から1カ月あたり10,000円(年間120,000円)を控除した額の1/2
※千円未満は切り捨て。
※補助金を受けた定期券を途中解約した場合は、残りの有効期間・払戻額に応じて補助金の返還が必要となります。
  • 計算例(10万円の6カ月定期券を購入した場合)
{ 100,000円 [購入額] - (10,000円 × 6カ月)[控除額] } ÷ 2 = 20,000円 [補助金額]

補助金の申込条件

  • 中津川市内に住んでいること
  • 市税の滞納がないこと
※他の通学費助成制度等と重複して補助を受けることはできません。

申込方法

 「中津川市高等学校等バス通学費補助金交付申請書・交付請求書」に、必要な事項を記載して、次の書類を添付して提出してください。

 1カ月定期などの購入で、年度内の定期券が2枚以上となる場合は、1通の申請書にまとめて申請することも可能です。兄弟姉妹で2人以上となる場合は、生徒1人につき1通ずつ申請書の提出が必要です。(添付書類の完納証明書は、兄弟姉妹分あわせて1通のみの添付でOKです。)

 なお、定期券更新時の返却などの理由で、補助対象の定期券がお手元にない場合は、窓口までお問い合わせください。

  • 申請に必要な添付書類
【定期券に生徒氏名および購入金額、両方の記載がある場合】
①通学定期券のコピー
②生徒手帳のコピー(生徒氏名および学校名が分かる部分)または在学証明書
③預金通帳など、補助金振込先の口座番号およびフリガナが分かる書類のコピー
④申請者(保護者)の市税完納証明書または非課税証明書
※市税完納証明書・非課税証明書は、市役所 税務課窓口、各総合事務所・地域事務所で発行しています。
(発行手数料が300円かかります。詳しくはこちらのページをご覧ください。)
税に関する各種証明書について
【定期券に生徒氏名および購入金額の記載が、片方または両方とも無い場合】
⑤バス会社が発行する領収書のコピー、または購入証明書
【補助金申請者と振込口座名義人が異なる場合】
⑥委任状

申請書類の配布・提出場所

  • 中津川市役所 定住推進課 窓口
  • 各地域総合事務所・地域事務所
    • 申請書はこちらからダウンロードできます。
交付申請書・交付請求書(A4) -Microsoft Word形式
委任状(A4) -Microsoft Word形式
申請書類の記入例 -PDF形式

申込期間(平成29年度分)

  • 平成29年4月20日(木)~平成30年3月20日(火)

大口契約定期券について

 保護者会などで団体契約している大口契約定期券については、保護者会からの一括申請により、補助金を保護者会へまとめて交付する場合があります。

 大口契約定期券を利用している方は、保護者会役員の方へご確認ください。

【問い合わせ先】  定住推進部 定住推進課
  電話:0573-66-1111(内線329)
  メールはこちら  



こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答