トップページ > 自然エネルギー(太陽光・小水力・木質バイオマスストーブ)活用推進事業補助

自然エネルギー(太陽光・小水力・木質バイオマスストーブ)活用推進事業補助

印刷用ページ

提供: 中津川市Wiki

移動: 案内, 検索

 中津川市では、「自然の資源を活用した低炭素で活力ある地域づくり」を進めるため、自然エネルギーを活用した「住宅用太陽光発電システム」、「小水力発電システム」および「木質バイオマスストーブ」の導入と利用の促進をはかります。

申込期間

平成28年4月1日から予約申込みの受付を先着順で開始しています。予約額が予算額に達した時点で受付を終了させていただきます。

平成28年度補助予定枠

  • 予算額8,150千円(住宅用太陽光発電システム、小水力発電システム、木質バイオマスストーブを合わせて) 

申込方法

 工事着工前に以下のものをそろえて環境政策課に提出してください。

◎住宅用太陽光発電システム

1. 予約申込書(住宅用太陽光発電システム用)
2. 契約書の写し
3. 見積書と内訳書の写し
4. 請負業者の登記事項証明書の写し(市内業者の場合)

◎小水力発電システム

1. 予約申込書(小水力発電システム用)
2. 設計書と見積書の写し
3. 設計予定地の現況写真
4. 土地の所有者が確認できる書類
5. 流水の占有許可を得ていることを示す書類
6. 設置予定場所を示した地図 など

◎木質バイオマスストーブ

1. 予約申込書(木質バイオマスストーブ用)
2. 見積書の写し
3. 設置するストーブの概要がわかる書類
4. 建物の所有者の承諾書(所有者と申請者が異なる場合)

・申請様式は、環境政策課窓口のほか、 下記からもダウンロードできます。

補助金額

◎住宅用太陽光発電システム
1kWあたりのシステム価格(税抜)の2.5%の額(市内業者の場合は5%) ただし1kWあたりのシステム価格は税抜50万円以下で、補助対象出力は4kW以下
ここで言う「システム価格」とは、以下にかかる費用を指します。

・太陽光発電に係る設備費用
・上記の設置に係る工事費用
ただし、申請者が任意で加入するシステム10年保証等の保証料、補助金申請の手続きのみに係る代行手数料は補助対象経費とはなりません。

補助金額算出例
中津川市内に事業所または事務所を置く事業者が設置する場合
システム価格2,650,000円(税抜)で、出力5.30kW設置の場合
 市の補助金
  2,650,000円 ÷ 5.30(1kWあたりの税抜システム価格) × 5% × 4kW(上限)= 100,000円

上記以外の事業者が設置する場合
システム価格2,650,000円(税抜)で、出力5.30kW設置の場合
 市の補助金
  2,650,000円 ÷ 5.30(1kWあたりの税抜システム価格) × 2.5% × 4kW(上限)= 50,000円

小水力発電システム
設置に要した費用(税抜)の1/3以内の額 ただし15万円を上限。


木質バイオマスストーブ
設置に要した費用(税抜)の1/3以内の額 ただし10万円を上限。

補助の条件

◎住宅用太陽光発電システム
・1kWあたりのシステム価格が50万円(税抜)以下であること。
・発電出力が10kW未満のものであること。
・申請者自らが居住する市内の個人住宅にシステムを設置すること。
・補助金交付申請の際に中津川市内に住所を有していること。
・平成28年度末までにシステムの設置が完了すること。
・市税を滞納していないこと。

◎小水力発電システム
・市内にシステムを設置すること。
・発電出力は10kW未満のものであること。
・申請者は市内に住所(事業所)を有する個人、法人、団体等であること。
・平成28年度までにシステムの設置が完了すること。
・市税を滞納していないこと。

◎木質バイオマスストーブ
・市内の建物にストーブを設置すること。
・申請者は市内に住所(事業所)を有する個人、法人、団体等であること。
・平成28年度までにシステムの設置が完了すること。
・市税を滞納していないこと。

要綱・様式

【要綱】

【様式】


その他

 国の補助金についてはこちらをご覧ください
 J-PEC発電普及拡大センター

問合せ先

中津川市 生活環境部 環境政策課
電話0573-66-1111(内線124 125)



こんな時には

暮らしのガイド

もっと見る

▼よくある質問と回答